書籍「デザインの現在 コンテンポラリーデザイン・インタビューズ」


Photo: Masaaki Inoue

 

 

 



世界でも例のない、
コンテンポラリーデザインの気鋭100組のインタビュー集。
書籍「デザインの現在 コンテンポラリーデザイン・インタビューズ」

 

 

 

建築家/ライターの浅子佳英氏が今年(2021年)創業した建築設計事務所兼出版社「PRINT & BUILD」から、デザインジャーナリスト土田貴宏氏の『デザインの現在 コンテンポラリーデザイン・インタビューズ』が発売。

発行元:PRINT & BUILD
URL:https://printandbuild.square.site/ 


『デザインの現在 コンテンポラリーデザイン・インタビューズ』は、インテリア、家具、建築などの領域で活躍する、世界各国のデザイナー100組のインタビュー集です。2000年以降のデザインは領域が多岐にわたり、表現や役割が多様化したことで全貌がつかみにくくなっています。本書は、先見的なデザイナーたちのリアルな言葉によって「デザインの現在」を把握することを大きなテーマとするもの。企業で働く人々から学生まで、デザインにかかわる幅広い人々が、その現在形を理解するため欠かせない1冊になるでしょう。

この本のキーワードは「コンテンポラリーデザイン」。コンテンポラリーとは、時代区分としての現代を意味するだけでなく、常に更新し続ける革新性、独創性、前衛性を示しています。シーンを牽引するデザイナーたちの言葉はそれぞれに、旧来の価値観を鮮やかに更新し、現代に求められるデザインを改めて定義していくのです。


著者の土田貴宏は、月刊『商店建築』に2011年から100回にわたり「デザインの新定義」を連載。本書はその内容を収録し、2000年以降のデザインを俯瞰するテキストを追加して構成したものです。著者はコンテンポラリーデザインに関する書き手として日本を代表するひとりであり、ミラノデザインウィークをはじめ、国内外の各都市のデザインイベントを数多くリポートしてきました。その経験を生かした本書は、今後さらに活躍する才能のショーケースでもあります。
 

建築家/ライターの浅子佳英が今年創業した建築設計事務所兼出版社「PRINT & BUILD」の第1冊目。編集とデザイ
ンは、日本で建築を、チューリッヒでブックデザインを学び、2020年に帰国した斧澤未知子が手掛けています。

 


Photo: Masaaki Inoue


収録デザイナー:
フォルマファンタズマ、サビーヌ・マルセリス、アナ・クラシュ、アルド・バッカー、スタジオ・スワイン、フィリップ・マルイン、リンジー・アデルマン、イ・カンホ、ノーム・アーキテクツ、ミュラー・ファン・セーヴェレン、TAKT PROJECT、寺山紀彦、クリスティン・メンデルツマ、本多沙映、牛込陽介、ロン・ギラッド、清水久和、we+、狩野佑真、キルスティ・ファン・ノールト、ディー・イントゥイティファブリック、佐野文彦、三澤遥、SPREAD、芦沢啓治、ヴィッレ・コッコネン、オリヴァー・グスタフ、インディア・マダヴィ、ディモーレスタジオ、ストゥディオ・ペペ、ネリ&フー、野本哲平、マグニバーグ、マイク・エーブルソン、ショルテン&バーイングス、ジョナ・タカギ、角田陽太、真喜志奈美、アッセンブル、太刀川英輔、イヴ・ベアール、松山祥樹、長嶋りかこ、ほか全100組


月刊『商店建築』に2011年から2019年まで100回にわたり掲載された連載「デザインの新定義」のデザイナーとのQ&Aをすべて収録。欧米や日本を中心に、アジア、南米、アフリカなどを拠点に活動する100組の新世代のデザイナーが登場。その作風や活動形態から100組を8セクションに分け、さらに2000年から現在、そして今後のコンテンポラリーデザインの動向を考察した新規テキストを追加した。全ページを輪ゴムで綴じたDIYのブックデザインは初版1000部のみの特別仕様。

 

《著者プロフィール

土田 貴宏 / つちだ・たかひろ
デザインジャーナリスト、ライター。1970年、北海道生まれ。会社員を経て2001年からフリーランスで活動。国内外での取材とリサーチをもとに、雑誌やウェブサイトをはじめ幅広い媒体に寄稿している。コンテンポラリーデザインを主なテーマとして、家具、インテリア、日用品とその周辺のカルチャーについて書くことが多い。東京藝術大学などで非常勤講師を務める。

 

【書籍概要】
「デザインの現在 コンテンポラリーデザイン・インタビューズ」
2021年6月1日 初版
著者:土田貴宏
ブックデザイン:斧澤未知子
発行人:浅子佳英
発行元:PRINT & BUILD
URL:https://printandbuild.square.site/ 
印刷・製本 Hand Saw Press, PRINT & BUILD
2,640円(2,400円+税)

 

 

PRINT & BUILDについて
建築家/ライターの浅子佳英が今年創業した建築設計事務所兼出版社。浅子は八戸新美術館(今年11月開館)の設計を手がけるほか、建築デザイン界の論客として知られる。多くの紙メディアが姿を消し、スマートフォンで見る画像に取って代わられた現在、PRINT & BUILDは「刷って建てろ」というDIY精神で印刷物と批評の場をつくる。本書はその第1冊目であり、年内に建築雑誌を創刊予定。

 

 


■インテリアデザインの本をもっとみる >>>>> Check!!

■建築・建築デザインの本をもっとみる >>>>> Check!!

■マーケティング・デザイン本をもっとみる >>>> Check!!

■ライフスタイル本をもっとみる >>>>> Check!!

 

 

(文:制作 クリエイティブ事業部_PR / 広告-1  /  更新日:2021.07.01)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ