インテリアの知識 家具Vol.4 ~ソファの構造~

インテリアの知識 家具Vol.4 ~ソファの構造~

お店や住空間、ホテル、公共の施設など、インテリアのプロフェッショナルが作り上げる空間は、華やかさや安らぎ、そして居心地の良さを感じることができ、心を豊かにしてくれます。ここではそのインテリアのプロフェッショナルを目指す人のための『インテリアの基礎知識』をご紹介します。

生活の中でかかすことのできない家具の数々、なかでもソファはくつろぎの時間を演出し、多くのひとに愛されている家具です。作り手により細かい部分は異なりますが、ここでは基本的なソファの構造と座面部分の構造をご紹介します。

 

ソファの基本構造

◆ソファと座面

ソファの座り心地を決める重要な素材である衝撃吸収材。ソファの座面の部分に使用されている衝撃吸収材は主にコイルスプリング、S字スプリング、力布(ベルト)の3種類に分かれます。

使用される衝撃吸収材によって座り心地や耐久性が変化します。コイルスプリングは反発力が最も高く耐久性も最も高いため高級ソファによく使用されます。衝撃吸収材の中で最も多く使用されるのがウェービングベルトです。スプリングより弾力性、耐久性は劣りますが、低コストな為人気があります。

 


コイルスプリング

渦状のバネをフレーム上に並べて、丈夫な紐や鉄線で連結させます。反発力が高く耐久性も高く底づき感のないクッション性が得られます。
 

コイルスプリングをふんだんに使用したイタリアの高級家具ブランド「ポルトローナフラウ」ソファの内部構造 
(ミラノサローネ2011より)
 

ポケットコイルスプリング

ひとつひとつのバネが独立しているので荷重が加わったときにそれぞれで荷重を支えるため柔らかな弾力性を得ることが出来ます。
 

S-スプリング(Sバネ)

S字の形をした鋼製バネを連結棒でつないだバネで、最も一般的なスプリングです。コイルスプリングや、ポケットコイルに比べ、弾力性は劣りますが、座のへたりを防ぐ為、通常はふくらませるように山形に張ります。
 


ウェービングベルト

力布の一種。糸に巻いた細いゴムを編んだもので衝撃吸収材の中で最も多く使用されています。復元性に劣るので長い間使っていると伸びてしまうこともあります。精度は落ちますが軽さと低価格が特徴です。
 

 

次回は、ベッドについて見て行きます。

 

 

 

 

 

【デザイナーズインテリア製品を購入できるショップ】

センプレ

ヤマギワ オンラインストア

-MoMA Design Store(オンラインストア)

MoMA STORE

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-12  /  更新日:2013.07.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ