ナショナル ジオグラフィック社 書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』刊行

 

 

どうしてこうなった?
町まるごと廃墟の101ヵ所を撮影! 

書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』
発売!
 

 

 
日経ナショナル ジオグラフィック社は、書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』を8月5日(月)に発行しました。

本書は、無理な都市計画、紛争による破壊、疫病の流行、鉱山の閉鎖、火山の噴火、大企業の撤退、一攫千金の夢の果てなど、時代の波に翻弄された人々の歴史を伝える、世界中にあるゴーストタウンを美しく迫力のある写真とリアルな物語で紹介した写真集です。

都市でさえ永遠の命を約束されてはいない。来るあてのない人々をむなしく待ち続ける町、打ち捨てられた町の歴史など、ゴーストタウンは貴重な史料であり、人類の歴史の一端を映し出す窓そのものでもあります。本当に幽霊が出そうな空気、がらんとした部屋や風にきしむ扉、静まり返った道など、かつて住んでいた人々の痕跡が染みついた廃墟の数々。何十年、何百年というはるか昔の時代を生きていた人々の暮らしを肌で感じる、リアルな物語の世界を体感できる一冊です。



| 書籍の見どころ
■世界101カ所のゴーストタウンを美しい写真とリアルな物語で紹介!
■ただの残骸ではない、当時のままの建物や町は、歴史的な史料としても価値がある!
■ゴーストタウンのだいたいの場所を紹介するマップ付き!

 

 


【主な内容】
・はじめに
・東アジア テムズタウン/呈貢/オルドス ほか
・中央アジア アグダム/オトラル/ドッセル ほか
・インド亜大陸 ビジャヤナガル/ジャハズ・マハール ほか
・中東 ソルターニーイェ/サップ・バニ・ハミス ほか
・アフリカ ソリテア/バイア・ドス・ティグレス/グラン・バッサム ほか
・ヨーロッパ ブッサナ・ベッキア/チビタ・ディ・バーニョレージョ ほか
・北米 ケニコット銅山 ほか
・中南米 サン・アントニオ・デ・リベスほか
・オーストラリア ファリナ ほか
・南極 デセプション島ほか
・世界ゴーストタウンマップ

 

 

 

 

 

【書籍概要】
書籍『絶対に住めない世界のゴーストタウン』
定価 :2,000円(税別)
         232ページ ソフトカバ-
サイズ:天地228mm×左右174mm
クリス・マクナブ著 片山美佳子 訳
発行:日経ナショナル ジオグラフィック社
https://nationalgeographic.jp/atcl/product/19/070200023/
 

 

 

 


 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.08.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ