一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2015」開催

六本木アートナイト2015
「六本木アートナイト2015」メインビジュアル

六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴「六本木アートナイト2015」が2015年4月25日(土) 10:00 ~ 26日(日) 18:00 の日程で開催されます。

六本木アートナイトでは、様々な商業施設や文化施設が集積する六本木の街に、アート作品のみならず、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどを含む多様な作品が街なかに点在し、普段とは違う六本木を感じられる非日常的な体験が作り出され、東京を代表するアートの祭典として年々発展を続けています。

2009年に始まり、今回で6回目を迎える「六本木アートナイト」。
六本木アートナイト実行委員会は、2013年、2014年に続きアーティスティックディレクターを務める日比野克彦氏、新設されたメディアアートディレクターを務める株式会社ライゾマティクス代表取締役の齋藤精一氏と共に、今回のテーマ『ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル』に基づいたメインビジュアルおよび主要プログラムを決定しました。メインビジュアルは、今最も注目されているイラストレーターの一人、ファンタジスタ歌麿呂氏がデザインしたものです。
 

《アートトラックプロジェクト ハル号 アケボノ号》


“光る大型アートトラック”他、テーマに基づいた様々なプログラムを展開今回のテーマを象徴するメインプログラムとして、齋藤精一氏主導でLEDを実装した光る大型トラックによる《アートトラックプロジェクト ハル号 アケボノ号》が実施されます。
東京ミッドタウン キャノピー・スクエアに常駐する“ハル号”は、東京の様々なデータを集約し、その情報を提灯アレイディスプレイにビジュアライズ。さらに当日は、来場者がスマートフォンで文字やパターンを入力するとその情報がトラックに表示されるというインタラクティブな要素も盛り込まれています。
 


また、六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、国立新美術館を回遊する“アケボノ号”は、巨大なミラーボールを搭載しており、周辺ではダンスやライブパフォーマンスなどが行われます。基点となる六本木ヒルズアリーナには巨大ジャングルジムが用意され、ライトを使ったライブパフォーマンスが実施されます。

その他にも、六本木という街の新たな魅力を再発見できるアートスポットが街中に点在。インスタレーション展示やパフォーマンスに加え、参加者がいてはじめて成立するアートの形態、体験・参加型のプログラムも多数実施されます。また、今年初めて実施したプログラムの公募「オープン・コール・プロジェクト」で採用されたプログラムが街なかに展開され、他にもアート関連施設や団体が同時開催するプログラムもあります。

さらに「六本木アートナイト2015」当日は、各美術館やギャラリー、施設で開催されている展覧会の特別プログラムや、開館時間延長、入場料割引、さらに各店舗での様々なサービスなども満載です。六本木の街中がオールナイトでアートに彩られる祭典を楽しんでいてはいかがでしょうか。


[六本木アートナイト2015 開催概要]

日時:2015年4月25日(土)10:00~4月26日(日)18:00
<コアタイム>4月25日(土)18:22【日没】 ~ 4月26日(日)4:56【日の出】
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
開催場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラムおよび美術館企画展は有料)
主催:東京都、アーツカウンシル東京・東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、六本木アートナイト実行委員会【国立新美術館、サントリー美術館、東京ミッドタウン、21_21 DESIGN SIGHT、森美術館、森ビル、六本木商店街振興組合(五十音順)】
公式サイト:http://www.roppongiartnight.com

 

(文:インテリア情報サイト編集部-11  /  更新日:2015.03.17)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ