+d の癒しのキッチングッズ “無限ネコ製造機” “ハッピーバード” “カップメン”

 

 

 

+d の癒しのキッチングッズ 3点を紹介
ネコシルエットを無限にうみ出す“無限ネコ製造機” 
Scraper & Brush“ハッピーバード”
カップメンのお供“カップメン”

 


 

デザイナーのアイデアを形にし、モノに込めたメッセージを届けるアッシュコンセプトのオリジナルブランド+d(プラスディー)の癒しのキッチングッズを紹介します。

 

 

▼ネコシルエットを無限にうみ出す“無限ネコ製造機”

カップ型のネコで、ネコシルエットを無限にうみ出す“無限ネコ製造機”として2019年7月の発売以来、注目を集め続けている『ネコカップ』に、子ネコが登場しました。海辺や砂場、雪の日だけでなく、家の中ではオブジェとして、食べ物の『コネコカップ』型として楽しめます。

お茶碗一杯分のご飯でネコがつくれるように設計されています。子ネコライスに子ネコカレー、子ネコゼリーや子ネコシャーベット。食べるのがもったいない子ネコ料理が出来上がります。誰でも簡単かつ綺麗に形作りやすいサイズだから年齢を問わず、お子様から大人まで楽しめます。

 

【製品概要】
コネコカップ
価格:1870円(税込)
サイズ:約W75 ×D90×H85mm
重量:約40g
材 質:竹配合 バイオマスプラスチック
製造国:日本製
カラー:ビオブラック、ビオホワイト、ビオベージュ(全3色)



▼大きなネコカップも購入する
価格:2970円

サイズ:W23.3×D12.1×H9cm
製品重量:0.15kg
材 質:竹配合 バイオマスプラスチック
製造国:日本製
カラー:ビオブラック、ビオホワイト、ビオベージュ(全3色)

 

 

 

 


▼キッチンにゆらゆらとまる鳥のかたちのScraper & Brush『 Happy Bird 』

Scraper & Brush『 Happy Bird 』は、頭がヘラ、尾っぽはブラシのキッチンにゆらゆらとまる鳥のかたちのキッチンツールです。頭とお腹のカーブでクリームなどの食材をしっかりすくえ、尾っぽで艶出しの卵やソースをさっと塗ることができます。

●キッチンを汚さない絶妙なバランス
尾っぽが上を向いているので、使用中や使用後も水気をさっと切って置くと、キッチンを汚さずに自立します。ついつい収納の奥にしまいがちなスクレーパーとブラシ。ハッピーバードは置いてあるだけで、気分も楽しくなるのでキッチンにゆらゆらさせていれば、必要な時にしっかり働いてくれます。
 


クリームなどの食材をしっかりすくう適度にコシがある柔らかさでなめらかにフィット。食材を最後まですくったり、食器などをきれいにします。自立するので必要な時にパッと手に取れ、ヘラとブラシ、好きな用途で使えます。キッチンに置いて気分も楽しくなります。

【商品概要】
ハッピーバード
価格:1,100円(税込)
サイズ:約W120 ×D13×H80mm
重量: 約40g
材 質:シリコーン
生産国:日本製
カラー:ブラック、ホワイト、オレンジ<

 

 

 

 

 

 

 

▼ 待機しているときも、癒しのキャラクターにCup men カップメン 

カップラーメンを召し上がるときに重宝するフタ押さえをしてくれるCup menです。お湯を注いだ後、めくり上がりそうになるカップのフタを食べごろまで一生懸命おさえてくれます。

カップメンが徐々に熱に反応し、白く変色していきます。出来上がりまでの数分間、と一緒に楽しくお待ちください。見た目の楽しさだけでなく、中身も備わったしっかりもの。いろいろな形状の容器にフィットし、いろいろなフタでもしっかりと押さえることができる体重になっています。 

 

【製品概要】
Cupmen カップメン
価格:880円(税込)
サイズ:幅5.6×奥行き5×高さ4.6cm
重さ:約12g
素材:シリコーン
カラー:ピンク、オレンジ、グリーン(ブルー)

 

 

 

 

アッシュコンセプト
www.h-concept.jp

 

 

■ テーブルウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ キッチンウエア オンラインストア >>>> もっと見る

■ デザイン家電 オンラインストア >>>> もっと見る

■ 家具・インテリア  オンラインストア >>>> もっと見る

■ インテリア用品 オンラインストア >>>> もっと見る

■ 照明 オンラインストア >>>> もっと見る

 

 

 

 

(文:PR / 広告_3 制作-クリエイティブ事業部  /  更新日:2020.09.07)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ