寺田倉庫、4隻の色とりどりの小舟からなる水上ホテル「PETALS TOKYO」をオープン

 

 

寺田倉庫、水上ホテル「PETALS TOKYO」をオープン
~4隻の色とりどりの小舟からなるホテル、運河の街・天王洲に誕生~

 

 

寺田倉庫株式会社は、天王洲の運河に浮かぶ水上ホテル「PETALS TOKYO(ペタルス トーキョー)」を2020年11月9日(月)にオープンしました。

寺田倉庫株式会社が拠点とする天王洲エリアは、江戸文化の名所「品川宿」に隣接し、伝統文化と現代文化が交わる地として注目を集めており、水辺空間と現代アートを体感することができる貴重なロケーションとされています。羽田空港からのアクセスもよいことから、その来訪者数は年々増加傾向にあります。

「PETALS TOKYO」は、滞在型観光の推進を目的とした天王洲運河の水上に佇むコテージタイプの宿泊施設です。周辺の電柱を地中化・植栽を行ったことにより、品川駅から徒歩圏内の都会にありながら、運河の街特有のゆったりとした時間、自然との融合を感じられる空間に仕上がっています。また、客室アメニティには自然由来の素材や再生可能資源を用いるなど、環境に配慮したホテルづくりを推進します。

 

PETALS TOKYO の宿泊プランをみる>>>>>

 

PETALS TOKYO
倉庫街からアートシティへと変貌を遂げた東京・天王洲に、水上ホテル「PETALS TOKYO」が誕生しました。イベントスペース「T-LOTUS M」とともに、天王洲の運河沿いに停泊する4隻の色とりどりの小舟からなるホテル。あたかも水面に浮かぶ蓮の花びらのようであることから【PETALS:花びら】と命名いたしました。古くから運河の街として発展したアムステルダムの「ハウスボート」のように、ハンドクラフトの味わいを大切にし、それぞれ異なるデザインコンセプトを持つ4隻。内装はどれも個性的かつプレミアムな空間に作り上げました。川と海の「交差点」の役目を持つこの運河は、アジア屈指の大都市である東京と、その先に広がる世界をつなぐ場所。都心の喧騒を遠くに聴き、水辺ならではの自然を感じることができる、唯一無二の空間です。
 

寺田倉庫株式会社は、アートコンプレックス・ミュージアム・画材ラボといった芸術文化発信施設を運営するなど、世界一のアートシティを目指した街づくりに取り組んでいます。本施設の運営を通じて、運河の街・天王洲の新しい魅力を生み出していきます。


 

【施設概要】
名  称:PETALS TOKYO(ペタルス トーキョー)
所 在 地 :東京都品川区東品川2-1 T-LOTUS
アクセス:りんかい線 天王洲アイル駅 B出口より徒歩7分
     東京モノレール羽田空港線 天王洲アイル駅 中央口より徒歩8分
客  室:4室(定員2名/室、40~45平方メートル )
室内設備:ベッド・ソファ・ダイニングテーブル・ライティングデスク&チェア・テレビ・Wi-Fi(無料)・エアコン・トイレ・シャワー・タオル・バスローブ・加湿器・ドライヤー・コーヒーメーカー・セイフティボックス・アイロン
予  約:インターネットもしくはお電話より承ります
     予約サイト:https://www.terrada.co.jp/ja/service/space/petals-tokyo/
     電話予約 050-5491-2681(受付時間 10:00~17:00)
宿泊料金:1泊1室あたり 80,000円~(朝食付き)
利用条件:15歳以上、ペット不可
公式Instagram:https://www.instagram.com/petalstokyo/
※当施設は不定営業のため、営業日は予約サイトよりご確認ください
※当施設は多目的水上施設小舟を活用し宿泊体験を提供することで、水辺エリアのさらなる活性化を目的としています
※当施設は政府による観光振興策「Go To トラベルキャンペーン」の対象宿泊施設です

 

PETALS TOKYO の宿泊プランをみる>>>>>


【寺田倉庫について】
1950年創業の寺田倉庫は、保管するものの本質を学び、極めて最適な条件で保存するために、積極的な設備投資を行っています。また、従来の倉庫業の枠組みを超え、保管だけに留まらず、お預かりしたものの価値を高めて後世に引き継ぐための保存や修復、及び空間活用のノウハウを活かして文化発信の拠点となる事業を積極的に進めています。



U  R  L:http://www.terrada.co.jp

(文:PR-W_PR制作部-5  /  更新日:2020.11.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ