ミラノサローネ2018 ディーゼルリビング2018の会場を紹介

 

ディーゼルリビング2018 舞台はメキシコ
メキシコの風景や広大な砂漠をイメージ

 

 

イタリア・ミラノで世界最大規模のデザインウィークが、2018年4月17日(火)~22日(日)までの6日間、ロー市の展示会場フィエラミラノ(見本市会場)とフォーリ(ミラノ市内会場)で開催。ミラノサローネ/ミラノデザインウィーク2018の会場の様子を紹介しています。
 

速報! 史上最高 434,509人  来場者数を記録! ミラノサローネ 2018  前年比 脅威の26%増
※第57回ミラノサローネ国際家具見本市/Salone del Mobile.Milano(以下、ミラノサローネ) は初日から熱気と興奮に包まれ、6日間で188カ国以上から434,509人の来場者を集客、同じ隔年開催見本市(キッチンとバスルームの見本市)のあった2016年と比べ17%増、前年比 26%増を記録しました。(2018年4月22日(日)情報更新)

 

 

| Salone del Mobile.Milano 2018 会場

ロー市にある巨大な展示会場 フィエラ ミラノでは第57回ミラノサローネ国際家具見本市 を開催。今年の隔年開催見本市はEuroCucina2018(エウロクチーナ)とInternational Bathroom Exhibition 2018(サローネ国際バスルーム見本市2018)。

 

 

| コンセプトはOut of this World (この世界を飛び出して)

ディーゼルリビング2018ミラノサローネの舞台はメキシコ。Out of this World (この世界を飛び出して)をコンセプトにメキシコの砂漠の街からインスピレーションを受けたアイテムを展開します。今回発表されるコンクリートの質感やカラフルな色彩、熱帯植物のモチーフは太古からの地にて未来と過去が同居するメキシコの風景や広大な砂漠をイメージしたものです。

 

ディーゼル流のホテル空間を展開します。ここでは、ディーゼルリビング初となるBarのコンセプトでピカピカの「Garage Bar」が登場します。メキシコの色彩とコンクリートの質感が反映された空間では、砂漠の地平線に浮かぶ太陽のようにスラット式の鏡が並び、蜃気楼とともに不思議な雰囲気の光景を創出します。

 

 

 

ラウンジでは長いカウチと「Wunderkammer(ワンダーカマー)」と名付けられたディーゼルリビングのオブジェが並びます。「Wunderkammer」は“驚異の部屋”がテーマのオブジェで、狼やスカル、骨や蛇、サメといった自然世界からの逸品を集めたコレクションです。スタイリッシュかつ毒気のあるアイテムはどれも存在感抜群。インテリアにスパイシーな彩りを与えてくれます。

 


“驚異の部屋”がテーマのオブジェ「Wunderkammer」

 

 

 

 

ホテルのソフトスイートでは、スライド式のリネンカーテンの後ろに一体型のバスルームが隠れ、コンクリートの庭と生い茂った草木を一望できます。彫刻が施された壁やテクスチャード加工などは、メキシコの住宅からインスピレーションを受けたものです。

 

常識にとらわれないアプローチでデザインされたディーゼルリビングの幅広い製品。ブランドの世界観を反映したユニークな空間をお楽しみください。


ミラノサローネで最も注目されるプレゼンテーションのひとつであるDIESEL LIVINGは、常に新たなデザインやライフスタイルを模索し、革新的なデザインで世界に刺激を与え続けています。

 

 

DIESEL LIVING について
イタリアのライフスタイルブランド、ディーゼルのホームコレクションライン「DIESEL LIVING」。ディーゼルらしいユニークなアプローチで、個性あふれる居住空間やインテリアを演出します。ディーゼルスタイルの特徴は、ビンテージ感漂うインダストリアルな雰囲気とロックスピリット。DIESEL LIVINGのアイテムには、これらのブランドのDNAが反映され、既成概念にとらわれないデザインで個性的なアイテムを豊富に展開しています。DIESEL LIVINGのコレクションはイタリアを代表するインテリアメーカーとのコラボレーションを行っており、「Made in Italy」にこだわったアイテムで、デザインだけでなく品質においても高い評価を得ています。

 

 

About Milano Salone
毎年4月にイタリア・ミラノで行われる世界最大規模のデザインイベント。会場の中心は、ロー市にある東京ドーム11個分の広さをもつと言われる巨大展示場「フィエラミラノ」で開催の、略称でミラノサローネとも呼ばれているサローネ・デル・モービレ・ミラノ(ミラノサローネ国際家具見本市)。毎年全体で約2,000企業・団体が出展し、国内外から約30万前後の来場者がある。最先端のデザイン、インテリアが集まる国際的なイベントとして世界の注目を集めている。それに対して、ミラノ市内各所で行われるデザインイベントがフォーリサローネで、ミラノサローネとフオーリサローネを総称して「ミラノ・デザイン・ウィーク」と呼ばれている。現在活躍している多くのデザイナーやメーカーは、このイベントの出展から世界へと羽ばたいている。


> サローネ・デル・モービレ(ミラノ国際家具見本市)公式ホームページ

> ミラノサローネ国際家具見本市日本公式サイト

 

(文:PR-K_PR制作部-1  /  更新日:2018.05.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ