【PHOTO】レポート 東京汐留のパナソニック汐留美術館「香りの器 高砂コレクション 展」

 

 

【PHOTO】レポート
パナソニック汐留美術館
香りの器 高砂コレクション 展 開催

2021年1月9日(土) ~3月21日(日)

 

 

 

東京汐留のパナソニック汐留美術館では2021年1月9日(土) ~3月21日(日)の会期で「香りの器 高砂コレクション 展」を開催。

本展は、高砂香料工業株式会社が長年にわたり収集してきた香りにかかわる質の高いコレクションから、選りすぐりの約240点が展示されました。古代オリエントの香油壺にはじまり、近代ヨーロッパの香水瓶、我が国の伝統的な香りの器などが一同に介してみることができますので貴重な展覧会です。

 

 

古代の香水瓶は・・・

香りとその器の歴史は人類の誕生とともに始まったとも言われます。

 

 

陶磁器製の小さな香水瓶

ドイツのマイセンやウエッジウッド、ロイヤルコペンハーゲン、セーブルなどの香水瓶が展示されています。

 

ボヘミアン・ガラスの香水瓶

 

アール・ヌーボー アールデコの香水瓶

 

 

 

さまざまな化粧道具

化粧道具


アール・デコ時代を象徴するような香りを想起させる貴婦人の肖像画なども展示されています。
 


香水瓶のデザイン画

 

最後には香道の道具類にみられる贅を極めた漆工芸品、また陶磁器、金工品による香炉や香合といった我が国の伝統的な香りの器が展示されていますが、撮影がNGでした。

 

古今東西の香りに関する工芸作品を鑑賞することは、奥深い香りの歴史と文化に触れることに他なりません。ご興味のある方は是非足をお運びください。

 

【開催概要】
香りの器 高砂コレクション 展
展覧会会期:2021年1月9日(土) ~3月21日(日)
開館時間:午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
※2月5日(金)、3月5日(金)は夜間開館 午後8時まで(ご入館は午後7時30分まで)
休館日:水曜日
入館料 一般:1,000円、65歳以上:900円、大学生:700円、中・高校生:500円、小学生以下:無料
※障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催:パナソニック汐留美術館、東京新聞後援在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会 特別協力高砂香料工業株式会社
https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/21/210109/index.html

(文:制作_インテリア情報サイト編集部-3  /  更新日:2021.02.06)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ