ことばの宇宙/カルピス®100th 七夕に会おう展~エマニュエル・ムホー

 

エマニュエル・ムホー
ことばの宇宙/カルピス®100th 七夕に会おう展

 

 

デザイン・建築設計を手掛けている東京在住フランス人建築家・デザイナー エマニュエル・ムホー氏から、最新のお知らせが届きましたので紹介します。
 

「Bonjour! 皆さまいかがお過ごしですか。カルピス®誕生100周年のイベントのため、七夕に合わせて新作インスタレーションをアーツ千代田3331にて発表しました。また熊本城ホールでのインスタレーション、熊本市現代美術館でのアーティストトーク、ワークショップのお知らせもあります。」エマ
 

--------------------------------------------------------------------------------

ことばの宇宙/カルピス®100th 七夕に会おう展

--------------------------------------------------------------------------------

「ことばの宇宙」

カルピス®の誕生日である7月7日七夕に合わせて開催された、誕生100周年を記念する「カルピス®100th 七夕に会おう展」において、新作インスタレーション「ことばの宇宙」と「100 message bottles」を発表した。

 

七夕では、人々が願いや夢をカラフルな短冊に書き、願いが叶うように想いを込めて笹に吊るす。エマニュエルはその七夕の伝統を、短冊に書かれて風に浮かぶ「ことば」を抽出することで大切な人を想う体験としてリデザインした。彼女は日本人が一番最初に習う最もシンプルな「ひらがな」全46文字を用いて、願いや夢を表現した。揺れるひらがなは、人々の想いを乗せて笹の葉から揺れるカラフルな短冊を表現している。

 

「ことばの宇宙」は、約14万ピースにも及ぶひらがなを3次元グリッドに規則正しく配列させ、ギャラリー空間全体を埋めつくした。インスタレーションが切り抜かれたトンネルを歩いていくと、来館者は無限に広がる文字の宇宙の中へ引き込まれ、ことばが少しずつ心に浮かび上がる。本作は自身の100色シリーズの最新作であり、ひらがなの層は100色で彩られ、カラフルな「ことばの宇宙」が完成した。宇宙の中には「カルピス」ボトルのシルエットと「カルピス」のロゴが迷い込み、「迷子」を来場者に探してもらう遊び心も盛り込んだ。宇宙の中の1つのトンネルは訪れた人々を次のインスタレーション空間「100 message bottles」へと導いている。

 

「100 message bottles」は、来場者が大切な人と共に、自分たちの関係性を表す「message bottle」を見つけるようにデザインされている。100色で彩られた特別な100本の「カルピス」ボトルは、「しんゆう」「あこがれ」「ぬくもり」のような100種類のことばと共に吊るされ、これらの「message bottle」は人と人との特別な関係性を色とことばで表現している。来場者は自分たちのことばを見つけ、「message bottle」 の前で写真を撮ることで、思い出に残る体験をすることができる。

 

主催:アサヒ飲料株式会社、会場:アーツ千代田3331(東京)、会期:2019年7月4日~7日
Photo: Daisuke Shima

 
【関連記事】
・エマニュエル・ムホーは今治市公会堂で新しいインスタレーションを発表しました。また7月4日から開催されるカルピス®100thイベントのためインスタレーションや、台北の誠品書店でのインスタレーション・講演会のお知らせもあります。

 

 

 

NEWS
熊本城ホールでインスタレーションを発表。アーティストトーク、ワークショップも開催。

10月13日より順次オープンする熊本城ホールにて、熊本市現代美術館とのコラボ企画第一弾としてインスタレーションを発表します。併せて熊本市現代美術館でアーティストトーク、ワークショップを開催します。

【インスタレーション】
展示期間:2019年10月13日(日)~11月17日(日)
     9:00~21:00
場所:熊本城ホール2階エントランスロビー
入館料:無料
詳細:www.kumamoto-jo-hall.jp

 

CAMKコレクションvol.6展
熊本市現代美術館開館記念日×熊本城ホール開業記念
【アーティストトーク】
日時:10月12日(土)13:00~14:00
会場:熊本市現代美術館ホームギャラリー
詳細: www.camk.jp/exhibition-event/2637

【ワークショップ】
日時:10月12日(土)14:30~17:00
会場:熊本市現代美術館アートロフト(予定)
詳細: www.camk.jp/exhibition-event/2638

 

 

エマニュエル・ムホー PROFILE
東京在住フランス人建築家・デザイナー。emmanuelle moureaux architecture + design主宰。東京の"色"と街並が成す複雑な"レイヤー"と、日本の伝統的な"仕切り"から着想を得て色で空間を仕切る「色切/shikiri」コンセプトを編み出す。色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱うテクニックと大胆な色使いで、建築、空間デザイン、アートまで幅広く手掛ける。東北芸術工科大学准教授、日本建築家協会(JIA)正会員、東京建築士会正会員、日本建築学会正会員
www.emmanuelle.jp

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2019.09.19)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ