最先端のデザイン製品が一堂に出展!「第6回 DESIGN TOKYO」開催

DESIGN TOKYO

国内外から最先端のデザイン製品が集結する出展社と来場者の商談を目的とした展示会「DESIGN TOKYO」が2015年7月8日(水)~10日(金) の期間、東京ビッグサイトで開催されます。この展示会は、一年に一度、毎年この時期に開催され今年で第6回目となります。

イタリア、ドイツ、フィンランド、キルギス、グアテマラなど世界から130社の日本初上陸・初公開の製品が一堂に集まります。インテリアグッズや日用雑貨、ステーショナリーなどの定番商品はもちろん、分野にかかわらず出展される製品は、デザイン性、クオリティともに高いため、国内外のバイヤーから期待を集めた展示会です。

DESIGN TOKYOは、展示会のコンセプト「売れるデザイン」を尊重し、出展製品のクオリティーを維持するためにデザイン業界の最先端で活躍するデザイナー、トップバイヤー、プレスなどの方々で構成する委員会を設け、出展審査を行います。川崎和男氏(デザインディレクター)、髙島郁夫氏(株式会社バルス 代表)、長山智美氏(インテリアスタイリスト)、ルーク・ベーカー氏(MoMA ニューヨーク近代美術館 キュレトリアルスタッフ)らで構成された審査委員会による審査を通過した製品のみが出展されます。
 


昨年も審査委員を務めたルーク・ベーカー氏は「デザインのクオリティの高さに驚きました。アメリカ人として繊細で緻密な日本の伝統的職人技を駆使した効率性が高いデザインは、常に深い尊敬の念を抱いています。そんな多くの家具やインテリア商材、文房具など幅広い日本のデザイン製品を一堂に見ることができるとても充実した展示会です」とコメント。

 

 

 

今年は特別企画も豊富


◇ 業界待望のアワード誕生!DESIGN TOKYO大賞 2015

「売れるデザイン」のベストプロダクトを表彰する「DESIGN TOKYO大賞」が今年初めて開催されます。
大賞受賞企業は出展社の中から選ばれ、会期初日に会場で発表されエントリー製品は全て、会場で仕入れ・買付けができます。
今年のグランプリはどの製品になるのか期待が高まります。

(エントリー製品一覧はこちら


◇ 次の売れるデザイン、PROTO LAB

デザイナーが主役の特別な場を創りました。
思いを込めた作品が世界のマーケットに送り込まれるビジネスマッチングの場です。
ここではまだ市場に出ていない製品(プロトタイプ)をデザイナーが直接発表します。
「次の売れるデザイン」を求めている多数のメーカー・小売店のバイヤーとデザイナーのマッチングの特別な場所です。


◇ 特設ゾーン「インテリア」と「JAPAN NOW! 」


インテリアに特化した待望の新ゾーン「インテリア」

家具、テーブル・イス、カーペット・ラグ、クッション・照明・ランプ、テーブルウェア、香り・アロマ製品、インテリア雑貨などが集結します。
 

日本のデザイン製品を日本&世界に発信する新ゾーン「JAPAN NOW! 」

今、日本製・日本ブランドに国内外より注目が集まっています。
日本ブランドを強調したい日本製(メイドインジャパン)伝統工芸品をデザインで売りたいなど、日本を活かした製品が集結します。

 

一年に一度、「とっておきのデザイン製品」が東京に集まります。国内外のトップバイヤーとの商談はもちろん、業務提携、マーケットリサーチなど、その場で取引が行われる本格的な未来のビジネスを意識した展示会に是非ご来場ください。

 

◇ 製品紹介 (一部紹介)

Hat-trick/Round(Saniyo Co Ltd)
5つの円形入れ子の調味料容器セット
バーミキュラ(愛知ドビー)
無水調理ができるカラフルなホーロー塗装の日本製鋳物鍋


 

Swooder SEIGETSU(秀山堂印房)
漆器の技術と融合した木製iPhoneスピーカー
The New Old Light(オフィス ディースタイル)
東洋と西洋のテイストを融合した吊り下げライト


 

Whale(POLIGON LTD.)
折り畳み可能な金属の彫刻
Kiondo Basket XS(MIFUKO LTD.)
デザインはフィンランド、ケニアでハンドメイドのフェアトレード製品


 

 

 

第6回 DESIGN TOKYO 開催情報

会 期:2015年7月8日(水) ~ 10日(金) 10:00 ~ 18:00(最終日は17:00まで)
会 場:東京ビッグサイト
主 催:リード エグジビション ジャパン 株式会社
公式HP:http://www.designtokyo.jp/

展示会の招待券(無料)を下記URLから提供中
http://www.designtokyo.jp/inv/

※商談を目的とした B to B の展示会の為、一般の方はご入場いただけません。

 

(文:インテリア情報サイト編集部-5  /  更新日:2015.06.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ