展覧会「石巻工房の家具2011-2017」 DESIGN小石川で開催

 

東日本大震災をきっかけに生まれた家具ブランド
展覧会「石巻工房の家具2011-2017」 DESIGN小石川で開催

 

デザインと街を結ぶゲートとして機能するギャラリーとマーケットプレイス「DESIGN小石川」にて、6月16日(金)から~7月16日(日)まで展覧会「石巻工房の家具2011-2017」が開催されます。

石巻工房は、2011年の東日本大震災をきっかけに生まれた家具ブランドです。宮城県石巻市を拠点に、建築家の芦沢啓治氏が中心となり国内外のデザイナーや建築家、家具メーカーらの支援を受け、被災した地域を住民自らが復旧するための「ものづくり工房」として設立されました。特殊な工具は使用せず、自分たちの手で必要なものを作る「Do It Yourself」を提唱し、シンプルかつデザイン性の高い製品を石巻から世界へ発信し続けています。洗練されたDIY文化を確立させる事で、一歩先を行く活動へと発展し、世界中から注目を集めています。
 

本展は、石巻工房が設立当初から現在まで作成した60点以上もの家具を工房スタッフの思いと共に時系列で展示します。2011年から石巻工房がどのように成長し、地域のものづくりに根ざしてきたかを感じていただける機会となります。

また、6月15日(木)にはオープニングパーティーを、期間中は石巻工房のプロダクトの中でも人気のあるCARRY STOOLを宮城県栗駒山の杉材で制作するワークショップが開催されます。
 

■石巻工房の家具2011-2017 オープニングパーティー 概要
日時:2017年6月15日(木)
時間:19:00~(19:30よりオープニングトーク開始)
会場:DESIGN小石川 http://designkoishikawa.com
   東京都文京区小石川2丁目5-7 佐佐木ビルB棟2階
※どなたでも自由に参加できますので、皆様お誘い合わせの上、お越し下さい。

 

■CARRY STOOL ワークショップ
日時:2017年6月24日(土)・7月8日(土)
時間:11:00~/13:00~
場所:DESIGN小石川 http://designkoishikawa.com
   東京都文京区小石川2丁目5-7 佐佐木ビルB棟2階
参加費:2000円

お申込み方法:タイトルをcarry stoolワークショップとし、本文に、氏名、参加日時、参加人数、連絡先をご記入の上、info@designkoishikawa.comまでメールにてお申し込みください。

 

※本展覧会は、東根市まなびあテラスで行われた展覧会「"Do It Yourself" 石巻工房の家具2011-2017」を再構成した企画展です。

詳しくはこちら:http://designkoishikawa.com/exhibition 石巻工房の家具-2011-2017

 

 

 

【開催概要】
石巻工房の家具2011-2017
会期:2017年6月16日(金)~7月16日(日)
時間:11:00~19:00 (水曜閉館・6月29日(木)臨時休館)
会場:DESIGN小石川 http://designkoishikawa.com
   東京都文京区小石川2丁目5-7 佐佐木ビルB棟2階
協力:芦沢啓治建築設計事務所/まなびあテラス/宮本武典/
   NHKプラネット/株式会社アートエッグ/中島彩/杉の下意匠室
写真 : 尾鷲陽介
http://designkoishikawa.com/exhibition
 

 

http://ishinomaki-lab.org

 

 

 

 

about DESIGN 小石川

2016年7月、東京都文京区の小石川に、デザインと街を結ぶゲートとして機能するギャラリーとマーケットプレイス「DESIGN小石川」が誕生しました。文豪ゆかりの地として知られる、小石川。周辺には東京ドームや高層ビル群と昔ながらの商店街、閑静な住宅地や小さな印刷工場が混在し、来訪者を飽きさせません。しかし、再開発と産業構造の変化によって、この街は大きく変貌を遂げようとしています。小石川の地で、街とデザインをつなぎ、これからの可能性を拡げることを一つの目的として、ギャラリーと複数のマーケットプレイスからなる「DESIGN小石川」をオープンしました。広大なフロアにはギャラリーのほか、家具や生活にまつわるアイテムをセレクトした「TAIYOUno SHITA」を併設。マーケットプレイス内には、着生蘭を専門に取り扱う植物店「B.U.D」、厳選された食材を取り扱う「PLAIN COMPANY」も出店します。「DESIGN小石川」では、さまざまなデザインイベントに加え、地元商店主と開催するウィークエンドマーケットなどを開催しています。この場で繰り広げられるインディペンデントなデザイン活動は、国内だけでなく世界中の人々にとっても「新しい東京の顔」となっていくことを目指しています。
http://designkoishikawa.com/

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.06.08)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ