フードウェアブランド「tak (タック)」のキッズディッシュ ランチボックスベア


 

外で食べるともっと楽しい!
KIDS DISH lunch box bear
キッズディッシュ ランチボックスベア

 

 

多種多様なランチボックス、食器の製造を行う株式会社竹中が、アッシュコンセプトと新たに立ち上げたフードウェアブランド「tak(タック)」のキッズディッシュ ランチボックスベアを紹介します。

石川県には3つの漆器産地があり、「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」と呼ばれています。伝統的な漆器づくりだけでなく、昭和30年代からはプラスチック(合成樹脂)の素地にウレタン塗装を施した近代(合成)漆器をつくりだし、飛躍的に成果を伸ばしたことから、伝統漆器と併せた生産額で国内トップシェアを誇ります。

株式会社竹中は山中漆器の産地に創業し、内面と側面の塗り分け、塗膜によるなめらかなサーフェスを表現する高い技術で、さまざまな食器製品を生み出してきました。伝統の技術から生まれた近代漆器は、一般的な樹脂製品とは異なる美しさと品があります。

takは、時間をかけて受け継がれてきた職人技と最先端の技術の融合によって実現しました。

tak(タック) /株式会社竹中
https://tak-takenaka.jp/

 

・キッズディッシュボウルと専用のシリコーン製の蓋を紹介





■ KIDS DISH lunch box bear キッズディッシュ ランチボックス ベア

高度な塗装技術を活かしたランチボックス。
汁漏れしにくい中蓋、一緒に詰めた食材への味移りや色移りを防ぐカップ型仕切り、しっかり止まるバンド付き。
仕切りの位置をアレンジすれば盛り付けのバリエーションが広がります。

 

<製品特徴>

● お子様が開けやすいかぶせ蓋構造。細かいパーツがなく、お手入れも簡単で清潔に使えます。
大人も使いたくなるシンプルなデザインです。
● 食洗機・電子レンジ使用可 (電子レンジご使用の際は中蓋・バンドをはずしてください。 )
*汁漏れしにくい設計ですが、完全密閉タイプではありません


 

中蓋の上にふりかけや保冷剤を乗せたり、食事の時は写真のようにプレートとしても使えます。

 


仕切りの位置をアレンジすれば盛り付けのバリエーションが広がります。デザートのプレートとして、果物を入れても。食材で目や口をつくってみるのもオススメです。
 


蓋と中蓋の間に保冷剤を入れる事もできます。
 


お子様でも止めやすいようにバンド裏面には滑り止め加工を施しています。

 

【製品概要】
価格 2,000+税
サイズ 約W146 ×D120×H49mm / 容量 約400ml
重 量 約220g
材質 本体合成漆器[PET、 ABS樹脂、ウレタン塗装 (耐熱140℃、耐冷-20℃)]
中蓋ポリエチレン カップ型仕切りポリプロピレン バンドレーヨン、天然ゴム
カラー グレー、ネイビー、オレンジ、イエロー(全4色)
日本製
 

この製品を楽天で購入する ↓ ↓

tak KIDS DISH lunch boxタック キッズディッシュランチボックス ⇒ 購入する

 

 

 

■ KIDS DISH lunch pouch キッズディッシュ ランチポーチ

美味しい!を家の外でも
保温・保冷もできるランチポーチ

キッズディッシュ ランチボックスの持ち運びにぴったりなランチポーチです。
保温・保冷機能のある内生地が外での食事をサポートします。


<製品特徴>

● ゆとりのあるつくりで出し入れがしやすい大きさです。
ランチボックスの上におにぎり、サンドイッチ、350mlのペットボトルなども
入ります。
●ライトグレーの生地をベースに、
キッズディッシュとあわせて使いやすいカラーリングに仕上げました。
● 名前を書ける洗濯表示タグ付き。
● 汚れた場合は手洗い可。(中性洗剤を使用)
アイロン使用可。(低温+当て布を使用)
*洗濯機・乾燥機・漂白剤使用不可。

 

 


紐の先がループ状になっているので、指を引っ掛けて簡単に口を閉められます。

 


内生地には、保温・保冷機能があるので、安心して持ち歩くことができます。
 

【製品概要】
価格 1,600+税
サイズ 約W250 ×D130×H175mm
重 量 約40g
材質 本体 綿100% 裏地 ポリエステル 100% シルバーコーティング
紐 ポリエステル 100%
カラー ネイビー、オレンジ、イエロー(全3色)
日本製

 

この製品を楽天で購入する ↓ ↓

tak KIDS DISH lunch pouchタック キッズディッシュランチポーチ ⇒ 購入する

 

tak(タック) /株式会社竹中
1925年の創業以来、多種多様なランチボックス、食器の製造を行う株式会社竹中が 2018年にアッシュコンセプトと新たに立ち上げたフードウェアブランド。『FUN+TOUGH+CREATIVE』をコンセプトに、人生を豊かにしたり、暮らしの大切なひとときとなる、楽しい「食べる」を提供します。
https://tak-takenaka.jp/

 

 

■ テーブルウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ キッチンウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ デザイン家電  オンラインストア >>>> もっと見る

■ 家具・インテリア  オンラインストア >>>> もっと見る

■ インテリア用品  オンラインストア >>>> もっと見る

■ 照明  オンラインストア >>>> もっと見る
 

 

(文:PR / 広告_2 制作-クリエイティブ事業部   /  更新日:2020.08.04)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ