インテリア・建築用語 【や行-よ】

インテリア・建築用語集や行

 

インテリア・建築の知識が身につく専門用語を50音順に掲載しました。このページでは「や行」「よ」から始まるインテリア・建築用語を掲載しています。資格試験の勉強にお仕事やちょっとした調べ物に是非、ご活用下さい。

 

よ

 

洋小屋(ようごや)
 ヨーロッパに多い小屋組で、各部材が三角形のトラスを組んだもの。

様式(ようしき)   ==  style  ==
 一定の形式のこと。

養生(ようじょう)    ==  covering ==
 工事の途中で、すでに仕上がった部分や部材が傷ついたり、汚れたりするのを防ぐために、カバーをかけるなどの保護をすること。

養生期間(ようせいきかん)    == curing period ==
 コンクリートやモルタルなどを打ち終わってから、これが早く乾燥しすぎたり風雨にさらされるのを保護するため、シートなどで覆い、また十分に水分を与えてコンクリートの亀裂を防ぐため、散水したりする作業を養生作業と言い、また、これらに要する日数を養生期間と言う。
 
容積率(ようせきりつ)    == floor area ratio ==
 延べ面積の敷地面積に対する割合で、用途地域により上限が定められている。

溶接(ようせつ)     == weld ==
 金属の溶接部を加熱し、溶融、または、半溶融状態にして接合すること。

用途地域(ようとちいき)   == use district ==
 地域のあるべき姿を想定して、建物の種類や用途、容積率、建ぺい率、規模、日影などを制限した都市計画法によって指定された地域のこと。

擁壁(ようへき)    == retaining wall ==
 宅地の土砂が崩壊するのを防ぐため、切土や盛土などの崖面を支える構造物。

窯変タイル(ようへんたいる)    == Nonvitreous tile ==
 窯の焼成温度や酸素の量により、釉(うわぐすり)が溶けるとき、その釉の性質で表面に変化の表れたタイル。

溶融亜鉛メッキ鋼板(ようゆうあえんめっきこうはん)
 鋼板の表面に亜鉛メッキを施した金属被覆鋼板(薄鋼板)。「亜鉛鉄板」、「トタン板」とも呼ばれています。

浴室暖房乾燥機(よくしつかんそうき)        == bathroom dry heater ==
 浴室内でヒートショック防止や入浴中の寒さ対策のために電気、または温水を利用して暖房を行なう機能もつと共に、浴室を洗濯乾燥室として利用できる換気扇。

横繁障子(よこしげしょうじ)
 横向きの桟が多く組まれた障子。

横すべり出し窓
 横方向の上側を軸として外部に押し出す窓。

予算計画(よさんけいかく)    == budget planning ==
 計画の初期段階で、どれだけの建築費が必要なのか、概略の予算を計画すること。

葦簀(よしず)   == reed screen ==
 葦(よし)を編んで作られた簾(すだれ)。

寄棟屋根(よせむねやね)    == hipped roof ==
 棟を中心に四方に流れをもつ屋根形状。

呼び強度(よびきょうど)   == nominal strength ==
 コンクリートの設計基準強度に温度補正などをプラスした後に、生コンプラントに発注されるコンクリート(レディミクスコンクリート)の圧縮強度のこと。

呼び径(よびけい)    == nominal diameter ==
 異形鉄筋は節があり、直径が一定でないため、直径の平均的な値を取り、それを呼び径として規格化されています。

呼び寸法(よびすんぽう)   == nominal dimension ==
 建築構成材や部品などの大きさを表すときに用いる寸法で、「呼称寸法」とも言われています。

呼び線(よびせん)     == order wire ==
 電線配管工事で、本線の電線、ケーブルを通線するためにあらかじめ入れておく予備の線。

鎧戸(ガラリ戸)(よろいど)    == slatted shutter ==
 枠、或いは框の中に、幾枚もの小幅の羽根板(ルーバー)を斜めに取り付けた戸。

 

 

 

 >>  インテリア・建築用語集 一覧に戻る

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2011.12.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ