東京ミッドタウンにて『アリタノカタチ』企画展 開催

 

有田焼を「知る」「感じる」「買う」「使う」 ―
特別な体験の場を東京・ミッドタウンにて展開!

 

佐賀県では、有田焼創業400年事業の一環として、有田焼の潜在的な魅力を掘り起し国内市場の再活性化を目指す「ARITA Revitalizationプロジェクト」、全国の伝統的工芸品産地と連携して伊万里・有田焼産地の活性化を目指す「産地間コラボ事業」に取り組んできました。

9月16日(金)~19日(月)までの4日間、これらプロジェクトを通じて生み出された成果を幅広い方々に紹介し、体感してもらうべく、高感度な人々が集う情報発信拠点・東京ミッドタウンにて『アリタノカタチ』と題した企画を展開します。

プロジェクトを通じて開発した商品を展示・販売するほか、隣接するコートヤードでは、レストランなど業務用として開発した新ブランドの器を使って、佐賀の地の食材を活かした料理を提供する屋外レストラン「ARITA Bowls & Marche」を出店。有田焼を「知る」「感じる」「買う」「使う」、特別な体験の場を提供します。

 

 

 

開催内容

(1)アトリウム(屋内)
○有田焼を“知る” 『有田焼400年の歴史展・トークショー』
展示・トークショーを通じて、有田焼400年の歴史をご紹介します。
※トークショーは9/16(金)18:00~

○有田焼を“感じる” 『伝統工芸士による実演・体験』
伊万里・有田焼伝統工芸士が匠の技を披露するほか、有田焼の魅力を体感頂けるワークショップ等を開催します。

○有田焼を“買う”  『プロジェクト開発商品の販売』
「ARITA Revitalizationプロジェクト」「産地間コラボ事業」で開発した商品を紹介・販売します。

 

 

(2)コートヤード(屋外)
○有田焼を“使う”  屋外レストラン 『ARITA Bowls & Marche』
レストランなど業務用に開発した新ブランド「PRODUCT JAPAN」の器を使用して、佐賀の食を提供します。

 

 

『ARITA Revitalizationプロジェクト』

有田のものづくりの歴史をたどり、これまでに培ってきた資産を活かして生活雑貨としてのリブランディングを図る「つたうプロジェクト」、経営改善や商品の再編集を軸に個別事業者のブランディングを図る「リバイタライズ・プロジェクト」、既存技術や型を活かして高付加価値な業務用食器の新ブランド構築を目指す「業務用ブランディング」、これら3つの事業を通じて国内市場の活性化を目指す取り組みが『ARITA Revitalizationプロジェクト』です。

参画する窯元・商社は、各社に伝わる独自の個性を深掘りして磨き上げ、新しい価値と魅力を持った新ブランドとして提案していきます。

 

○「つたうプロジェクト」 12社
貝山製陶所/皓洋窯/渓山窯/しん窯/親和伯父山/副千製陶所/田清窯/伝平窯/陶悦窯/福珠窯/文翔窯/利久窯    
URL: http://tsutau-arita.jp/

○「リバイタライズ・プロジェクト」 4社
梶謙製磁社/瀬兵/副久製陶所/文山製陶

○「業務用ブランディング」 8社
貝山製陶所/渓山窯/田清窯/田森陶園/辻与製陶所/文山製陶/乃利陶窯/利久窯
URL: http://productjapan.jp/

 

『産地間コラボ事業』
全国の伝統的工芸品の産地と業種の枠組みを越えた交流・連携を図り、伊万里・有田焼産地の活性化を目指すプロジェクトです。伊万里・有田焼産地と全国各所の伝統工芸士の共創による新製品製作&商品化を目指す「ものづくりプロジェクト」、産地の次世代を担う団体の相互交流を通じて課題解決に取り組む「人的交流プロジェクト」を推進しています。これに加え、伊万里・有田焼伝統工芸士自らが、マーケティングや販促のノウハウを学び、多様化する市場ニーズに対応できる人材育成を目指す「商品企画・販売力強化プログラム」を推進しています。

 

○「ものづくりプロジェクト」 参加9産地
本場大島紬(鹿児島県)、江戸切子(東京都)、越前和紙(福井県)、琉球絣(沖縄県)、輪島塗(石川県)、山中漆器(石川県)、高山茶筌(奈良県)、井波彫刻(富山県)、紀州漆器(和歌山県)


○「人的交流プロジェクト」 参加9団体・16産地
燕銅器工芸組合(燕鎚起銅器)、高岡伝統産業青年会(高岡銅器・高岡漆器)、漆人五人衆(川連漆器)、石川県九谷  陶磁器商工業協同組合連合会(九谷焼) 美濃焼伝統工芸品協同組合(美濃焼)、福井7人の工芸サムライ (越前漆器、 越前箪笥、越前和紙、越前打刃物、越前焼、若狭塗、若狭めのう細工)、会津漆器協同組合青年部(会津漆器)、東京都染色工業協同組合青年部(東京染小紋)、萩陶芸家協会(萩焼)

 

○「伊万里・有田焼伝統工芸士 商品企画・販売力強化プログラム」 参加9名
・伊万里市 梶原 眞理江(アトリエまりゑ)、川村 正、川副 隆彦(虎仙窯)
・武雄市 坂口 敏隆(宝泉窯)
・有田町 大串 惣次郎(陶房 惣次郎窯)、秋月ちぐさ(久保田稔製陶所)、
          金ヶ江 省平(陶祖 李参平窯)、松尾 せつ子(田清窯)、立石 郁子(株式会社香蘭社)

 

 【開催概要】
「アリタノカタチ」
会期:2016年9月16日(金)~19日(月・祝)
時間:11:00~21:00
会場:東京ミッドタウン ガレリアB1
住所:東京都港区赤坂9−7−1

※本年11月には、舞台を佐賀・有田に移し、『アリタノミライ』と題し、全国のつくり手などが一堂に会するフォーラムを実施します。

 

 

 

 

 

日本初の磁器として、佐賀県が世界に誇る有田焼は、2016年(平成28年)に創業400年を迎えます。佐賀県ではこれを機に、有田焼発展の礎となった400年の歴史を「EPISODE 1」と位置づけて区切りをつけ、新しい有田焼の物語を綴る全17プロジェクト「ARITA EPISODE 2」に取り組んでいます。

http://arita-episode2.jp/ja/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2016.08.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ