京都府とARTISTS' FAIR KYOTO 現代アートにフォーカスしたアートイベント 開催

 

若い表現者の支援 Art Singularity(アートシンギュラリティ)
京都発!既存の枠組みを超えたアートフェア
「ARTISTS’ FAIR KYOTO」 開催

 


京都府とARTISTS' FAIR KYOTO実行委員会は、京都を舞台に現代アートにフォーカスした「ARTISTS' FAIR KYOTO(アーティスツフェア キョウト)」を、2018年 2月24日(土)・25日(日)に初開催します。

伝統から革新を生み出してきた京都で、「Art Singularity(アートシンギュラリティ)」をコンセプトに掲げ、アーティストが世界のマーケットを見据え、次の次元へと活躍の場を拡大する新しい「アートフェア」がこの冬、始動します。
 

ARTISTS' FAIR KYOTOは、国内外で活躍する有力な美術アーティストが推薦する期待の若手アーティスト36名の作品を中心に、京都ゆかりのアーティストの作品も含めた約100点以上が出品されるアートイベントです。ディレクションを現代美術家の椿昇、会場デザインを家成俊勝(dot architects)が手掛け、重要文化財指定の京都を代表する明治建築の中に、現代アートの刺激的なしつらえが展開されます。伝統から革新を生み出してきた京都から始動する新たなアートフェア、モダンとクラシックが重なるエキセントリックな空間も見どころの1つです。

既存のアートフェアの枠組みを超え、展覧会としてもエンターテイメント性を供えた画期的な内容となります。文化支援を願う多くの方々にアートとマーケットの融合をダイレクトに感じる2日間となるでしょう。


 

 

| 会場デザイン


京都文化博物館

会場デザインは、家成俊勝(dot architects)が手掛けます。重要文化財指定の京都を代表する明治建築の中に、京都ゆかりの新人から人気作家まで旬な「現代アート」が大集結!するエキセントリックな 空間も見どころの1つです。伝統から革新を生み出してきた京都で、「Art Singularity(アートシンギュラリティ)」をコンセプトに掲げ、アーティストが世界のマーケットを見据え、次の次元へと活躍の場を拡大する新しい「アートフェア」がこの冬、始動します。


 

 

|  ディレクター&アドバイザリーボード

ディレクターに現代美術家の椿昇、アドバイザリーボードに池田光弘、薄久保香、大庭大介、勝又公仁彦、金氏徹平、鬼頭健吾、澤田知子、塩田千春、高橋耕平、名和晃平、ミヤケマイ、ヤノベケンジと、世界の第一線で活躍するアーティスト陣12名を迎え、彼らのキュレーションにより若手アーティストを選出しました。選ばれた20代~30代前半の若手アーティスト36名が中心となる出展ですが、サプライズとしてアドバイザリーボードからも応援出品を受け、出品作品数は100点以上に及びます。



椿昇

メッセージ
京都に数多く存在する芸術系大学の卒業生や若い表現者の支援を目的に、内需市場の活性化に取り組みます。この重大なミッションを受けて既存のアートフェアとは一線を画する、アーティスト自身が直接作品を販売するダイレクトな「ARTISTS' FAIR KYOTO」を立ち上げる事となりました。アーティストを志した若者が将来に亘って制作によって生計を立てられるよう、個人コレクターや企業をはじめ、グローバル・ネットワークを持つコマーシャルギャラリーに接続するためのブリッジとなり、彼らが作品を作り続けられる未来の一歩を踏み出したいと思います。

 

 アドバイザリーボード(若手を推薦するアーティスト)

左から
池田光弘  薄久保香  大庭大介  勝又公仁彦

 

左から
金氏徹平(撮影:川島小鳥)   鬼頭健吾(撮影:大木太)   澤田知子    塩田千春(撮影:Sunhi Mang)

 

 

左から
高橋耕平  名和晃平(撮影: Nobutada OMOTE|SANDWICH)   ミヤケマイ    ヤノベケンジ(撮影:Satoshi Shigeta)

 

 

 

|  出展アーティスト 

【若手アーティスト】 ※()内は推薦アーティスト   
今西真也(椿昇)/蒲原早奈美(池田光弘)/金サジ(澤田知子)/香月美菜(椿昇)/木村舜(名和晃平)/小松千倫(金氏徹平)/品川美香(椿昇)/品川亮(椿昇)/柴田精一(塩田千春)/迫鉄平(高橋耕平)/竹内義博(大庭大介)/田中真吾(塩田千春)/田村拓郎(名和晃平)/長尾恵那(ヤノベケンジ)/中村萌(椿昇)/NAZE(金氏徹平)/西村有未(薄久保香)/能條雅由(椿昇)/東田幸(鬼頭健吾)/堀井ヒロツグ(勝又公仁彦)/堀川すなお(塩田千春)/盆子原彩(鬼頭健吾)/前谷開(勝又公仁彦)/松谷しおり(薄久保香)/松村咲希(勝又公仁彦)/水谷昌人(大庭大介)/満田晴穂(ミヤケマイ)/皆藤齋(薄久保香)/村上美樹(ヤノベケンジ)/森山佐紀(ミヤケマイ)/矢野洋輔(金氏徹平)/吉岡寛晃(鬼頭健吾)/古田充(名和晃平)/和田直祐(大庭大介)/

【招待作家】 YOTTA/村上慧

【アドバイザリーボード】 名和晃平/塩田千春/澤田知子/鬼頭健吾/池田光弘/大庭大介/薄久保香/高橋耕平/勝又公仁彦

 

 

| 出展アーティスト 作品 一部紹介

 


 

 

 

【開催概要】
「ARTISTS' FAIR KYOTO(アーティスツフェア キョウト)」
日 程:平成30年2月24日(土)~25日(日)
会 場:京都府京都文化博物館 別館 (〒604-8183 京都市中京区三条高倉)
時 間:10時00分~18時00分
電 話: 075-222-0888
URL :https://www.artists-fair.kyoto/
入場料:1,000円(学生無料 要・学生証)
主   催:京都府、ARTISTS' FAIR KYOTO実行委員会
実行委員長:森下徹(京都府文化スポーツ部長)
委  員:椿昇(現代美術家)、中井康之(国立国際美術館学芸課長)、名和晃平(彫刻家)、
             前田剛(有限会社前田珈琲代表取締役社長)、神山俊昭(京都府京都文化博物館副館長)
ディレクター:椿昇(現代美術家)
プロデューサー:松倉早星(クリエイティブ・ディレクター、Nue inc代表)
スタッフ:柳生顕代、前端紗季、顧剣亨(アルトテック事務局:京都造形芸術大学美術工芸学科)
会場デザイン:家成俊勝氏(dot architects)
事 務 局:京都府文化スポーツ部文化芸術振興課
特別 協賛:UBS銀行
協  賛: 株式会社長谷ビル、株式会社エージーピー、ぎおん徳屋、八光カーグループ、
             株式会社JALUX 、株式会社島津製作所、ワコールスタディホール京都、
             株式会社細尾、マルカイコーポレーション株式会社、両備ホールディングス株式会社、
             タカムラ株式会社、有限会社ワイ・イー・エス
      ※12/11日時点

 

 

 

 


公共交通機関をご利用の方

・地下鉄「烏丸御池駅」下車【5】番出口から三条通りを東へ徒歩3分
・阪急「烏丸駅」下車【16】番出口から高倉通りを北へ徒歩7分
・京阪「三条駅」下車【6】番出口から三条通りを西へ徒歩15分
・JR・近鉄「京都駅」から地下鉄へ
・市バス「堺町御池」下車、徒歩2分

 

 

 

 


URL :https://www.artists-fair.kyoto/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.12.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ