vol.61 ヴェルナー・パントン

「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。第61弾、ヴェルナー・パントン(Verner Panton)

各国の建築・インテリアデザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・インダストリアルデザイン業界の有名デザイナーを紹介していく、「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。第61弾は、デンマークの建築家、デザイナー、ヴェルナー・パントン(Verner Panton)です。

 

Verner Panton<経歴>
1926年 デンマーク生まれ
1950-52年 アルネ・ヤコブセンの建設事務所で働く
1951年 コペンハーゲンの王立美術アカデミー卒業
1955年 デザインオフィス設立
1998年 死去

 

木材より安く生産できるプラスティックを多く用い、家具や照明など多くの作品を手がけたヴェルナー・パントン。
彼自身の名を持った「パントンチェア」は1967年に発表されると同時に、世界中で絶賛を受けた。
また、独特の幾何学的な模様や色彩構成で、ファブリックやインテリアなどの分野でもその名を広めている。

 

Heart Cone Chair◆ Heart Cone Chair / ハートコーンチェア 1959年

ハート型のフォルムが印象的なチェア

全体に伸縮加工したニット素材が使われいて、見た目よりも座りやすくなっている。
 

Cone Chair◆ Cone Chair / コーンチェア 1959年

Heart Cone Chairのバリエーションとしてデザインされた椅子

座面を一点軸で支えるという新しい形を生み出した。
 

Panton Chair◆ Panton Chair / パントンチェア1960年

世界で初めてプラスチックのみで座面と脚部の一体成型を可能にした画期的なチェア

この背面から足元まで流れる曲線を持ったパントンチェアにいたるには、構想から10年かかった。
 

Spiral◆ Spiral / スパイラル 1969年

色と形に特徴のある他のパントン作品とは趣が異るSpiral

螺旋に巻かれたプレートが軽い風によっても生き物のように動き、部屋の中にすばらしい反射光を放つ。
 

Globe◆ Globe / グローブ 1969年

ルイスポールセン社から登場したGlobe

文字通り、グローブ(地球)のような球体の中に大小のシェードを重ねあい、独特の光の空間を演出する。
 

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2012.06.16)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ