パナソニック 汐留「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」

 

 

パナソニック 汐留ミュージアム
「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」 の開催

 

 

 

パナソニック 汐留ミュージアムでは、ハンガリーの陶器メーカーヘレンドの「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」 を2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)まで開催します。
 

ヘレンドとは、ハンガリーの首都・ブダペストから南西に約110キロを隔てた静かな村にある磁器製作所です。ハプスブルク皇帝の保護を受けて発展し、各国の王侯貴族が愛好した名窯として今日に至るまで高い評価を得るハンガリーを代表する高級磁器窯です。


1826年、ハンガリーの西の端、オーストリアとの国境近くに誕生した当時のハンガリーは「貴族のなかの貴族」といわれたハプスブルク家の統治下にあり、ヘレンドもウィーンの宮廷サロンでその技術に磨きをかけていきます。繊細な手描きの技法で作り出される美しい器は、皇帝フランツ・ヨゼフやエリザベート妃をはじめ、多くの王侯貴族に愛され、ヘレンドの名を広めていきました。

 


《色絵金彩「皇帝」文コーヒーセット》1860 年頃
ブダペスト国立工芸美術館

ヘレンドは、19世紀後半、当時盛んに開催された万国博覧会へ積極的に出品します。万博での好評は、大英帝国のヴィクトリア女王からのディナーセットの発注やフランスのナポレオン三世妃ウージェニーの買上げなどにつながり、名声を高めていきます。その後も、時代の変化に柔軟に対応しながら、世代を超えて継承された最高の技術と品質で現在も製造が続いています。

 

 


《藍地金彩唐草文コーヒーセット》1890年頃
ブダペスト国立工芸美術館

 

 


《色絵金彩「ロスチャイルド」文透彫瓶》1869年
ブダペスト国立工芸美術館

 

 


《金彩「ウエールズ」文龍飾りビアマグ》1881年
ブダペスト国立工芸美術館

 

本展では、開窯初期の希少な逸品から、バロックやロココといった伝統的な様式を踏襲した名品に加え、中国や日本の陶磁器に学んだ東洋風の作品群、そして現代の製品までおよそ150件、約230点が一堂に集まります。

ヘレンド190年余の歴史と、優雅で華やかな磁器の魅力をご堪能ください。

 

 

 

【開催概要】
「ヘレンド展―皇妃エリザベートが愛したハンガリーの名窯」 
会期:2018年1月13日(土)~3月21日(水・祝)
会場:パナソニック  汐留ミュージアム
        東京都港区東新橋1-5-1  パナソニック東京汐留ビル4F → map
入館料:一般:1000円
           65歳以上:900円
           大学生:700円
           中・高校生:500円 
           小学生以下無料
           20名以上の団体は100円割引
           障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
主催:パナソニック 汐留ミュージアム、読売新聞社、美術館連絡協議会
後援:駐日ハンガリー大使館、港区教育委員会
協賛:ライオン、大日本印刷、 損保ジャパン日本興亜
協力:Lufthansa Cargo AG
企画協力:アートインプレッション
告知・催事協力:ヘレンド日本総代理店 星商事株式会社
   http://panasonic.co.jp/es/museum/

 

 

 

 

 

 

http://panasonic.co.jp/es/museum/

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.12.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ