デザイン&アートフェスティバル 「DESIGNART TOKYO 2018」 開催

 

 

【この秋編集部のお薦めコト・モノ】
DESIGNART TOKYO 2018
ー デザイン・アートが織りなす感動の入口 ー
今年、さらに加速するDESIGNART TOKYO / デザイナート・トーキョー。
世界から感動をもたらすデザイン・アートが東京に集結!

 

 

DESIGNART TOKYO 2018は今年2年目を迎え、より国際色豊かに、さらにパワーアップして開催するデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART TOKYO 2018」を10月19日~10月28日まで開催します。


「デザイン&アートフェスティバル DESIGNART TOKYO」は、世界屈指のミックスカルチャー都市「TOKYO」を舞台に世界中からデザイン、アート、ファッション、食、テクノロジーなどを集めて、街全体が美術館化する10日間のデザイン&アートフェスティバルです。昨年開催された「デザイナート 2017」では、初開催にも関わらず若手気鋭デザイナー、アーティストから世界的有名ブランドまで72会場、約200組が参加し大きな反響を呼びました。「デザイナート・トーキョー 2018」では、さらにジャンルを拡大し世界中からクリエーションが集結します。

オフィシャルWEBサイト:http://designart.jp

 

 

|   展示会場を一部紹介
 

■ 南青山


・2021#Tokyo Scope
アーティスト藤元明と建築家永山祐子によるインスタレーション作品。2016年より藤元が主体となり始められた進行中のアートプロジェクト「2021」は、2020年のオリンピック・パラリンピック後の東京、そしてその先の日本を考える象徴として作られています。永山氏が「2021」を、東京という都市空間の中で拡張するコンセプトを提案。会場のエイベックスビルは、新国立競技場などのヘリテッジゾーンと、六本木ヒルズを含む東京ベイゾーンの2方向を串刺すように建てられています。会場の持つ都市軸に、2021年に焦点を合わせた時間軸を重ねる。この2つの軸線の焦点を可視化し、東京のこれからを問うていきます。

会場 東京都港区南青山3-1-30 エイベックスビル → map
時間:10:00-19:00

 


「"PIXEL" B&B Italia Tokyo × Hiroto Yoshizoe」 
B&B Italia Tokyoが若手クリエーター支援の一環として展示空間を提供。協働によって新しく生まれた新設計のPIXELを「DESIGNART」及び「ELLE DECOR DESIGN WALK」のイベント期間に合わせて展示。特徴的な光と影の視覚効果を生み出す、吉添氏の発表作品「PIXEL」を用いて、B&B Italia Tokyoが提供する空間にインスピレーションを受けた新作のプレゼンテーション。

開催期間:2018年10月19日(金)-2018年11月4日(日)
会場:東京都港区北青山2-5-8青山OM-SQUARE1,3F B&B Italia Tokyo  → map
時間:11:00-19:00

 

 


・邱柏文(ジョニー・チウ) at B&B Italia Tokyo
台湾で最も注目されている建築家、邱柏文(ジョニー・チウ)と、彼の会社J.C.ARCHITECTUREによる展示。紙を素材とした刷新的なアイデアが評価され、昨年アメリカの国際インテリア賞を受賞したインスタレーション「Happier Café」を日本で初披露します。

開催期間:2018年10月19日(金)-2018年11月4日(日)
会場:東京都港区北青山2-5-8青山OM-SQUARE1,3F B&B Italia Tokyo  → map
営業時間:11:00-19:00

 

 


・フリッツ・ハンセン青山本店  新作ガラススピーカーのインスタレーション

プロダクトデザイナー鈴木啓太が新作のガラススピーカー「exponential(エクスポネンシャル)」を発表。発表にあわせ、サカナクションの山口一郎が率いるNFとのコラボレーションにるサウンドインスタレーション「60 sounds, 60’s spirits(60サウンド 60’s スピリッツ)」を2018年10月19日(金) よりフリッツ・ハンセン青山本店にて開催。

開催期間:2018年10月19日(金)〜11月9日(金)
時間:11:00~19:00
会場: フリッツ・ハンセン青山本店 港区北青山3-10-11 → map
東京メトロ「表参道」駅より徒歩1 分

 

 

 

■ AXISビル(六本木)

デザイン発信の中心地、六本木エリアに位置するAXISビルでは、アップカミングな注目日本人クリエイターによる作品展示。

【概要】
会期:10 月19 日(金)~ 28 日(日)
時間:11:00 ~ 19:00
会場:AXIS ビル内各所  → map
主催:デザイナート実行委員会

【関連記事】
デザイン誌「AXIS」 表紙インタビューを再編集した書籍 発刊 とイベント紹介



■ 出展者 紹介


・氷室友里 / 展示場所:中庭(1F)
ミラノサローネサテリテ2018 出展作品のテキスタイル「BLOOM collection」(日本未公開)を展示。中庭にある、倉俣史朗氏がデザインした階段や壁面をダイナミックに使い、テキスタイルに織り込まれた美しい植物が溢れ出すような空間を演出します。

 


・沖津雄司 / 展示場所:リビング・モティーフ(2F)
ミラノサローネサテリテ2018 出展作品のインテリアオブジェ「focus」(日本未公開)を展示。サローネでのシンプルなブースとは異なり、自然光の時の移ろいや外の風景、商品の映り込みなど、日常をレンズで切り取ります。

 


・RHTMA / 展示場所:ガーデンテラス(3F)
初公開となる新作プロダクトの展示。「弛緩」というテーマの下、展示環境からいくつかの要素を抽出し、そこから生まれた制作物を再び環境に還元した作品が揃います。

 


・YOY / 展示場所:JIDA デザインミュージアム(4F)
2018 年ミラノサローネで行なった作品展「FICTIONALITY」を開催。本展では、照明や時計をはじめ、デンマークのテキスタイルブランドKvadrat 社とのコラボレーションで生まれた作品「TRUNK」など計5 点(日本未公開作品を含む)を展示。独特の世界感溢れる空間が広がります。

 

 

■ 東京ミッドタウン(六本木)


・タイムアンドスタイル ミッドタウン 「House Art View -CKR 」展
スウェーデンのデザインユニット、 CKR(クラーソン・コイヴィスト・ルーネ)と共に、彼らが手掛けた建築プロジェクトのプロセスを、 模型や写真、スケッチなどで展示。

開催期間:2018年10月17日(水)~11月4日(日)
会場:東京ミッドタウンガレリア3F TIME & STYLE MIDTOWN

【関連記事】
タイムアンドスタイル ミッドタウン 「House Art View -CKR 」展 開催


 


・HIDA 鹿児島睦による新作ファブリックをお披露目!

国内のみならず海外でも人気を誇る陶芸作家・鹿児島睦さん。陶芸にはじまり、いまやファブリックやプロダクトにもその独特の世界観は及んでいます。今回は穂高誕生50周年を記念して、鹿児島さんによる新作ファブリックをお披露目。その他、動物や植物をモチーフにした鹿児島さんのハンドメイド作品などを抽選販売。

期間:2018年10月19日(金)~11月4日(日)
会場:東京ミッドタウンガレリア3F  HIDAショップ


 


・台湾モダンデザインエキシビジョン
期間:2018年10月19日(金)~11月4日(日)

日本の建築家黒川紀章、ニューヨークの建築家ケビン・ケノンの事務所で勤務し、今や台湾の建築業界を牽引する、最も注目されている建築家、邱柏文(ジョニー・チウ)と、彼の会社J.C.ARCHITECTUREによる展示。紙を素材とした刷新的なアイデアが評価され、昨年国際インテリアデザイン協会のInterior Design Competitionを受賞した彼の代表作品のひとつ、「Happier Café」を日本で初披露します。感動的で美しいジョニー氏の作品を体験できるだけでなく、ジョニー氏によってピックアップされたほかの台湾クリエーターたちの作品スペースも設け、展示。

 

 

その他の「DESIGNART TOKYO 2018」の展示会場は
http://designart.jp/designarttokyo2018/exhibitor/

 

 

 


|  6つのテーマで未来を発見する機会
     異色の豪華メンバーによるトークセッション

※こちらのイベントは終了しました


1.インゲヤード・ローマン   2.皆川明    3.ベサン・ローラ・ウッド
4.Paloma Hernaiz , Jaime Oliver    5.田中杏子     6.イワン・プピレフ


国内外のトップクリエイターが、東京に集結!
東京の街全体が美術館化する10日間、DESIGNART TOKYO 2018(2018年10月19日〜28日)開催中に行わ れるカンファレンス「BRIDGE」は、今、社会ではどのような変化が起きているか、この先にどのような世界や 未来が訪れようとしていて、そこにデザインやアート、クリエイティビティがどのように必要とされていくかを、 考え、学び、意見を交換し合う場となります。6つのセッション WORK・TECHNOLOGY・ART・LIVING・CLOTHES・CRAFTSMANSHIPについての異なる視点を持った登壇者のクロストークを通じて、これからクリエイターが立ち向かうべき未来について新しい発見や気づきが見えてくることでしょう。各分野のスペシャリストが繰り広げるトークをお楽しみください。
 

【開催概要】
日時:10月20日(土)・21日(日)終了しました
会場:スパイラルホール(スパイラル3F)
住所:東京都港区南青山 5-6-23 → map

■10月20日(土)終了しました
1)13:30〜15:00  <CRAFTSMANSHIP>
インゲヤード・ローマン / デザイナー
皆川明 / minä perhonen 代表
デザイナー 木田隆子 / ELLE DÉCOR ブランドディレクター

2)16:00〜17:30 <TECHNOLOGY>
塚田有那 / 編集者・キュレーター
竹中司 / AnS Studio    
and more...

3)18:30〜20:00 <ART>
ベサン・ローラ・ウッド / アーティスト
遠山正道 / 株式会社スマイルズ 代表取締役社長
吉野律 / アジアン・カルチュラル・カウンシル 日本オフィス ディレクター

※終了後 20:30〜交流会@スパイラルカフェ(スパイラル1F)
同時期にスパイラルガーデンで開催しているアートフェア「蒐集衆商」をご覧いただきながら、登壇者と来場者が語り合う交流の場となります。
 

■10月21日(日)終了しました
4)11:00〜12:30 <WORK>
高橋正巳 / WeWork Japan 合同会社 ゼネラルマネージャー
柴田隆寛 / 編集者、編集事務所 Kichi主宰

5)14:00〜15:30 <CLOTHES>
田中杏子 / Numéro TOKYO 編集長
森永邦彦 / アンリアレイジ デザイナー
イワン・プピレフ / Google Inc. エンジニアディレクター

6)16:30〜18:00 <LIVING>
横川正紀 / 株式会社ウェルカム 代表取締役
Paloma Hernaiz , Jaime Oliver / 建築家・OHLAB代表
谷尻誠 / 建築家
 

【お申し込み方法】

■チケット料金(3種)
Peatixよりご購入いただけます。
リンク先アドレス: https://dat2018-conf.peatix.com

定員:各回250名
1, 各回チケット(定員250名) = 一般:¥3,500(税込)・学生:¥2,000(税込)
2, 全6プログラム通しチケット(20日パーティ入場券含む)= 一般:¥12,000(税込) ・学生:¥8,000(税込)
3, 20日交流会= ¥2,000(税込) *当日券の発行もございます。(当日券は現金のみ)

■ Peatixにて事前にチケットをご購入いただいた方に優先で、DESIGNART オリジナルデザインによるMOLESKINE(モレスキン)のクラシック ノートブッ ク ハードカバー ブラック(L)を差し上げます。また、ご来場の皆様に、APOLIS(アポリス)とのコラボによるDESIGNART TOKYO 2018 オフィシャルバッグを差し上げます。

■主催・お問合せ先:DESIGNART実行委員会 TEL 03-6804-3819

■プログラムパートナー:スパイラル/株式会社ワコールアートセンター

協賛:Sony  Perrier-Jouët
協力: MOLESKINE P・R・I・M・V・S
オフィシャルバッグ:APOLIS

 

 

|  DESIGNART TOKYO 2018 公式タブロイド 配布開始!!
FEATUREアーティスト取材やハイライト情報など満載のタブロイドが、都内各所で入手可能です。ぜひ、タブロイドを入手して、あなたなりのルートや注目の作品・アーティストなど、今からチェックしてください!

こちらをクリックして、PDF版を入手!!

<配布先各所>
 以下都内各所

■各出展会場:ワールド北青山ビル、AXISビル、カッシーナ・イクスシー青山本店、DEAN & DELUCA カフェ青山店・カフェEchika表参道店 ・六本木店、artless appointment gallery 、西麻布K PLAZA、GRAND FOND BLANC SHOWROOM、UltraSuperNew Gallery、Roche Bobois TOKYO Nouveaux Classiques、エ インテリアズ、HERNO 青山店、matohu表参道本店、wilkhahn ForuM Tokyo、アクタス青山店、Knoll Japan Showroom 、HIDA六本木ミッドタウン店、SEMPRE HOME、アニエスベー青山店、SieMatic、代官山T-SITE、CANADA GOOSE千駄ヶ谷店、VOLVO STUDIO AOYAMA、他出展会場

■商業施設:表参道ヒルズ、渋谷ヒカリエ、東京ミッドタウン、ラフォーレ原宿、タワーレコード渋谷店、他施設

■文化施設:森美術館、国立新美術館、サントリー美術館、東京都美術館、東京国立近代美術館、21_21DESIGN SIGHT、スパイラル、ギンザ・グラフィック・ギャラリー、他美術館
ユーロスペース、渋谷HUMAXシネマ、他映画館

■宿泊施設:アマン東京、アンダーズ 東京、グランドハイアット東京、リッツ・カールトン東京、ザ・ペニンシュラ東京、椿山荘、他ホテル

■ショップ:虎屋カフェ、レフェクトワール、他カフェ、ブルーノート東京、バー、montoak、レストラン他

 

その他、世界的な建築家の藤本壮介や台湾の注目建築家であるジョニー・チウが参加しインスタレーションを行う他、ミラノサローネ出展企業によるインスタレーションなど多くのインテリア関連企業もインテリアショップやショールームで出展します。インテリア情報サイトでは街を彩る注目のデザイナー、アーティストの作品やインスタレーション、企業展示などの見所を順次ご紹介していきます。

秋のすばらしい季節に是非デザイン&アートフェスティバル 「DESIGNART TOKYO2018」で、東京の街めぐりを楽しんでみてはいかがでしょう。

【開催概要】
イベント名称:DESIGNART TOKYO 2018(デザイナート・トーキョー 2018)
会期:2018年10月19日(金)〜10月28日(日)10日間
エリア:表参道・外苑前/原宿・明治神宮前/渋谷・恵比寿/代官山・中目黒/
        六本木・広尾来場者数見込み/出展箇所: 7万人/100エキシビジョン以上
主催:DESIGNART 実行委員会
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京
オフィシャルWEBサイト:http://designart.jp

 

 

 

DESIGNART(デザイナート)とは
デザインとアートを横断する、感動を与えてくれるモノやコトを新たに定義した言葉で、その素晴らしさを発信、共有していくための活動そのものの名前です。“Emotions〜感動の入り口〜”をコンセプトに、世界中の感動をもたらしてくれるデザイン&アートなモノ・コトを提供していきます。

近年、デザインとアートが密接に絡み合い、横断するモノが世界的なムーブメントとなるなか、世界の良質な伝統産業やものづくりの現場が生き残っていくうえでも、それら固有のアイデンティティをデザインやアート、アイデアで明確にし、世界中の"Emotions"を求めている人へ伝える力が必要だと、私たちは考えています。デザインやアートと同じレベルで使う一般用語として「DESIGNART」という言葉を浸透させること、そして生活をより豊かに彩ることを目指し、私たちはDESIGNARTを日本、そして世界に広めるためのサステイナブルな活動を行っていきます。

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2018.09.28)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ