Minotti ミラノサローネ2017 新コレクションテーマ 「Home Anthology」

 


Minotti(ミノッティ) ミラノサローネ2017
新コレクションのテーマは「Home Anthology」

 

 

イタリア・ミラノで世界最大規模のデザインウィークが、2017年4月4日(火)~  4月9日(日)までの6日間、ミラノ・ロー市の展示会場フィエラミラノ(本会場)とフォーリ(ミラノ市内会場)で開催されました。インテリア情報サイトでは、出展デザイナー・出展企業を順次ご紹介しています。
 

毎年ミラノデザインウィークは、市場の更なる感動と夢を求めて世界各地から来場者を集めますが、特に今年は、一般的な見本市の域を超え、デザイナーとプランナーが絶えずコンテンツを革新と創造性で表現する産業能力に出会える場として注目を浴びたミラノデザインウィークでした。
 

今回はミラノ・ロー市にある展示会場 フィエラ ミラノの第56回 サローネ・デル・モービレ(ミラノサローネ国際家具見本市)から、18世紀から高級家具産地として栄えた街イタリアのメーダにあるモダンファニチャーのハイブランドMinotti(ミノッティ)をご紹介します。

 

Minotti(ミノッティ)は新コレクションのテーマを「Home Anthology」としました。私たちは個々のライフスタイルを持ち、家(home)についての考え方も異なります。ひとりひとりの生活に家がはたす役割に着目し、Minottiは新しいコレクションを開発してきました。The Home Anthology Collectionは、例年どおりロドルフォ・ドルドーニの監修に加え、フランス人デザイナー クリストフ・デルコートが初参加し、新鮮な驚きをもたらしました。


新コレクションはスタイルだけでなく、生活に対するアイデアをストレートに実際の製品に反映したものであり、力強い生命力をライフスタイルにもたらします。タイムレスでエレガンス、それでいて意外性に富んだデザインは独特の個性を持ち、同時に複雑なフォルム、マテリアル、新鮮な提案の中に思想を織り交ぜています。

 

 

 


 

Lawrence seating system
クラシックとモダンをミックスしたエレガントなソファ。どんなスタイルの部屋にもコーディネートしやすいデザインです。座面が分割され、柔らかな座り心地。アームレストが低く幅広のタイプは、低重心な重厚感があります。

Lawrence Clan
座面にステッチを入れたタイプ。昨年のFreeman Tailorよりも少し柔らかな座り心地です。モダンでフレッシュな印象を与え Lawrenceと組み合わせて使えます。バックレストやアームレストなど、オプションパーツも豊富。

 

 

 

 

 

outdoor collection

Florida / halley
Outdoor collectionにも、バリエーションを豊富な家具が揃いました。コンパクトな張りぐるみソファ Floridaには曲線を描くタイプや円形タイプがあり、様々なレイアウトが可能。アームや脚部を大胆に編み込んだHalleyには、ソファやチェア、オットマンが揃いカラフルな色彩も特徴です。繊細な縦ラインが印象的なコーヒーテーブル CaulfieldやパーソナルチェアColetteも揃い、今までにない雰囲気のアウトドアリビングを演出できます。

 

 

 

lou table

フランス人デザイナークリストフ・デルコートの作品。新色リコロスカラーをまとった脚部は、有機的な曲線で描かれたパーツを何層も積層して作られています。テーブルにはラウンドや長方形があり、天板には天然石やガラスなど多彩なマテリアルが揃います。同じモチーフをアレンジしたコーヒーテーブルやサイドテーブル、キャビネットもあります。

 

 

新コレクションは、他にはない斬新なマテリアルや天然木、天然石、ガラス、ファブリック、レザーのコンビネーションによって、驚くようなテクスチャーと色の展開で、来場者に新たな想像力を搔き立てました。それはクラシックとコンテンポラリーの完璧なバランスのとれた魅力的な製品となり、幅広い選択肢の中から選べる新作ソファシリーズ「Lawrence」や「Jacques」、「Pollock」にも表れていました。

Minottiは、長年にわたり積み重ねた経験、知識を元に、新しい方向へそのクリエイティビティを広げています。

 

 


         http://www.minotti.jp/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2017.05.11)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ