ロハスなクリエイティブイベント「秋葉小夏」開催


 

太陽の下、映画・フード・アート・音楽・雑貨などを楽しみながら
森の中でのんびり過ごすロハスなクリエイティブイベント「秋葉小夏」

 


新潟市秋葉区では、今年で3 回目となるロハスなクリエイティブイベント「秋葉小夏」を10 月1 日( 土)、2 日(日)開催の2日間で新津丘陵、秋葉湖周辺で開催します。「秋葉小夏」は、フード・アート・音楽・ワークショップ・雑貨・映画など、子どもも一緒に楽しめるイベントです。

今回のテーマは、「幸福と住む」。様々な地域からこだわりの商品を扱うショップの方々が参加します。自然が身近にありながら生活しやすい街も近い秋葉区で、これからの時代をどう暮らしていくか、ひとつのきっかけをつくります。

 

 

 

<各イベント>

映画やフードショップなど様々なプログラムで会場構成ができています

Foodコーナー
『自然の中で美味しく食べる!』
天然酵母のパンから地元の食材を使ったカレー、新潟産の野菜やフルーツを使ったメニューなど、地産地消のおいしい料理を大人も子供も楽しんでいただけます。


Productコーナー
『日々使う、手でふれる、目に入る、そして眺める』
木で作られた生活雑貨やリメイク・アップサイクルな商品。自然を感じる様々な商品が集まります。


森の美術館
『めにはみえないものをみようとする』
自然の中で、染色や木工作家の作品展示と商品の販売をします。


Contact
『つながる体験プログラム』
Contact は、農業・建築・手仕事・ヨガ・染色といった様々な分野の体験プログラムの総称です。知ること・つながることの楽しさを育みます。

 

森の舞台( 映画上映・音楽演奏)
 『大地と自然、わくわく感と感動が浮かび上がります』
新潟・市民映画館「シネ・ウインド」の支配人がテーマに沿ってセレクトした映画を巨大スクリーンにて上映。
※ 45 分 / 監督・猪浦 直樹
10/1 18:0 0 〜 19:30( 上映後アフタートークあり)


秋葉 お泊まり体験
 『秋葉小夏里山キャンプ』
里山の中に素敵なタープ付きテントを設置。手ぶらで里山での宿泊体験ができます。

 


【開催概要】
秋葉小夏
開催日:2 016 年10 月1日( 土)・10 月2日( 日)
開催時間:10 月1日 昼小夏10:00〜16:00 
                             夜小夏16:00 〜20:00
        10 月1日10:00〜16:00 
会場:新津丘陵、秋葉湖周辺
 http://akihakonatsu.com/

 

 

<秋葉小夏 実行委員会>
実行委員 原 淳一(フィールドスケープ 秋葉区)
大橋 保隆(鎚起銅器職人 燕市)
高塚 俊郎( タカツカ農園 秋葉区)
大室 由佳( NPO 法人アキハロハスアクション 秋葉区)
相談役アドバイザー 今井 正人( 三方舎 秋葉区)
ディレクション 風の壷と羅針盤 高橋 トオル(ツムジグラフィカ中央区)
小林 あかね(企画製作室Bridge 中央区)
GO! BU! GO! B U ! パートナーシップ( 秋葉小夏× 新潟市秋葉区)

 

 

 

http://akihakonatsu.com/

 

(文:インテリア情報サイト編集部-10  /  更新日:2016.09.23)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ