bloom bloom bloom イッセイミヤケ×エマニエル・ムホー

ABCクッキングスクールや巣鴨信用金庫のデザインを手掛けている東京在住フランス人建築家・デザイナー エマニュエル・ムホーから、エマ通信が届きました!!

「Bonjour! 皆さまいかがお過ごしですか。本日はイッセイ ミヤケとのコラボレーションで伊勢丹新宿店と日本橋三越本店で開催されたイベントの写真ができましたのでぜひご覧ください。」 エマ


bloom bloom bloom イッセイミヤケ×エマニエル・ムホー
 

ISSEY MIYAKEのイベント「bloom bloom bloom」用のステージデザイン。

宮前義之氏がISSEY MIYAKEの新デザイナーに就任後初めてのコレクションBLOOM SKINの展開に合わせ、新しいISSEY MIYAKEと春が「bloom = 咲く」というテーマで、伊勢丹新宿店と日本橋三越本店にて開催された。

コレクションの服はとても柔らかく透明感のあるデザインであるため、それとは対照的に直線的なデザインの花stick flowerを提案した。直径約1.4mの色鮮やかなstick flowerを立体的、平面的に扱い、ステージ全体が咲いているように表現した。

stick flowerは、2010年青山にあるISSEY MIYAKEの3店舗で手掛けたショーウィンドーデザイン「sticks」や、2011年DESIGNTIDE TOKYOで発表した「toge」から進化させたものと言える。

ステージデザインの他「bloom bloom bloom」のロゴ、百貨店の屋外看板のデザインも担当した。

またstick flowerはイベント限定のTシャツをはじめ、アクセサリーや小物のパッケージデザインにも使われた。

華やかな色彩のアイテムとフレッシュに彩られた空間は新ISSEY MIYAKEとの色の協奏曲となった。
 

bloom bloom bloom

bloom bloom bloom

bloom bloom bloom

bloom bloom bloom

bloom bloom bloom

bloom bloom bloom

Photos : Daisuke Shimokawa/Nacasa & Partners

 

エマニュエル・ムホー PROFILE

東京在住フランス人建築家・デザイナー。日本古来のデザインを現代にも活かしたいという想いから、伝統的な間仕切りにヒントを得た色とりどりのパーティションシリーズ「色切/shikiri」を編み出す。その「空間を色で仕切る」というコンセプトから、色を平面的ではなく三次元空間を形作る道具として扱い、建築、インテリアデザイン、プロダクトデザインまで幅広く手掛ける。
東北芸術工科大学准教授、東京建築士会正会員、日本建築学会正会員
 

emmanuelle moureaux architecture + design
東京都千代田区内神田1-14-14-3F
03 3293 0323
contact@emmanuelle.jp
www.emmanuelle.jp

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2012.04.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ