BOOK『多肉植物の水栽培』 発売 土を使わず水だけで育てる新しい栽培スタイル!

 

 

 

土を使わず水だけで育てる新しい栽培スタイル!
植物のストレス緩和作用でリラックス&元気をもらえる
『多肉植物の水栽培』 発売

 

株式会社日本文芸社は『多肉植物の水栽培』(米原政一 著)を発売。


•水栽培とは?
水栽培とは、土を使わずに水だけで多肉植物を育てる新しい栽培スタイル。ボトルに水だけを入れて多肉植物を育てます。


 •とにかく手間いらずで生長を楽しめます
土を選んだり作ったりする手間がいらず、土が散らかって、室内を汚すこともありません。水の交換は必要ですが、水やりは不要なので、やり忘れや、やりすぎ・不足の心配がありません。ほとんど手間をかけずに、植物の生長を見守れます。室内で植物を育てるには、ぴったりの水栽培。その魅力のひとつに、ガラスなどの容器を使用するため、根の生長も観察でき、楽しみ方が広がります。水栽培の植物は、土からのストレスを受けないため、土で弱ってしまった植物も再生することも。


•初心者でも心配しない種類と育て方のコツ
本書は、初心者でも失敗しない栽培しやすい種類の紹介や育て方のコツも充実。多肉植物の他にも人気の球根植物もピックアップ。オリジナルボトルやフレームづくりのアイデアも紹介します。


•インテリアと協調できるスタイリングの実例を紹介
著者が設計を担当したショップの水栽培のレイアウトも掲載しています。実際にどんなスタイルで楽しんでいるかの、インテリアと協調できるスタイリングの実例を挙げながら、毎日の暮らしをより豊かに楽しむためのヒントを集めた一冊です。
 空間のなかで植物をどう生かすか。住まいに取り入れられる新しい発見が見つかります。

 

植物が水の中で育つ姿を愉しむ花器 AQUA CULTURE VASE(アクアカルチャーべース)>>>>
 

 

 

 


•本書の主な目次
1:室内で楽しむ水栽培
2:暮らしのなかでの水栽培の楽しみ方
3:マイ・オリジナルの水栽培に挑戦!
4:背景の色で、水栽培の見え方を変える
5:家具を生かして水栽培を飾る
6:水栽培をアートのように
7:ショップで水栽培のスタイリング
 この本に登場した植物のリスト


 
•著者プロフィール​

米原政一(よねはら・まさかず)
住宅・店舗のリノベーション設計施工をする無相創代表。既存を生かしながら、アンティーク・植物等を適所に配置して空間構成する。現在は、建築材料として自然素材をおもに使用して、自然換気で植物とともに健康的な生活環境を作ることを中心に活動している。

 

【書籍概要】
書名:多肉植物の水栽培
著者:米原政一
定価:本体1,500円+税
判型:B5変型判
 

 

▼ この本を楽天で購入する ↓ ↓

多肉植物の水栽培 土なしで育てる 新しい栽培法 [ 無相創 米原 政一 ]

価格:1,650円
(2020/12/10 15:05時点)


 •関連サイト 
手工芸を中心に美しいことやものを紹介する「つくりら」
【つくりら公式】
https://www.tsukurira.com/
【つくりら公式Facebook】
https://www.facebook.com/tsukurira/
【つくりら公式Instagram】
https://www.instagram.com/tsukurira0714/

•日本文芸社について
日本文芸社は、出版やデジタル配信で「人の心・身体・暮らしを元気に、楽しく、前向きに輝くようにする」コンテンツ創造カンパニーとして社会に貢献することを理念に掲げています。

 

 

 


■インテリアデザインの本をもっとみる >>>>> Check!!

■建築・建築デザインの本をもっとみる >>>>> Check!!

■マーケティング・デザイン本をもっとみる >>>> Check!!

■ライフスタイル本をもっとみる >>>>> Check!!

 

 

インテリア情報サイトが運営する求人情報サイトインテリアのお仕事求人サイトをご紹介します。


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ

 

 

その他、インテリア情報サイトに、PR・広告掲載を希望されます企業様はこちらからお問合せください。
 →  お問合せ

 

 

(文:制作 クリエイティブ事業部_PR / 広告-1  /  更新日:2020.12.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ