vol.42 トーマス・ヘザーウィック

デザイナーをもっと知ろう!!Vol.42 トーマス・ヘザーウィック

各国の建築・インテリアデザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・インダストリアルデザイン業界の有名デザイナーを紹介していく、「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。第42弾は、イギリスのインダストリアルデザイナー、トーマス・ヘザーウィック(Thomas Heatherwick)です。

 

<経歴>

1970年 イギリス・ロンドン生まれ
1994年 トーマスヘザウィックスタジオ設立
2006年 最年少で王室工業デザイナー任命される

 

自身を3次元デザイナーと語るトーマス・ヘザーウィック。
彼の手にかかったプロジェクトは、常に革新的であり、一つ一つが違った個性を持つ。
そしてそれこそが、見る者に息を飲むほどの感動を与える。

 

Materials House

 

 

 

 

 

 


◆ Materials House / 1998年

ロンドン科学博物館にある、絨毯・ビニールなどさまざまな建築材料の層からなる作品。高さ6メートルのMaterials Houseは213層の素材からなり、合計約4トンにもなる。

 


 

Rolling Bridge

 

 

 

 

◆ Rolling Bridge / 2004年

ロンドン・パディントンにある、全長12メートルのユニークな可動式の歩道橋。小埠頭へのボートの乗り入れのために可動橋とされた。

 


 

Bleigiessen

 

 

 

 

 

 


◆ Bleigiessen / 2005年

大晦日に鉛を使って行われるドイツの伝統的な吉凶占い「Bleigiessen」からインスピレーションを受けて造られた作品。Wellcome Trust Museum内の30メートルの吹き抜けに造られた構造物。15万個の特殊加工ガラスの球体を長さ約100万メートルのステンレス製の極細鋼線でつるしている。ガラス内には2層のフィルムが仕込まれ、光が乱反射し虹色に光る。

 

 


 

Extrusions

 

 

 

 

 

 

◆ Extrusions / 2009年

Haunch of Venisonのロンドンのギャラリーで発表されたアルミ製の椅子

 

 


 

Spun

 

 

 

 

 

 

◆ Spun / 2010年

ミラノサローネ2010で発表された360度コマのように回るチェア。回転ポリエチレン成形で制作され、座り心地もやわらかく快適で軽量。

 

 

 


 

◆ Shanghai Expo 2010 UK Pavilion / 2010年

木造の構造体がベースで、そこに長い透明なアクリル棒を6万本差し込んで造られている。透明なアクリル棒を通じて、昼間はここから内部に光が入り、夜は内部照明の光が外に出る。アクリル棒の先端には植物の種が埋め込まれている。

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-12  /  更新日:2012.01.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ