フォーエバー現代美術館コレクション 「草間彌生 永遠の南瓜」展 開催

 

草間彌生の「南瓜」を含む123点の作品一挙公開!
フォーエバー現代美術館 祇園・京都、グランドオープン 
 

 
 
フォーエバー現代美術館 祇園・京都は、これまでの常設展示室3室と企画展示室1室に加え、新たに2室を拡張し、2018年5月3日(木・祝)にグランドオープンします。グランドオープンを記念し、2018年5月3日(木)~2019年2月28日(木)の期間、常設・企画展示室にて草間彌生作品(合計123点)を展示公開する『草間彌生 永遠の南瓜展』を開催します。
 

 


A PUMPKIN 2007年 油彩/キャンヴァス

 

 


|  企画展概要

展覧会では、草間彌生の代表的なモチーフの一つとして知られる「南瓜」の作品世界を中心に紹介します。南瓜の作品は、「実際の南瓜がそれぞれ豊かな表情を持っているように、わたしの南瓜だってどれ一つとして同じではない。」と草間彌生が語るように、実に様々な形、色、素材で制作されてきました。本展ではそうした南瓜作品のヴァリエーションの世界を、南瓜をモチーフにした油彩、版画、立体インスタレーション作品35点によりご紹介します。屋外に展示された巨大なパブリックアートの「南瓜」、形、色、サイズが様々な版画作品の南瓜、ミラールームの中で増殖を繰り返す「宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ」など、南瓜作品の永遠の変化の軌跡を見ることができ、どれ一つとして同じではない南瓜の世界が楽しめます。

 


第1展示室_常設展示室

 


第2展示室_常設展示室
 


第3展示室_常設展示室
 


第4展示室_企画展示_花の間

 


他二つの企画展示室では、花の間、富士の間として、それぞれの展示室名にちなんだ草間彌生による作品モチーフで構成した企画展示をいたします。花の間では、花をモチーフにした47点の作品群を、富士の間では、草間彌生が浮世絵師とコラボレーションして制作された「七色の富士」の作品シリーズ全9点を展示公開します。

また、常設展示室では、1950年に制作された貴重な初期作から1963年の「無限の網」、1992年の作家の代表作「黄樹」など、28点の作品展示により、草間彌生の初期から2000年代までの作家活動の軌跡をご紹介します

 

 

 

 

| 作品紹介(一部)

 


Amour pour toujoursCitrouille(II) 2000年 シルクスクリーン・ラメ
 


かぼちゃB 1999年 シルクスクリーン・ラメ
 


南瓜 1981年 アクリル/キャンヴァス
 


かぼちゃのひるね 1993年 シルクスクリーン
 


Pumpkin-Yellow 2006年 エッチング

 


七色の富士(オレンジ)-生命は限りもなく、宇宙に燃え上がって行く時- 2015年 木版画

 


宇宙にとどけ、水玉かぼちゃ 2010年 アルミニウム 草間彌生「十和田でうたう」展 展示風景
十和田市現代美術館(2010年)

 


私の魂を乗せてゆくボート 1989年

■展示作品数
常設展示室 : 28点
企画展示室 企画展示 花の間: 47点(花モチーフ作品)+その他3作品
企画展示 南瓜の間 : 35点
企画展示 富士の間 : 9点
屋外展示 : 1点

合計 :123点

 

 

 


| 館内紹介


 




庭園
 


庭園ギャラリー

 


ミュージアムカフェ店内

 


ミュージアムショップ

 

 

 

 

 

【企画展概要】
企画名 :フォーエバー現代美術館コレクション 草間彌生 永遠の南瓜展
Yayoi Kusama Pumpkin Forever
会期 :2018年5月3日(木)~2019年2月28日(木)
所在地 :〒605-0074京都府京都市東山区祇園町南側570-2 → map
主催 :フォーエバー現代美術館 祇園・京都
協力 :アート・コンサルティング・ファーム
開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)
休館日 :年末年始
観覧料 :一般 1,500円、中高生 1,000円、小学生以下無料

 

 

http://www.fmoca.jp/

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-4  /  更新日:2018.04.27)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ