nendo OPPOより小型スマートフォン「slide-phone」のコンセプトモデルを発表

 

 

nendo
OPPOより滑らせて使う
型スマートフォン
「slide-phone」のコンセプトモデルを発表

 


 

デザインオフィスnendoから、スマートフォンメーカーOPPOより「slide-phone」、および「music-link」のコンセプトモデルを発表したニュースレターが届きましたのでご紹介します。

 

……………………………………………………………………………………………
 
滑らせて使う小型スマートフォン「slide-phone」とイヤホンを中心としたオーディオコレクション「music-link」のコンセプトモデルを、スマートフォンメーカーOPPOより発表いたしました。
 

※こちらのページでは「slide-phone」を紹介します。

 

・イヤホンを中心としたオーディオコレクション「music-link」のコンセプトモデルはこちらから >>>


slide-phone
 
 
 
近年数多く登場する、モニターに有機ELパネルを使用した「折り畳める」スマートフォン。この「折り畳める」技術を「開く」ことで大画面化に利用するのではなく、「畳む」ことで携帯性を高め、そのコンパクトさを生かした新しい操作感のスマートフォンをデザインいたしました。

 


畳まれた状態では、クレジットカードと同様のサイズになること、そして同じ方向に畳める山折りのヒンジが「3つ」あることが特徴です。これにより、片手で持ったまま親指で、横に「滑る」ように変形していきます。

 


1段階スライド:高さ40mmほどの画面が露出。時刻や受信履歴、各種通知が確認でき、ミュージックプレイヤーの操作に適しています。

 


2段階スライド:高さ80mmほどの画面に。同時にカメラが本体上部に移動。自撮りやビデオ通話など、フロントカメラと画面を連動させる機能に適した状態になります。

 

 


3段階スライド:最大まで画面を開くと、独特な細長いプロポーションで7インチ画面が表示。サイドに操作パネルを表示させたまま動画を楽しめるほか、両サイドにコントローラーを配したゲームモードや、複数のアプリ画面を同時に横一列に表示した「マルチタスク」モード、フルスクリーンのパノラマ撮影モードなどが可能になります。

 

本体のサイドキーは楕円を半分に割ったような形状で、スライドの段階によって半円形のボタンになったり、2つが合体して1つのボタンになったり、2~4個のボタンとして機能します。
 

また、普段は収納されているスタイラスペンがあり、本体を「くの字」にして持つことで、メモパッドのような使用感が生まれます。
 


その際に、画面の上部を開閉させることで、画面上のページをめくれるようなインターフェイスを考えました。

 


3箇所あるヒンジは、スエードレザーで被覆。本体はこのレザーと親和性の高い、落ち着いたカラーリングにしました。
 


そして、非接触充電スタンドは本体ヒンジのピッチに合わせたデザインで、充電中でも一体化して見えるようにいたしました。

「完全に畳む」「完全に開く」という2つの状態に加えて、「部分的に開く」「折れ曲がったまま使う」という使い方もできるようにすることで、スマートフォンの新たな可能性が広がることを考えました。

Photographer: Akihiro Yoshida

 

▼「slide-phone」の動画をみる



詳細はこちらからご覧ください。

 

 

nendoの記事をもっとみる > > > #nendo

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

◎ nendo 本の紹介

■ 問題解決ラボ――「あったらいいな」をかたちにする「ひらめき」の技術

ロッテ、エステーなどの日本企業からコカ・コーラ、ルイ・ヴィトンなどの欧州名門ブランド、さらには「箸」や「桶」の伝統工芸職人まで―世界中がうなった「問題発見プロフェッショナル」の頭の中を大公開!300超の案件を同時進行で解決しつづけるデザイナーが明かす「すでにそこにある答え」に気づくための「正しい問い」の見つけ方。

 

■ ネンドノオンド

nendo佐藤オオキ×世界のトップクリエーター17人の贅沢な雑談集。デザインの権化として君臨する「フィリップ・スタルク」さんや、国立競技場の設計を手掛ける建築家の「隈研吾」さん、現代のダ・ヴィンチと称賛されるイギリスの気鋭建築家「トーマス・ヘザウィック」さんなど、世界的なデザイナー、デザインオフィスnendoの佐藤オオキさんと、同じく世界のトップをひた走る17組のクリエーターとのあまりにも贅沢すぎる「雑談集」。

 

 

 

(文:制作_インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2020.12.14)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ