more treesが「Earth Day Tokyo 2016」に出展

 

 

more treesは、4月23日(土)、24日(日)に開催される、地球環境について考え行動する日本最大級の市民フェスティバル「Earth Day Tokyo 2016」に出展いたします!

more treesのブースでは、活動紹介の他に、建築家 隈研吾氏デザインのオリジナルプロダクト『TSUMIKI/つみき』に実際に触れて楽しんでいただけるプレイスペースを展開します。また、森について楽しく学べる「森のクイズ」(参加賞 非売品の森のポストカード)もご用意しております。

『TSUMIKI/つみき』のプレイスペース、「森のクイズ」ともにお子様から大人まで無料で楽しんでいただけます。スタッフ一同、みなさまのお越しをお待ちしております。

是非お立ち寄りください!

 

【イベント概要
日時: 4月23日(土)10:00~19:30
           (上映会・キャンドルナイト~20:00)
     4月24日(日)10:00~18:30
     ※展示ブースは両日10:00~17:00
場所: 代々木公園(入場無料・雨天決行)

 

 

 

 

 

アースデイとは?

1970年4月22日にアースデイは誕生しました。
1970年アメリカのG・ネルソン上院議員が、4月22日を”地球の日”であると宣言、アースデイが誕生しました。学生 運動・市民運動がさかんなこ の時代に、アースデイを通して環境のかかえる問題に対して人々に関心をもってもらおうと、それは当時全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏による、 全米への呼びかけへとつながりました。そうして、1970年の最初のアースデイは、延べ2000万人以上の人びとが何らかの形で、地球への関心を表現する アメリカ史上最大のユニークで多彩なイベントとなりました。

やってみた日、それがあなたのアースデイ環境問題は、人と生物、地球、人と人のコミュニケーション問題ともいえます。そして私たちはだれも、この地球と100%関わり、家族や友人との間柄にも似た不可分の関係を持っています。だからアースデイは、私たち一人ひとりのものなのです。アースデイには、代表も規則もありません。民族・国籍・信条・政党・宗派をこえて、だれもが自由にその人の方法で、地球環境を守る意思表示をする国際連 帯行動です。すべての人が、同じ輪の上で自由に起こせる、世界初でおそらく唯一のアクションがアースデイです。あなたもぜひ、自分と地球とそこに住むたく さんの生命との対話、アースデイ・アクションを起こしてください。そして、その活動を互いに知らせあい、大きな輪をつくりましょう。

 

 

 

 

more trees

more trees(モア・トゥリーズ)は、「もっと木を」というコンセプトのもと、音楽家の坂本龍一を代表に設立された森林保全団体です。「都市と森をつなぐ」をキーワードに、国内外で森づくりを推進し、森の持つ多面的な機能の回復を目指しています。国産材などの様々な「森のめぐみ」を活用した商品やサービス、体験ツアーなどを企画・展開することで都市と森、山村との交流に努めています。人工林が危機的状態にある日本国内では間伐を促進し、急速に森林が減少している海外では植林を行っています。

http://www.more-trees.org/

 

 

 

 

 

全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナー・・などインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

インテリアのお仕事求人サイトはインテリア情報サイトが運営する求人情報サイトです。

 

 

 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2016.03.25)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ