【PHOTO・REPORT】青山・表参道レポート「DESIGNART TOKYO2021」

 

 

【PHOTO・REPORT】
デザイン&アートの秋イベント「DESIGNART TOKYO2021」
青山・表参道レポート

開催期間:10月22日(金)~10月31日(日)
 

 

 

秋の東京のデザイン&アートイベントとして定着したDESIGNART TOKYO。今年は「CHANCE! ~かつてないチャンス~」をテーマに、2021年10月22日(金)~10月31日(日)期間で開催します。

 

「DESIGNART TOKYO2021」OFFICIAL SITE:
http://designart.jp/designarttokyo2021/


世界屈指のミックスカルチャー都市、東京を舞台に、世界中から集まったアート、デザイン、インテリア、ファッションなどが多彩なプレゼンテーションを開催するDESIGNART TOKYOは、時間軸を超え愛されるデザイン・アート。昨年は世界中のイベントが中止・延期となるなか、感染症対策を徹底し、分散回遊型イベントを開催。また、延べ14万人来場、オンラインアクセス約85万リーチ(合計約100万リーチ)という結果を導くことが出来ました。今年は「CHANCE! ~かつてないチャンス〜」をテーマにインターナショナルイベントとして、東京から斬新なデザイン・アートを世界へ発信。

一部ですが各展示会場の様子を紹介していきます。
 

・【PHOTO・REPORT】渋谷レポート「DESIGNART TOKYO2021-」  >>>>

 

青山

__________________________________________________________________________________

オープンイング会場:ワールド北青山ビル  ⇒  map

 

DESIGNART TOKYO 2021 INFORMATION CENTER
会場はインキュベーションスペースとして知られ、今年もインフォメーションセンターとなるワールド北青山ビル。青山通り(246)に面した全面ガラスのファサードを持つニュートラルな会場と、クリエイターの発想の原点ともなる作品群が見せるコントラストもイベントの見所のひとつ。


会場:ワールド北青山ビル)

ワールド北青山ビル正面

 

KURADASHI ~発想の原型~
倉本仁×うぶごえ×DESIGNARTがつくる新たなクリエイティブマーケット

コロナ禍によりクリエイターとユーザーとの出会いの場が限られる中、DESIGNART TOKYOは、クラウドファンディングサービス「うぶごえ」と共に、未だ市場に出回っていないクリエイターの貴重な作品を実際に目で見て購入できるイベント「KURADASHI」を開催しています。

キュレーターにはデザイナーの倉本仁氏を迎え、国内外の若手から著名デザイナーまで多くのクリエイターが参加。彼らが試行錯誤を経て生み出した作品の原型や、様々な理由でアトリエや倉庫に眠り市場に届くことの無かった秘蔵の作品を展示販売します。 購入は ⇒ https://ubgoe.com/projects/95#toc5

 

普段は手に入らない貴重な作品を、価値性に共感するユーザーへと届ける、新発想のクリエイティブマーケットです。さらにクラウドファンディングサービス「うぶごえ」によるオンライン上の商品販売と実際の展示を繋ぐことで、それぞれの特性を活かした新たな「作品とユーザーを繋ぐプラットフォーム」として多くの方に出会いをお届けします。

 


倉本仁/デザイナー
物事のコンセプトやストーリーを明快な造形表現で伝えるアプローチで、家具、家電製品、アイウェアから自動車まで多彩なジャンルのデザイン開発に携わる。Japan Creativeでは10年間続けてきたR&Dを経て2021年より理事に就任。国内外のプロジェクトを通じて幅広いクリエイターとのネットワークをもつ。


企画:DESIGNART 
協賛:うぶごえ株式会社
コーディネーター:今川拓人

参加デザイナー・アーティスト
秋山亮太、芦沢啓治、安積朋子、Anker Bak、板坂諭/h220430、we+、Victoria Wilmotte、øivind slaatto、Gabriel Tan、熊野亘、Claesson Koivisto Rune、倉本仁、GELCHOP、柴田文江、Sho Ota、鈴木元、セキユウスケ、Daniel Rybakken、寺山紀彦、DRILL DESIGN、長坂常/スキーマ建築計画、藤城成貴、前田麦、松山祥樹、mina perhonen、元木大輔、柳原照弘、山中一宏、YOY、吉行良平

 

うぶごえ株式会社/ubgoe Inc.
「あなたの初期衝動を、かたちにする」ユーザーファーストを徹底的に追求し業界初の手数料システムを導入したクラウドファンディングサービス「うぶごえ」は、今回KURADASHI企画へ協賛をいたします。また「うぶごえ」内にてKURADASHIのクラウドファンディングプロジェクトを実施し、展示品をオンラインで購入頂ける場の提供をおこないます。※うぶごえサービスサイト:https://ubgoe.com/

 

 

話題のVanMoof(バンムーフ)が今年もOFFICIAL E-BIKEとして登場

昨年オフィシャルバイクとして初登場し試乗や展示が大好評だった、話題のe-バイクVanMoof。今年も特徴的なデザインのVanMoof《S3》&《X3》を、インフォメーションセンターであるワールド北青山ビル前に展示致します。


 

また、原宿にあるVanMoofブランドストア東京では、日常生活の中で、意図せず生じたシルエットをもとに独特の作品を描く、画家の大塚健とのコラボ作品を展示予定。e-バイク《S3》&《X3》はどちらの会場でも試乗も可能です。
(詳細はオフィシャルウェブサイト・SNS参照

 

 

 

 

 

北青山

__________________________________________________________________________________

アクタス青山店  ⇒ map

アクタス エキシビション
「愛されてきた家具の『これから』を作る、アクタスの循環システム」をアクタス・青山店にて開催


愛されてきた家具の「これから」をつくるためにアクタスが実践している3つの家具の循環システムを、パネル展示、映像、実物を展示。また、株式会社アクタスの廃棄される家具をなくす「愛されてきた家具の『これから』を作る3つの循環システム」が2021年度グッドデザイン賞を受賞しました。

・「愛されてきた家具の『これから』を作る、アクタスの循環システム」開催とグッドデザイン受賞のお知らせ >>>
 

アクタスは地球温暖化対策、CO2 削減、SDGs という言葉が、一部のエコロジストだけのスローガンではなく、世界のあらゆる企業や社会活動家や個人が目指さなければならない、喫緊の課題として認知されるようになった今、人と社会と環境のために、家具の製造と販売だけでなく、回収、修理、再販売、マテリアルリサイクルといったあらゆる方法で、家具を廃棄せず、資源を無駄にしないためのサービスを強化しています

https://www.actus-interior.com/

 

 

 

 

表参道

__________________________________________________________________________________

アルテック東京  ⇒ map
オンラインでのイベントを組み合わせてイルマリ・タピオヴァーラの想いと、
私たちの暮らしとともにあるタピオヴァ―ラ製品をご紹介

新型コロナウィルスの感染拡大を受けながらも新たな日常に向かう2021年秋、アルテックは、DESIGNART TOKYO 2021の期間中、Artek Tokyo Storeでの展示や会場を使った企画とともに、instagramやZOOMによるオンラインでのイベントを組み合わせ、イルマリ・タピオヴァーラの想いと、私たちの暮らしとともにあるタピオヴァ―ラ製品をご紹介しています。

・アルテック 私たちの暮らしとともにあるタピオヴァ―ラ製品をご紹介 >>>>

 

日本公式ウェブサイト Artek Japan
https://webstorejapan.artek.fi/

 

 

 

 

表参道

__________________________________________________________________________________

CIBONE 表参道、HAY TOKYO  ⇒ map

CIBONE 表参道、HAY TOKYOでは、DESIGNART TOKYO 期間中、倉本仁氏デザインのデュポン社のコーリアンを使った新しいプロダクトブランドSupernova (スーパーノヴァ)、 波佐見焼の新しい器シリーズ “ALONGU 明論具”、コートラック”KNIT”を展示しています。

・JIN KURAMOTO STUDIO 2021年秋の展示会、イベントでの展示のご案内 >>>>


HAY TOKYO デンマークのインテリアブランド HAY とのコラボで生まれたコートラック”KNIT”の発売


 

HAY東京の店内では、KNITをデザインした際の試作や検討資料なども展示されています。3本の金属パイプを編み上げたようなアイコニックなシルエットが特徴のコートラック”KNIT"。本国デンマークでの発表を経て、このたび HAY東京でのお披露目となります。

 

 

波佐見焼の西海陶器から、新しい器シリーズ “ALONGU 明論具” が発表

「ALONGU 明論具」は、さまざまな国籍性や地域性が混在する和食の現在地を楽しみ、未来の和食を兆す器のシリーズとして発表。来春の本格的な発売開始を前に、DESIGNART TOKYO では Edition_0(ゼロ)としてさまざまな釉薬実験の姿をユニークピースとして展示・販売。今回の展示のために限定数量で製作された釉薬の表情を手にとってみてください。



https://designart.jp/designarttokyo2021/exhibitions/204/

 


 

旭川の木工メーカー・ササキ工芸から、デュポン社のコーリアン(人工大理石)を使った新ブランド Supernovaをデザイン

Supernova |スーパーノヴァは北海道旭川の木工メーカー・ササキ工芸より、デュポン社のコーリアンを使った新しいプロダクトブランドが発表されました。もともと小さな木工メーカーとして1976年に始まったササキ工芸は、手仕事と機械加工を行き来しながら、家具づくりの過程で出る不揃いな端材を活かす技術を培ってきました。その技術を活かし、人工大理石の素材メーカー・デュポン社との協業により、コーリアンの端材を使ったプロダクトシリーズを開発しました。


Supernova |スーパーノヴァ
http://sasaki-cogei.jp/

 

————————————————————————————————————————————


会 期:10月22日(金)〜31日(日)11:00 - 20:00
会 場:CIBONE 表参道、HAY TOKYO
東京都渋谷区神宮前 5-10-1 GYRE B1F ⇒ map

CIBONE 表参道
https://www.cibone.com/ci-abouts/

HAY TOKYO
https://www.hay-japan.com/ext/stores.html

HAY
https://hay.dk/en

 

 

 

南青山

__________________________________________________________________________________

会場:FLEXFORM TOKYO ⇒ map

【ライフスタイルを豊かにするデザインと発想】
FLEXFORM “Velocity of Colours” 

イタリアの美しい自然からインスパイアされた“色彩”をキーワードに、様々な色で彩るインスタレーション


(左FLEXFORM (右)BRIAN ALFRED “Cargo”

1年ぶりに開催したミラノサローネで発表された新作が揃う「FLEXFORM TOKYO」ショールームでは、建築家、石田建太朗氏によるインスタレーションおよびMAHO KUBOTA GALLERYキュレーションによる現代アート展を開催。展示タイトル「Velocity of Colours」にあるように、イタリアの美しい自然からインスピレーションを受けた“色彩”をキーワードにした空間を、FLEXFORMの新作家具とともにお楽しみいただけます。

 

 

 

 

 

_____________________________________________________________________

ロルフベンツ東京  map

10月22日(金)から11月23日(火・祝)の期間限定

ロルフベンツ東京は、学術的美術家・アーティスト / ライフアクティビストとして世界を舞台に活躍するMasa Hayami氏の斬新な世界初公開アートと、ドイツのラグジュアリーファニチャーブランドであるロルフベンツのインテリアをコラボレーションした展示会「 A tree with strong roots・根の強い木 」を、日本唯一のフラッグシップショップであるロルフベンツ東京にて10月22日(金)から11月23日(火・祝)の期間限定で開催。

Masa Hayami氏の新たな作品の数々を、ROLF BENZのアイコニックな新作アームチェア「Rolf Benz 594」をはじめ、数々の代表作による最新のインテリアの世界観とともにお楽しみいただけます。

今回の展示会では、店舗の3つのフロアでそれぞれ異なるテーマを設けて、アートとインテリアのコラボレーションを展開。

1階フロアでは、 Masa Hayami氏の新たな試みとして、多様性や人間性等にフォーカスした新プロジェクト「Human Record Project」人間記録シリーズ作品を世界ではじめて発表・展示いたします。

2階フロアは、 Masa Hayami氏が書道をヒントに制作、デジタル等を組み合わせた「J・Caliabstract 」の表現でROLF BENZの世界観を作り出します。

地下1階フロアでは、ROLF BENZのプロダクトのマテリアル、写真やペインティングを使用し、世界で唯一のアートを作り出します。

 

 

 

 

_____________________________________________________________________

ブルーボトルコーヒーがDESIGNART TOKTO 2021オフィシャルカフェに! 
作品展示やスペシャル特典も


Kathleen Reilly(キャスリーン・ライリー)

DESIGNART TOKYO 2021では、散策の途中にお立ち寄り頂けるオフィシャルカフェをご用意。ブルーボトルコーヒーの青山、六本木、恵比寿、銀座、広尾、渋谷※の6つのカフェでは、会期中にDESIGNARTの公式Instagramアカウントをレジでお見せ頂くと、ドリンク1杯ご注文につき、京都堀川三条で60年以上続くあんこ屋「都松庵(としょうあん)」とコラボレートしたコーヒーに合う羊羹、「ブルーボトル羊羹」を1点差し上げます。デザイン、アート鑑賞の合間に、お持ち帰りまたは店内でお楽しみいただけます。六本木カフェでは、若手支援プロジェクトUNDER 30に選ばれたKathleen Reillyの作品もご覧いただけます。

※対象カフェ以外は特典対象外です。※政府、自治体からの指針や発表、出店施設の方針などの状況を考慮し、営業時間が変更となる場合がございます。
 

__________________________________________________________________________________


【開催概要】
名称:DESIGNART TOKYO 2021/デザイナート・トーキョー2021
会期:2021年10月22日(金)~10月31日(日)
エリア:表参道・外苑前/原宿・明治神宮前/渋谷・恵比寿/代官山/六本木/銀座/オンライン
主催:DESIGNART TOKYO 実行委員会
発起人:青木昭夫/MIRU DESIGN、川上シュン/artless、小池博史/NON-GRID・IMG SRC、永田宙郷/TIMELESS、アストリッド・クライン/Klein Dytham architecture、マーク・ダイサム/Klein Dytham architecture
※新型コロナウィルスの影響により一部内容に変更が発生する可能性がございます。

「DESIGNART TOKYO2021」OFFICIAL SITE:
http://designart.jp/designarttokyo2021/

 

 

(文:制作_インテリア情報サイト編集部_3  /  更新日:2021.10.23)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ