『世界から消えゆく場所 万里の長城からグレート・バリア・リーフまで』

 
 

 

まさか、こんなところも!?
世界37ヵ所、地図と写真で見るビフォーアフター 
『世界から消えゆく場所 万里の長城からグレート・バリア・リーフまで』 

 

 


日経ナショナル ジオグラフィック社は、書籍『世界から消えゆく場所』を2020年2月25日(火)に発行。
 

本書は、中国の建造物「万里の長城」、オーストラリアのサンゴ礁群「グレート・バリア・リーフ」、南太平洋に浮かぶ小さな島国「ツバル」ほか、すでに消えてしまったり、消えかけている場所など、世界37ヵ所を地図と写真、イラストで紹介したビジュアル書籍です。

 

【関連記事】・ナショナル ジオグラフィック社 書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』刊行

 

人間の長期にわたる土地開発、経済環境の変化、気候変動による海面の上昇などが原因で、世界各地の景観が大きく変化し、場合によっては失われてしまう。さらに、誰も訪れることなく忘れられた都市、人の営みにより風景が一変した川など、数々の消えゆく場所。

在りし日の姿と現在の姿を、地図や写真で対比し、その場所をめぐる歴史の物語を分かりやすく解説。「まさか、こんなところも!? 」といった驚きの場所も収録。後世に残していきたい究極の一冊です。

 

 

 

 

 

 

【主な内容】
・古代の都市  モヘンジョ・ダロ/ハットゥシャ/レプティス・マグナザナドゥ/シウダー・ペルティーダ/マリーバリプラム ほか 
・忘れられた土地 チャン・チャン/ロアノーク/バゲルハットのモスク都市/ フリート川/獅城/オールド・アダミナビー ほか    
・縮みゆく場所  ドナウ川/死海/スリムス川/スキップシー ほか   
・消滅寸前の場所 グレイシャー国立公園/チワワ砂漠/トンブクトゥ/スカラ・ブレイ/ヤムナー川/ベネチア/万里の長城ほか

■世界37カ所の消えてしまった、消えかけている場所の現在と過去を地図と写真で対比!
■様々な理由で消えゆく場所の歴史的背景を物語として分かりやすく解説!
■万里の長城、ドナウ川など、誰もが知る有名な場所から、誰も訪れない忘れられた場所まで幅広く紹介!
 

【関連記事】・ナショナル ジオグラフィック社 書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』刊行

 

【書籍概要】
『世界から消えゆく場所万里の長城からグレート・バリア・リーフまで』
発行:2020年2月25日
定価:2,500円+税
サイズ:天地228mm×左右164mm
          208ページ/ソフトカバー
著者:トラビス・エルボラフ
地図:マーティン・ブラウン
訳:湊麻里
発行:日経ナショナル ジオグラフィック社

 

この本をアマゾンで購入する


世界から消えゆく場所 万里の長城からグレート・バリア・リーフまで

 

この本を楽天で購入する

世界から消えゆく場所 万里の長城からグレート・バリア・リーフまで [ トラビス・エルボラフ ]

価格:2,750円
(2020/3/6 10:48時点)

【関連記事】
# インテリア オンラインショッピングをみる
・# ライフスタイルBOOK
#建築・インテリア・デザイン BOOK

 

(文:PR / 広告_2 制作-クリエイティブ事業部   /  更新日:2020.03.06)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ