【東京都美術館】「フィン・ユールとデンマークの椅子」展 開催

 

 

 

【東京都美術館】
「フィン・ユールとデンマークの椅子」 
会期:2022年7月23日(土)~10月9日(日)

 

 

 



東京都美術館では、 2022年7月23日(土)~10月9日(日)に、企画展「フィン・ユールとデンマークの椅子」を開催いたします。 

北欧の国デンマークは、デザイン大国として知られます。シンプルで機能的なそのデザインは、ヨーロッパに波及するモダニズムをゆるやかに取り入れながらも、伝統を重んじるデンマークならではの発想のもとに育まれました。

 


フィン・ユール《イージーチェア No.45》 1945年デザイン、織田コレクション 撮影 :丸山彰一


デンマークのデザイナーのなかでも、 フィン・ユール (Finn Juhl 1912-1989) は、ひときわ美しい家具をデザインしたことで知られます。優雅な曲線を特徴とするその椅子は、 「彫刻のような椅子」 とも評されます。身体を抽象化したようなやわらなかフォルムは座って心地よいばかりでなく、彫刻作品にも似た静謐な存在感を放ち、建築や美術、あるいは日用品と濃密に響き合いながら、空間の調和を生み出す役割をも果たしているようです。

 

 


フィン・ユール《イージーチェア プロトタイプ》 1948年デザイン、織田コレクション 撮影:大塚友記憲


本展は、デンマークの家具デザインの歴史と変遷をたどり、その豊かな作例が誕生した背景を探るとともに、モダンでありながら身体に心地よくなじむフィン・ユールのデザインの魅力に迫る試みです。 椅子のデザインにはじまり、理想の空間を具現した自邸の設計や、住居や店舗、オフィスのインテリアデザイン、そしてアイデアを伝えるために描いたみずみずしい水彩画まで、フィン・ユールの幅広い仕事を知る機会にもなるでしょう。椅子という、あらゆる日常を支える身近な家具にあらためて光を当てる本展が、コロナ禍のなか新しい生活を模索する私たちが快適に生きるためのヒントを見つける機会となれば幸いです。

 

 


フィン・ユール《ボーンチェア No.44》 1944年デザイン、織田コレクション  撮影:大塚友記憲



展示構成(予定)  
第1章 デンマークの椅子
1 デンマーク・デザインのはじまり
2 デザインの父、コーア・クリント
3 家具職人組合と展示会
4 FDBモブラー、デンパルマネンテ
5 デザイナーたちの挑戦

第2章 フィン・ユールの仕事   
1 初期
2 フォルムの探求
3 生産性への挑戦
4 フィン・ユール邸
5 アメリカでの活躍
6 建築、インテリアデザインの仕事
7 1960年代から再評価まで

第3章 デンマーク・デザインを体験する
 

 

【開催概要】 
展覧会名:フィン・ユールとデンマークの椅子
会期:2022年7月23日(土)~10月9日(日)
時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館
https://www.tobikan.jp/finnjuhl/index.html

特別協力:北海道東川町、織田コレクション協力会、旭川家具工業協同組合、デンマーク・デザイン・ミュージアム、ヴィルヘルム・ハンセン財団
協力:Onecollection A/S / House of Finn Juhl、デニッシュインテリアス株式会社、カール・ハンセン&サンジャパン株式会社、フリッツ・ハンセン、スカンジナビアンリビング、ルイスポールセンジャパン、レ・クリント
助成、公益:財団法人花王芸術・科学財団 公益財団法人朝日新聞文化財団
学術協力:織田憲嗣(東海大学名誉教授)、多田羅景太(京都工芸繊維大学助教)
お問い合わせ:東京都美術館 03-3823-6921


東京都美術館
ウェブサイト: https://www.tobikan.jp  



 

 

インテリア情報サイトが運営する求人情報サイトインテリアのお仕事求人サイトをご紹介します。


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ

 

その他、インテリア情報サイトに、PR・広告掲載を希望されます企業様はこちらからお問合せください。
 →  お問合せ

 

(文:制作 PR-M _PR制作部-1  /  更新日:2022.04.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ