インテリアの知識 ウィンドートリートメントvol.6

 

お店や住空間、ホテル、公共の施設など、インテリアのプロフェッショナルが作り上げる空間は、華やかさや安らぎ、そして居心地の良さを感じることができ、心を豊かにしてくれます。ここではそのインテリアのプロフェッショナルを目指す人のための『インテリアの基礎知識』をご紹介します。

ウィンドートリートメントは、カーテンやブラインドのような窓周りの装飾全般のことをいいます。インテリアスタイルを決定づける要素として大きな役割を担うとともに、様々な機能も持っています。

最終回となる今回は、vol.1 「ウィンドートリートメントの種類」で触れた、ロールスクリーン、ブラインド、シェードについてのおさらいです。


【ロールスクリーン】

プレーンでシンプルな感覚が好まれ、近年、住宅・店舗に多く取り入れられるようになりました。
 



 




 

好みの高さに止められるのが便利で、窓の他に、間仕切りスクリーンとしての使用も効果的です。

 

 

 

 


 

スクリーンの向こう側を感じたい場合には、シースルータイプを使用することもあります。

 

 

 

 


 


【ブラインド】

イタリアのベネチア生まれの横型のブラインドです。
横型のスラット(板状羽根)の角度を変えることで、光の調節と風の調節を自由に行うことができます。

 

 

 


 

素材にも、アルミ、木など様々なタイプがあります。


 

 

 

 


 

<バーチカルブラインド>

縦型ルーバー(スラット)による方式です。ルーバーの開閉で出入りや視界の確保を、角度の調節で光や風を調整できます。リビングなどの大きな窓面に使用すると、スッキリとして効果の柔らかい、均一の光を広い空間に取り入れることができます。

 






【シェード】

おろしているときは、ロールブラインドと同様にプレーンに見えますが、プルコード(チェーン)を引くと、下から折りたたみながらひだとなって仕上がっていきます。

 




    


<オーストラリアンシェード>

薄手の裂地で、たっぷりギャザーやひだをとったものです。エレガントな感覚を出します。








<バルーンシェード>

シェードを上げるとバルーン状の丸みのある形に変化し、ロマンチックな窓辺を演出できます。
レースはもちろん、ドレープも対応しています。

 





 

以上で、『インテリアの基礎知識』ウィンドートリートメント編は終了です。

ウィンドートリートメントにも様々な種類があることや、カーテンの吊りスタイルなどについてご紹介をさせて頂きました。

毎日見慣れているはずの部屋も、ウィンドートリートメントを変えるだけで、雰囲気ががらりと変わります。
本編を参考に、日々の暮らしの中での変化を楽しんで下さい。
 

※画像提供(50音順)


立川ブラインド工業株式会社は、 各種ブラインド・間仕切り・カーテンレールその他建築材料製造および販売ならびに設計施工、 ブラインド、間仕切り、その他建築材料、および室内外装品等を行っています。
http://www.blind.co.jp/


トーソー株式会社は、ブラインド・間仕切りを含む総合「ウインドウトリートメント企業」として、インテリア製品の企画、製造、販売を行っています。
http://www.toso.co.jp/
 


マナトレーディング株式会社は、インテリア商品(主にファブリック・カーペット・壁紙)の輸入及び輸出、 インテリアの設計並びに施工、インテリア商品の企画、開発、製造、販売を行っています。
http://www.manas.co.jp/

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2013.09.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ