【ミラノデザインウィーク情報】カッシーナはパトリシアウルキオラを迎えキュレーション

 

 

【ミラノデザインウィーク2019情報】
Cassina |  カッシーナの未来
パトリシア・ウルキオラ キュレーションと
「オマージュ・ア・ピエール・ジャンヌレ」コレクション

 

 

 

 

Cassina |  カッシーナのミラノデザインウィーク2019は、ミラノショールームにてアートディレクターにパトリシア・ウルキオラを迎えキュレーションを行いました。


カッシーナを全体的な見識からまとめると、常に前衛的で卓越、そして信頼できる技術力と熟練した職人技の組み合わせが挙げられます。90年以上に渡ってCassinaのアイデンティティは明確で、文化的なメッセージでイタリアと国際的なデザインの最高峰を表現するために、しっかりした価値観の上に構築されました。

 

 

ショールーム入り口正面は、床と腰壁の両方に青いグリッド模様が描かれており、まずこのエリアでは、2つの生活形態が描かれており、ロドルフォ・ドルドーニ、ロナン アンド エルワン・ブルレックによる新しいコレクションが展示されていました。

 

 

正面右の大きなスクリーンには、Cassinaがその起源をよりよく理解するために研究を支援している、インドの都市チャンディーガルのために作成されたル・コルビジェによるドローイングの映像が流れていました。

正面左の絵は3DCGで、パトリシア・ウルキオラの肘掛け椅子、マリオ・ベリーニのCABアームレスチェア、ロナン アンド エルワン・ブルレックのコトーネチェア、エローロ ソファの4つの椅子の優美なストーリーを伝えます。

 

 



床のグリッドは継続していて、「ジオラマ」が作成されている中央エリア、つまり彫刻の階段とドーム型円形の空間に来場者を導きます。
 

マリオ・ベリーニのCABアームレスチェアが展示されているドームエリア

 

ここは完璧なリビングとダイニングエリアです。Cassinaのアイコン的な定番の家具と新製品が一緒に混在している日常的な空間は、新カタログの撮影のためにセッティングした家を再現しました。木製のボイシリーと大理石の床、現代的アートワークのオブジェは購入可能です。

 

 

ショールームの奥は、チャンディーガルの雰囲気が再現され、カッシーナ研究開発センターによって開発された4つの新製品が、「オマージュ・ア・ピエール・ジャンヌレ」コレクションとして生まれ変わりました。


4つの「オマージュ・ア・ピエール・ジャンヌレ」コレクショ
 

 

カッシーナの研究開発センターでは、 ル・コルビュジエの有名な首都の複合施設を探索する「オマージュ・ア・ピエール・ジャンヌレ」コレクションを展示しています。  1951年から1956年にかけてスイスのフランス人建築家ル・コルビュジエによって考案されたインドの都市、チャンディガルプロジェクトの研究の一環として、4つの作品が開発されました。利用可能な材料と図面を分析するために、カッシーナは州都の議事堂から椅子とテーブルを研究して、家具のデザインで基本的な役割を果たしていたル・コルビュジエの従兄弟のピエール・ジャンヌレのオマージュとしてこれらのモデルを作り出しました。


チャンディーガルプロジェクトは、インドの独立と現代への開放を祝うためにル・コルビュジエによって考案されました。 当時の首相ネルーによって提案されたこのコンセプトは、ル・コルビュジエが彼の同僚グループと共に彼の建築論と都市論をテストするための基本設計を発表しました。  2016年にユネスコの文化遺産に登録された建築作品を受けて、 カッシーナはマスタープランとその中心に位置していた州都の複合施設に関する詳細な調査を支援することを決定しました。このプロジェクトは、優れた建築家の作品を調査し、その知識を現代の製品に変換するという、同社の研究に対する要望を証明するものです。


 

Cassina

https://www.cassina.com/en

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.05.11)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ