イデーショップ 自由が丘店 「バルトのクラフトとデザイン」開催

 

 

イデーショップ 自由が丘店
バルトのものづくりを紹介する展示会
バルトのクラフトとデザイン 開催

 

 

イデーショップ 自由が丘店では、リトアニアのクラフトやデザインを幅広く取り扱う「LTshop」と、ラトビアを中心に丁寧な手仕事を提案する「Kameli apartment」による、バルトのものづくりを紹介する展示会を、2018年11月30日(金)~12月25日(火)の期間開催します。

暮らしに根差したクラフトが今も息づくバルトの国々。昔は暮らしの中で当たり前のように存在していた手仕事の中には、作り手の高齢化と継承する若手が少ないことから、存続が危ぶまれているものもあります。本展では、伝統的な製法を継承して一点一点手をかけて作られる陶器やかごなどの生活道具を中心に、手織りのテキスタイル、アパレルなどをご紹介します。作り手たちが丁寧に作り続けてきた手仕事の数々は、日々の暮らしに寄り添ってくれることでしょう。
 

 

|商品紹介 (一部)

日常生活の中で使うほどに愛着が湧くものから遊び心に溢れた新しい感覚のデザインアイテムまで、日々の暮らしに寄り添ってくれるものづくりを取り揃えました。

リトアニアンミトン

リトアニアの伝統的なミトン。三角屋根のような形と縁のフリンジ、美しく編み込まれた文様が特徴です。色糸が贅沢品だった16世紀頃のリトアニアでは、有色ウールを使って模様編みを施して、装飾しました。リトアニアの伝統工芸品の認定を受けていた作り手のスタニスラヴァさんによる作品。

 

 

 


点描の陶器

現在ではイースターエッグとして伝承されている卵に施すリトアニアの伝統的な点描の装飾からインスパイアされた陶器コレクション。リトアニアの陶芸家ヴィガンタス・ヴァサイティスさんの仕事です。ヴィガンタスさんは、伝統的な製法の作陶を研究・継承し、電気を使わず足で蹴って回す蹴轆轤を自在に使いこなします。シンプルな陶器ながら、圧倒的なデッサン力を感じる点描の意匠がフォークとモダンの融合を感じさせます。

 


 

 

柳のかご

その道26年というベテランのかご作り職人シギタス・ユクネヴィチュスさんが作る柳のかご。材料を太さ毎に選別し、使用する箇所に合わせて細かく使い分けています。柳はリトアニアのかご作りで最もよく用いられる材料ですが、シギタスさんの丁寧で美しい手仕事は群を抜いています。

 

 



 

手織りのラグ

職人さんの手により織られるラグはすべてが世界に一枚だけのもの。たとえ同じ色目であっても、全く同じ織りはありません。生活道具でありながら空間を引き立たせる美術品にもなるラグは、タンスや棚、鏡の前やベッドサイド、タペストリーのように壁に飾るのもお勧めです。常に目に触れたり行き交う場所にこそ、美しく、経年変化を愉しめるものを使いたいものです。
 

 


LTshop
2013年外苑前にオープンした、リトアニアのクラフトとデザインを扱うセレクトショップ。日本各地で企画展やポップアップショップを手掛け、クラフトとデザインを通して、リトアニアのライフスタイルや文化を伝えている。
 

Kameli Apartment
2012年に神戸にオープンした生活道具店。2018年に沖縄県八重山諸島の一つ、黒島に拠点を移し、伝統を継承した海外の生産者とのものづくりを通じて日本の気候に合った使い心地のいい生活道具を紹介している。

 

【開催概要】
バルトのクラフトとデザイン LTshop + Kameli apartment
期間:2018年11月30日(金)~12月25日(火)
場所:イデーショップ 自由が丘店
        東京都目黒区自由が丘2-16-29 → map
TEL:03-5701-7555
https://www.idee.co.jp/shop/jiyugaoka/

 

 

 

■イデー(IDÉE)
1975年にイギリスからのアンティーク文具等を扱う骨董商として創業、82年から本格的に家具の製作をスタートした東京発のインテリアブランド。「イデー(IDÉE)」とはフランス語で「理念」を意味する。伝説の照明作家セルジュ・ムーユをはじめ、駆け出し時代のマーク・ニューソンなど、有名無名を問わず国内外の気鋭のデザイナーらと協働しオリジナル家具や照明を発表。その活動は高く評価され、各国のミュージアムコレクションとなっているアイテムも数多く、世界のデザイン史にその名を刻む。それと同時に「生活の探求」を長年のテーマに掲げ、直営のイデーショップを舞台に、オリジナルの家具を起点としたインテリア雑貨、グリーン、アート、音楽、イベントなどを通じて「自分なりのこだわりを持って毎日を丁寧に過ごすこと」をさまざまな形で提案し続けている。

logo_idee.png
www.idee.co.jp

 

(文:IDÉE  /  更新日:2018.12.03)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ