杉田エース nendoデザイン ミニマルな簡易トイレ「minimLET」発表

 

杉田エース nendoデザインの
ミニマルな簡易トイレ「minimLET」発表

 

杉田エース株式会社は、佐藤オオキ率いるデザインオフィス nendoデザインの新しいプロダクト、簡易トイレ「minimLET」を発表しました。
 

「minimLET」は、現代の都市空間における環境を踏まえ、日常生活で当たり前に使われているものを「流用」し、さらに1つのものが複数の役割を「兼任」することで機能が補完するというデザインです。そのため、必要最低限のアイテムで機能する簡易トイレです。

 

2011年の東日本大震災や2016年の熊本地震など大規模な災害において、交通網の麻痺や食料不足、電気・ガス・水道といったインフラ設備の断絶もさることながら、避難生活におけるトイレの不足は大きな問題でした。その後、様々な簡易トイレが開発、販売されるようになったものの、依然として普及していないのが実情です。
 

| 簡易トイレ「minimLET」の中身


 

 

バッグは最厚部でも100mm程度とスリムなため、複数を重ねて収納したり、車のトランクに入れたりしても場所をとりません。16リットル分の生活用水(約2回分のトイレを流せる量)の運搬ができるバケツとしても使えるように、底マチをつけ防水仕様にしました。

 

持ち運び用のバッグの中には、アルミ製パイプと便座、テント用のナイロン布、ポケットティッシュ、ゴミ袋と凝固剤の6つのアイテムがコンパクトに収まります。便座の内側は細かいパーツ類を収納する容器にもなります。

 

 

 

 

| 簡易トイレ「minimLET」 組み立て

都市空間における避難生活においては様々な日用品や廃材があります。

 

 

 

 

 

 

 

便座本体は、細かいパーツ類を収納する容器として「兼任」が可能。便座の脚には2リットルサイズのペットボトルやスチール製の缶を、目隠し用のテントの構造体にはビニール傘といった日用品を「流用」することができます。

 

コンセプト動画 :

 

nendo website : http://www.nendo.jp/jp/works/minimlet/

Photos : 吉田 明広

 

※minimLETは2018年発売予定です。
※一部仕様が変更になる場合もございます。

 

杉田エース株式会社は、佐藤オオキ率いるデザインオフィス nendo|ネンドが手がける防災セット「 MINIM+AID|ミニメイド」を発売を2016年8月開始 → → ☆ ☆

 

 


http://www.nendo.jp/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2017.12.28)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ