第2回「DESIGN WEEK KYOTO」を京都各ファクトリーで 開催

 

京都の工芸などのモノづくり現場を間近で見学できる! 
第2回「DESIGN WEEK KYOTO」開催 
 

 
 
Design Week Kyoto実行委員会(京都市)は、2017年2月19日(日~26日(日)の期間中、「DESIGN WEEK KYOTO 2017-OPEN YOUR SI‘GH’TE-」を開催いたします。 


DESIGN WEEK KYOTOは、「多様な人たちの交流を促進することで、京都をよりクリエイティブな街に」という想いを持つ京都の有志によって2016年2月に第1回を開催されました。京都市内の様々な活動の現場(SITE)一つ一つを会場としています。普段はなかなか訪れることができない現場を期間限定でオープンし、国内外の様々な方が訪れ、交流し、互いの視野(SIGHT)を広げることを促進するイベントです。このプロセスを通じ、多種多様で創造的な活動が京都で生まれることを目的として実施しています。

 


DESIGN WEEK KYOTO 2017 のテーマは「オープンファクトリー」。京都市内を中心としたモノづくりの工房や工場(SITE)が2017年2月19日(日)~26日(日)にオープンします。30社超が参加(予定)し、モノづくりの担い手たちの仕事を直接見たり、「交流」することができます。「交流」を通じて、互いの視野(SIGHT)が広がり、新たなアイデアやモノづくり、そして仕組みに繋がっていくことを目指しています。これまでなかなか見ることができなかった京都のモノづくり現場を見学することができます。

 


■OPEN FACTORY
近年、「OPEN FACTORY」が国内外で人気となっています。日本でも有数のイベントである、「燕三条 工場の祭典」では、金属加工のモノづくり現場を中心に4日間限定でオープンし、世界中から3万人以上が訪れて交流を楽しんでいます。「DESIGN WEEK KYOTO」は、米国で最も創造的な街の一つとして知られるオレゴン州ポートランドの「DESIGN WEEK PORTLAND」をモデルにしており、第2回の今回は、ポートランドから同イベントの立ち上げメンバーの一人であるJason Sturgill氏らも実際に京都へ訪れる予定です。

OPEN FACTORY 参加企業(抜粋)
いとへんuniverse(絣織物)、亀田富染工場(捺染)、京都刺繍修復工房(刺繍)、弘誠堂(表具)、小堀京仏具工房(仏具)、佐藤喜代松商店(漆)、紫紘(西陣織)、修美社(印刷)、蘇嶐窯(京焼)、大東寝具工業(寝具)、三浦仏像彫刻所(仏像彫刻)、フクオカ機業(西陣織)、富士ニツテイング(織物)、本藍染 雅織工房(染色)、山本合金製作所(神具)、横山竹材店(竹材)

 

 

[オープニングイベント]
日時 :2月18日(土)17時~(予定) ※詳細はお問い合わせください
場所 :WORLD,KYOTO→ http://world-kyoto.com/access-map/
京都市下京区西木屋町四条上ル真町97 イマージアムビルBF
参加費:3,000円

内容:17:00~ オープニングパフォーマンス
        ・フリースタイルフットボール世界チャンピオン
         TOKURA氏による蹴鞠職人とコラボした
         スペシャルパフォーマンス
        ・トークイベント
         Portlandからのゲスト2名とのトーク
         グラフィックデザイナー Jason Sturgill氏
         アパレルブランドオーナー Katsu Tanaka氏
   18:00~ 交流パーティ
   19:30  終了

 

[交流会場(イベント来場者や参加企業同士の交流等をする場所)]
2月19・25・26日:前田珈琲本店
京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町236番地
2月20~24日 :MTRL KYOTO
京都市下京区本塩竈町554


【開催概要】
開催期間:2017年2月19日(日)~26日(日)
主催:Design Week Kyoto実行委員会
会場:京都市内の工房・工場などモノづくりの現場 約30社
協賛:株式会社ジェイアール西日本伊勢丹/京都信用金庫/サッポロホールディングス株式会社/株式会社フューチャースピリッツ/WORLD,KYOTO/MTRL KYOTO
後援:京都府、京都市(予定)、京都経済同友会  一般社団法人京都経済同友会
インフォメーションセンター:ジェイアール京都伊勢丹2F
場所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
URL: http://www.designweek-kyoto.com/jp/

 

 


■オープニングパーティ ゲスト・プロフィール

<徳田 耕太郎(TOKURA)>
13歳の頃に「NIKE フリースタイルフットボール」という本に影響を受けてフリースタイルフットボールを始める。2年後には愛媛県よりパフォーマンス活動を始め、その楽しさからその後も続けることを決意し、フリースタイルフットボールチーム「Team-Lingo」のリーダーを務めるなど、数々のステージを経験する。
2012年イタリアで開催された「Red Bull Street Style World Final 2012」にて日本人として初めて優勝し、大きな話題となった。2014年には日清カップヌードルのCM「サムライ in ブラジル」に出演。兜と甲冑を身にまといながらも、圧倒的なテクニックでサッカーボールを操る姿が大きな話題となる。現在も、日本国内を中心に全国各地でパフォーマンス活動やレクチャー、クリニックなど精力的に活動している。

 

<Jason Sturgill>
ポートランドを拠点にフリーランスイラストレーターデザイナーとしてアパレルグラフィック、パッケージデザインを中心に活躍。ポートランド州立大学でイラストレーター、グラフィックデザイン講師としても活躍。前職は、グラフィックデザイナーとして、Nike SB、Nike 6.0の洋服、ブランドデザインを担当。「Wieden+Kennedy」、「Dark Horse Comics」に数年勤めた経歴も持つ。彼のクライアントは名のあるブランドばかり。中でも代表的なのが、「Jamie Oliver Magazine」、「Poler」、「The Portland Mercury」、「The Quiet Life」、「Widmer Brothers Brewing」等。DESIGN WEEK PORTLANDの立ち上げにも携わる。

 

 

<Katsu Tanaka>
ポートランド歴22年。在学中に始めた古着のexportビジネスがビンテージナイキの爆発的人気と重なり拡大。アメリカの大学卒業と同時に起業。輸入輸出ビジネス以外に、セレクトショップ兼ギャラリー:コンパウンドを経営。そして、日本の古いファブリックを使った商品を展開するブランド Kiriko Madeをプロデュース。日系企業のスムースなアメリカ進出をサポートするUPLIFT PDXを立ち上げた。 

 

 

 

    http://www.designweek-kyoto.com/jp/

 

 

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-9  /  更新日:2017.01.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ