vol.49 テレンス・コンラン

「デザイナーをもっと知ろう!!」第49弾、テンレス・コンラン(Tenrece Conran)

各国の建築・インテリアデザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・インダストリアルデザイン業界の有名デザイナーを紹介していく、「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。第49弾は、イギリスの家具デザイナー、インテリアデザイナー、テレンス・コンラン(Terence Conran)です。

 

<経歴>

1931年 イギリス生まれ
1952年 Conran & Company設立
1956年 Conran Design Group設立
1983年 Sirの称号を授与
1983年 The Conran Foundationを設立

 

ライフスタイルをデザインするテレンス・コンラン。
衣食住という、日常生活すべての質の向上を目指すコンランは、家具・キッチン用品・インテリアのデザイン、建築にレストラン事業など様々な分野に進出し、時代を超えて万民に受け入れられるデザインを手がけている。

 

Habitat◆ Habitat / 1964年

ロンドンにオープンしたHabitatの1号店

イギリス初のライフスタイルショップとなったHabitat。
斬新なデザインを特徴としたライフスタイルショップのチェーンに成長
 

The Conran Shop◆ The Conran Shop / 1973年

コンラン・デザインの商品と、世界中からセレクトした家具や家庭用 品を扱うショップとしてロンドンにオープン。
現在ではロンドン、パリ、ニューヨーク、東京、福岡、名古屋に店舗を持つ。
 

Bibendum◆ Bibendum / 1987年

建屋は、1911年に"Michelin House" としてオープンした古いビルで、1985年に売りに出された際に、コンランが買い受けてリノベーションし、87年の11月からBibendum Restaurant & Oyster Bar、Conran Shopとしてオープンさせた。
 

Das Triest◆ Das Triest / 1995年

ウイーンにオープンしたダ・トリエスト。

アールヌーボーとコンラン・テイストが融合された、コンラン卿初のホテル作品
 

Guastavino's◆ Guastavino's / 1999年

初のアメリカ進出としてニューヨークにオープンしたレストラン

マンハッタンとクイーンズを結ぶ橋"イースト・クィーンズ・ボロ"のたもとに造られた店内は、橋げたがそのままインテリアにもなっている。
 

ボタニカ◆ ボタニカ / 2007年

東京ミッドタウンにあるコンランレストランの日本1号店

“ボタニカ”はボタニカル(植物園)をイメージ。

エントランスをくぐると大きな葉のモチーフを描いたガラス壁面が目に入り、店名どおり広い豊かなガーデンテラスが開放感を演出するレストランとなっている。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2012.03.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ