ミラノデザインウィーク2018速報!LEXUS「LIMITLESS CO-EXISTENCE」

 

LEXUS ミラノデザインウィーク2018 建築家 市川創太氏を起用
レクサスの思想“CO-”をテクノロジーとデザインの融合で表現
インスタレーション「LIMITLESS CO-EXISTENCE」

 

 

イタリア・ミラノで2018年4月17日(火)~22日(日)までの6日間、ロー市の展示会場フィエラミラノ(見本市会場)のミラノサローネとミラノ市内会場のフォーリサローネで世界最大規模のデザインウィーク「ミラノデザインウィーク2018」が開催されました。ミラノサローネ/フォーリサローネの会場風景を紹介します。

 

| Fuorisalone | フォーリサローネ (ミラノ市内会場)
イタリア・ミラノのデザイン・ウィークは、ロー市にある展示会場「フィエラミラノ」での ミラノサローネ国際家具見本市以外に、ミラノ市内でたくさんの展示会が開催されます。それをフォーリサローネと呼んでいます。

 

 

 

LEXUSのインスタレーション「LIMITLESS CO-EXISTENCE」は、スペースデザイナーとして建築家の市川創太氏を起用し、レオナルド・ダ・ヴィンチ記念国立科学技術博物館の一角、カヴァッレリッツェ(Cavallerizze)で開催されました。

 

| LEXUSのインスタレーション「LIMITLESS CO-EXISTENCE」

通算11回目のミラノデザインウィーク出展となる今回は、複数の要素を融合させ、その相乗効果により、既成概念や限界を越えて新しい価値を生み出すLEXUSの思想、“CO- (共)”をテーマに、お互いを深く理解し、認め、尊重し合うことで創造される、“Limitless”な(無限の可能性を秘めた)未来を表現します。これは、デザインには、平凡を非凡に変容させ、よりよい社会を創造する力があると確信するLEXUSが目指す未来の姿です。

 


 

 

スペースデザイナーとして参画する建築家 市川創太氏は、建築空間を緻密に計算するテクノロジーとデザインの融合により、作品を生み出すことで知られています。革新的な探求を続ける市川氏の思想と、LEXUSの思想が強く共鳴し、今回のコラボレーションが実現しました。

 

 

「LIMITLESS CO-EXISTENCE」のメイン・インスタレーションでは、全ての存在が、誰一人として影にならないように「共存」する世界を象徴的に表現。一見不可能にも思える「完全なる共存の状態」は、アルゴリズムによる緻密な設計で天井から吊るされた無数の糸に、たった一点の光源から、一つの影も作ることなく光を当てることで創り出されています。来場者はこのインスタレーションによって、共存と調和から生まれる可能性に満ちた未来を予感することができます。

 



市川氏が手掛けるメイン・インスタレーションでは、アルゴリズムによる緻密な設計で天井から吊るされた無数の糸に、たった一点の光源から、一つの影も作ることなく光を当てることで、完全なる共存の状態(=LIMITLESS CO-EXISTENCE)を表現しました。

 

 

「LIMITLESS CO-EXISTENCE」では、メイン・インスタレーションに加え、新進気鋭のシェフ3人によって構成されるミラノの著名なフードコーディネーター「ALTATTO」と市川氏のコラボレーションにより完成した、味覚と視覚を刺激するフードを提供。他の風味と調和しながら一体化する力を持つ、”CO-“を象徴するかのような香りのベルガモットを用いてユニークな味覚体験を創造。

 

来場者の五感を研ぎ澄ますため、味覚と視覚を刺激するフードを提供しました。このロリポップは口に入れた瞬間、ベルガモットの香りが広がります。 本イベントのシグネチャーアロマであるベルガモットは、イタリア原産のフルーツとしてそれ自体が強い香りの個性を持つと同時に、他の香りとの調和を生む、真の可能性を秘めた食材です。ベルガモットの持つ、複数の要素を“共存(coexistence)”させるというユニークな特性は、調和とバランスを生み出す“CO-(共に)”そのものと言えます。

 

さらに、デトロイトモーターショーで発表された、革新的なSUVコンセプトカー「LEXUS LF-1 Limitless」も展示。独自の技術による展示で、進化するLEXUSデザインの可能性を提示します。

 

それぞれが自分の世界の中心であり続けながら「共存(CO-exist)」できるという理想の世界をデザインの力により具現化しています。

 

 

動画を見る  → ☆ ☆ ☆

 

 

【イベント概要】
タイトル:LIMITLESS CO-EXISTENCE
会場:レオナルド・ダ・ヴィンチ国立科学技術博物館内
        カヴァッレリッツェ ( Cavallerizze)
住所:Via Olona, 6, 20123 Milano MI, Italy

テーマ:CO-(共)
展示:- 市川創太氏による「CO-」のインスタレーション
        - コンセプトカー「LF-1 Limitless」のインスタレーション
        - ミラノの著名フードコーディネーターアルタット(ALTATTO)によるフード
        - LEXUS DESIGN AWARD 2018のファイナリストによるデザイン
          (プロトタイプ4点、プレゼンテーションパネル8点)
主催:Lexus International

LEXUS DESIGN EVENT 特設サイト:https://lexus.jp/brand/lexus-design/design_events/

 

 

■スペースデザイナー・プロフィール


市川創太

dNA(doubleNegatives Architecture)主宰。従来の空間表記方法が建築の発想を制限していると考え、全方位を捉えて空間を解釈する表記方法を提案し、建築設計への応用を実践しています。過去に、Algorithmic Design Quest (ALGODeQ)における「Architecture Vanguard」賞、および「Programming Vanguard」賞、ARS Electronica ‘05、‘09における「Interactive Art Honorary Mention」、「Wonders in Annual Development and Architecture Awards (WADA)」賞など数々の受賞歴があります。都市研究室hclab.の新井崇俊氏もこのプロジェクトのメンバーとして参画しています。

dNA:http://doublenegatives.jp/
hclab.:http://hclab.jp/

 

 

■フードデザイナー・プロフィール


ALTATTO

イタリアの上質な農産物を用いて、環境、手仕事、季節性、そして伝統を重んじるベジタリアン及びビーガン料理を創造するフードコーディネーター。ALTATTOは、3人のコック、ジュリア・シャランガ(Giulia Scialanga)、サラ・ニコロージ(Sara Nicolosi)、チンツィア・デ・ラウリ(Cinzia De Lauri)で構成されます。3人は、ミラノで唯一ミシュランスターを獲得したベジタリアンレストラン「Joia」において、創設者であるピエトロ・レーマンの指導のもと、料理に対する理解と技術を深めました。

ALTATTO:http://www.altatto.com/

 

 


https://lexus.jp/

 

 

 

About Milano Design Week
毎年4月にイタリア・ミラノで行われる世界最大規模のデザインイベント。会場の中心は、ロー市にある東京ドーム11個分の広さをもつと言われる巨大展示場「フィエラミラノ」で開催のサローネ・デル・モービレ(ミラノ国際家具見本市)。略称でミラノサローネとも呼ばれている。それに対して、ミラノ市内各所で行われるデザインイベントがフォーリサローネで、ミラノサローネとフオーリサローネを総称して「ミラノ・デザイン・ウィーク」と呼ばれている。毎年全体で約3,000企業・団体が出展し、国内外から約40万前後の来場者がある。最先端のデザイン、インテリアが集まる国際的なイベントとして世界の注目を集めている。現在活躍している多くのデザイナーは、このイベントの出展から世界へと羽ばたいている。
 

> サローネ・デル・モービレ(ミラノ国際家具見本市)公式ホームページ

> ミラノサローネ国際家具見本市日本公式サイト

 

(文:インテリア情報サイト編集部-1  /  更新日:2018.04.30)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ