お弁当箱「GEL- COOL(ジェルクール)」ドーム型 新発売

 

お母さんの声から生まれた、保冷剤一体型ランチボックス
4時間保冷がきく旅するお弁当箱「GEL - COOL 」に待望のドーム型 登場


プラスティック用品を中心にハウスウェアグッズを展開する株式会社三好製作所は、蓋に保冷材を内包し保存能力が高いお弁当箱「GEL- COOL(ジェルクール)」最新作のドーム型を発売します。

「GEL- COOL(ジェルクール)」は、「シリーズ累計100万個販売」の冷たいものは冷たいままおいしく食べさせてあげたい、夏場のお弁当は食中毒が心配、というお母さんの声から生まれた、保冷剤一体型ランチボックスです。4時間保冷がきくので、旅をテーマに、食事を持ち運ぶ文化を楽しんでいただこうという提案のお弁当箱シリーズです。

天面がフラットなお弁当箱の蓋はどうしても盛りつけの表面が潰れてしまいます。それをドーム型にしたことで表面に空間があるため、フワッと綺麗な盛り付けをした時も潰れずキレイに見えます。GEL- COOL シリーズ初の小判型で、しっかりと手にホールドしやすくなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドーム型のしっかりと蓋と本体をホールドし開けやすいバックル機構。

 

 

 

 

 

 

フタに保冷剤が内蔵されてます。凍らせる時間は一般的な冷凍庫で一晩で、朝お料理を詰めたら、凍らせたフタをセットするだけ。

 

 

| サイズ


■L サイズ  W:227×D108×H68mm / 約900ml / 350g  
   価格:2,600 円( 税抜)

■M サイズ  W:192×D92×H68mm / 約600ml / 230g
   価格2,300 円( 税抜)

■S サイズW:115×D92×H68mm / 約300ml / 140g
  価格1,200 円( 税抜)

 

 

 

| カラーバリエーション


ミルクホワイト

 

 

 

マカロンピンク

 

 

 

マンゴーイエロ

 

 

 

 


オマールブルー

 

 

 

 

オリーブグリーン

 

 


キャビアブラック

 

 

カラーバリエーションは全部で6色。パパや部活で忙しい息子さん向けの男性でも使用できるカラーから、職場やお出かけの時に持っていく女性向けのカラーリングまで用意しています。また、大きいサイズから小さいサイズまであるので、男性からお子さんまで使用できるサイズです。

 

 

 

 


旅行や出張のお供に、美味しくて節約もできる手作り弁当が人気の昨今、4時間保冷がきくのでランチタイムに丁度いい旅するお弁当「GEL- COO L」はいかがでしょう。単身赴任のお父さんに会いに行く時、おばあちゃん家に帰省する時、手作りのお土産として大活躍すること間違いなしの商品です。

 

 

 

【商品概要】
商品名:GEL-COOL
素 材: 本体、留め具…… ポリプロピレン( 耐熱14 0℃、耐冷- 20℃ )
       保冷ブタ ……… ABS 樹脂( 耐熱60℃ 、耐冷- 20℃ )
     パッキン ……… シリコンゴム
原産国 日本
保冷効果 (20℃ 以下)の目安:冷蔵庫で冷やした食材(5℃)を入れた場合
外気温25℃で4 時間程度
※食材が25℃以上になると雑菌の繁殖が活性化することが知られています。
サイズ: S (W:115×D92×H68mm / 約300ml / 140g)
            M (W:192×D92×H68mm / 約600ml / 230g)
            L  (W:227×D108×H68mm / 約900ml / 350g)

http://www.miyoshi-ss.com/index.html

 

 


Designer  萩野 光宣
新潟県黒埼町(現新潟市)生まれ。国立富山商船高専から福島県立会津短期大学デザイン科でデザインを学ぶ。1991年からフリーランス。1999 年、有限会社エフディー( FD In c. )設立。新潟県燕三条を中心に、優れた金属加工技術・日本の道具のあり方を世界へ伝え続け、モノづくり現場とのコミュニケーションに重点を置きデザイン活動を行っている。
セルフプロフダクトとしてFD STYLE を世界10 カ国に展開。iF Design Award 、Wallpaper Desi gn Awards 、GOOD DESIGN 賞、Best100、ものづくりデザイン賞、他受賞暦多数。

 

 

 

 

 


 

(文:インテリア情報サイト編集部-10  /  更新日:2017.04.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ