第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2016 開催

 

今回のテーマは「グローバリゼーションのモノ作りで成功」

 

「ギフト・ショーで会おう」を合言葉に、第81回東京インターナショナル・ギフト・ショー2016は、2016年2月3日(水) ~ 5日(金)、東京ビッグサイト全館で開催されます。


グローバリゼーションのモノ作りで成功」をテーマに開催する今回の東京ギフト・ショーでは、全国各地のメーカー発の『ファクトリーブランド』にスポットを当て、日本人ならではの繊細な技術やアイデアから生み出さられた高品質な商品をご紹介します。毎回300万点の商品が出品される東京ギフト・ショーには、こちらでご紹介した商品以外にも、既に海外で人気を博している商品など、日本発の商品が多数出品しています。

今回は特に日本のデザインや、アイデア、機能性に優れた商品と世界からの逸品が集まるギフト・ショーです。

 


“インディペンデントなクリエイターのビジネスの場” として、東京ギフト・ショーで開催されてきた「ACTIVE CREATORS」は、“才能” あふれるクリエイターと、“思い” を持ったバイヤーのためのプラットフォーム。昨年秋より、会議棟レセプションホールに会場を移し、規模を拡大して開催されます。

東京インターナショナル・ギフト・ショー「ACTIVE DESIGN & CRAFT FAIR」内に生まれた注目のコンセプトゾーン『ACTIVE CREATORS』。新進気鋭のプロダクトデザイナー/ファッションデザイナー/雑貨アーティスト/クラフトマン/デザインディレクター など多彩でインディペンデントな才能がギフト・ショーに集います。

place:    東京ビッグサイト会議棟1階 レセプションホール
ACTIVE CREATORS HALL


[開催概要]
会 期:2016年2月3日(水) ~ 5日(金)
時 間:3・4日:10:00 ~ 18:00
    5日:10:00 ~ 17:00
会 場:東京ビッグサイト(全館)
HP:http://www.giftshow.co.jp/tigs/81tigsinvitation/index.htm

※ギフト・ショーは業界関係者のためのトレードショーとなっており、一般の方のご入場はいただけません。

 

 

今回、注目のコンセプトゾーン『ACTIVE CREATORS』で2016年の新作を発表するメーカーをご紹介します。

 

日本でも有数の金属加工の産地、新潟県三条市で大正初期に創業し、家庭用の金属加工品を製造する有限会社 永塚製作所は、家庭用農具ブランド「FIELD GOOD|フィールド・グッド」を発表します。

 

ABOVE

風に揺らぎ舞い散る花びらのように、軽やかなカジュアルモデル「アバーブ」。ONの1/4の軽さでカジュアルにご使用いただけるライン。

左より 
SHOVEL DANDELION |シャベル ダンデライオン
SHOVEL COSMOS |シャベル コスモス
SHOVEL HYDRANGEA|シャベル ハイドランジア 

価格:¥900(税別)
素材:アルミ
サイズ: 278×75mm 重量:45 g 

 

 

 

ON

大地に実る彩りを装い、作業性と携帯性を追求したスタンダードモデル「オン」。適度な重みとグリップ感で使い勝手の良いライン。 

左より 
SHOVEL ONION|シャベル オニオン 
SHOVEL SPINACH|シャベル スピナッチ 
SHOVEL TRUFFLE |シャベル トリュフ 

価格:¥1,500(税別)
素材:スチール 
サイズ: 290×80mm 重量:180 g 

全てナイロンストラップ付 

 

 

IN 

地中深くに眠る鉱物が持つ、秘めた硬質な輝きを表現したハイエンドモデル「イン」。重厚感のある、光沢とマットの質感のコンビネーション。

左より
SHOVEL SILVER|シャベル シルバー 
SHOVEL GOLD|シャベル ゴールド 
SHOVEL COPPER|シャベル カッパー

価格:¥2,500(税別)
素材:スチール
サイズ: 290×80mm 重量:220g

全てレザーストラップ付 

 

有限会社 永塚製作所
http://www.field-good.jp/

 

 

 

 

全国のインテリアデザイナー・インテリアコーディネーター・ショップスタッフ・ショップバイヤー・家具デザイナー・住宅・店舗などインテリア業界の求人を紹介。→ インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-11  /  更新日:2016.01.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ