vol.59 ポール・ケアホルム

「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。第59弾、ポール・ケアホルム(Poul Kjærholm)

各国の建築・インテリアデザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・インダストリアルデザイン業界の有名デザイナーを紹介していく、「デザイナーをもっと知ろう!!」シリーズ。第59弾は、デンマークの家具デザイナー、ポール・ケアホルム(Poul Kjærholm)です。

 

ポール・ケアホルム(Poul Kjærholm)<経歴>
1929年 デンマーク、オスターヴゥロー生まれ
1950-52年 ハンス・J・ウェグナーの事務所に勤務
1952年 コペンハーゲン工芸学校卒業。フリッツ・ハンセン入社
1952-56年 コペンハーゲン工芸学校講師
1953年 建築家ハンナ・ダムと結婚
1955-76年 コペンハーゲン王立美術アカデミー講師
1973年 デンマーク・デザイン協会会長就任
1976-1980年 コペンハーゲン王立美術アカデミー学長
1980年 死去

 

当時のデンマークデザインは人の温もりを感じるような木製家具が主流でした。ハンス・J・ウェグナーの「Yチェア」しかり。ボーエ・モーエンセンの「J39」しかり。そんな中ポール・ケアホルムは、まだ家具の素材として一般的ではなかったスチールを木などと同様に芸術的な天然素材と考え、金属を取り入れた家具を次々と発表していきました。

 

PK-22◆ PK-22 / 1955年

ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナチェアを超えようとデザインされたと言われている作品。

1957年にこの作品でミラノトリエンナーレグランプリを獲得しケアホルムの名を世界に広めることとなった。

シートは革張り、籐張り、スエードの3タイプがある。
 

PK-24◆ PK-24 / 1955年

ポール・ケアホルムのデザインの特徴を最も際立たせているチェア

スチールを使った作品が多い中、この作品はステンレスを使用した作品。

ステンレスフラットバーでできているベースの上に薄いステンレスのベルトが渡してあり、その上に籐張のシートが載っている。ベースとシートのパーツ同士に接続部はなく、重力と摩擦によってパーツ同士を支えるような構造体となっている。
 

PK80◆ PK80 / 1957年

必要最低限のデザインで最大の崇高を表現することを目的に作成されたベンチ。

ケアホルムの作品の中で最も洗練され、印象的な美しさを持つデザインアイコンの一つ。

どんな空間にもマッチするこのベンチはMoMAでも使われている。
 

PK-9◆ PK-9 / 1960年

ユニークな3本脚で構成されたチェア。

この椅子のシェルのフォルムは妻ハンナが砂浜に座ってできた跡にインスピレーションを受けたものだと言われている。
 

PK-20◆ PK-20 / 1967年

シートがスプリングスチールの脚部から浮かせてジョイントされており、上下左右にロッキングが可能。
宙に浮いているような座り心地のチェアとなっている。
 

PK-27◆PK-27 / 1971年

ジョン・F・ケネディ・センターのためのイージーチェア(1965)をリ・デザインしたもの。
木製で、逆U字形の脚とシートとはゴムのブロックでジョイントされ、キャンティレバー構造になっています。 

1973年にこのチェアでデンマーク・インダストリアルデザイン賞を受賞している。
 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・インテリアデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部12  /  更新日:2012.06.02)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ