【PHOTO REPORT】 オルガテック東京2022 フォトレポート

 

 

【フォト・レポート】
日本初上陸で来場者数 21,958 人を記録!
未来のオフィスデザインとハイブリッドワークスタイルを提案する
ドイツ発オフィス家具メッセ「オルガテック東京2022」

2022年4月26日 (火)~28日(木)

 

 

日本初上陸のドイツ発オフィス家具メッセ「オルガテック東京2022」ワークプレイス トレードショーが2022年4月26日 (火)~28日(木)に東京ビックサイト南展示棟1・2号館にて開催しました。3日間の来場者数は21,958人を記録しました。

 

「オルガテック」は世界最大規模のオフィス家具メッセで、「オルガテック東京2022」として、“創造性という可能性を生む働き方”を意味する「HYBRID WORK(ハイブリットワーク)」をテーマとし、出展企業63社の最先端のオフィスデザインとワークスタイルが集結しました。

オルガテック東京2022の「ベストプレゼンテーションAWARD」のブースを中心に会場の様子を紹介します。

 

 

オルガテック東京2022の「ベストプレゼンテーションAWARD」

日本を代表する建築家・藤本壮介氏、マツダのグローバルデザイン責任者の前田育男氏、『エル・デコ』 ブランドディレクターの木田隆子氏が審査員として「ベストプレゼンテーションAWARD」を開催。見事グランプリを受賞したのは、カラフルなネオンと遊園地をイメージした遊び心のあるディスプレイで、斬新なオフィスの在り方を提案した「コクヨ」のブースが選ばれました。また、準グランプリには 「オーツー」、「カッシーナ・イクスシー」、「Tesera」が受賞。

 

オルガテック東京2022の「ベストプレゼンテーションAWARD」グランプリを受賞したコクヨのブースは、遊園地をモチーフにデザインしたブースで構成。

。「Anyland 新たな「 」(あらゆる)を、軽やかに」をテーマに、現在開発中(2022年末発売予定)の新家具ブランドシリーズ「Any way(エニーウェイ)」のプロトタイプを出展していました。
Any」商品ページ:https://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/any/


社会ではニューノーマル時代を迎え、働き方とオフィスが再定義される中で、オフィスでは、一層のコミュニケーションやコラボレーションを促進させる空間が重要になると考えたコクヨのブースは、軽やかに動かせる家具で、あっという間に空間とワークスタイルを変え、気持ちも軽くなり、「あらゆる」ことが楽しくなる魅力を提案。

これからの働き方のひとつの中心と考えられる、迅速かつ適応的に作業を行うために働き方の改善を目指すワークスタイル“アジャイルワーク”を支え、独自のデザイン性を備えた新たなライトネス家具が展示されていました。

 


 

全体カラーを金沢の伝統色「加賀五彩」の藍を基調で会場の目をひいたのは、オルガテック東京2022の「ベストプレゼンテーションAWARD」で準グランプリを受賞した三谷産業株式会社のモジュラーファニチャーTesera®


働き方や働く場所が変化する現在において、Tesera®は、「サステナビリティ」「フレキシビリティ」「ミニマルデザイン」の特徴を備え、用途・空間に応じて拡張縮小を可能にする柔軟性を実現したモジュラーファニチャーです。

オフィスからホームまでボーダレスに調和するミニマルなデザインで構成されたモジュラーファニチャー。主要部材にはリサイクル可能なアルミニウムを使用しており、経年使用で傷んだ時も必要部品だけ交換して半永久的に使い続けることができるサステナブルさも特徴の一つです。

モジュラージャック部分がとてもしっかりしており、数回の組立て直しでも安定的に使用できるファニチャーだと感じさせるものでした。

Tesera® Webサイト: https://tesera.jp

 

 

 

オフィスをはじめ公共スペースに魅力的な付加価値をもたらすインテリアを提案していたカッシーナ・イクスシーも準グランプリを受賞。

長年培ってきた製品開発の経験から、既製品の提案に留まらず特注家具のデザイン・製造などプロジェクト対応も行ってるカッシーナ・イクスシー。個々のプロジェクトに求められるオリジナリティやカスタマイズにも柔軟に対応し、製品としての高い品質をご提供することで長くサポートし続けています。


オリジナル開発品やイタリア・Alias(アリアス)、ドイツ・Interstuhl(インタースツール)といったヨーロッパのセレクトブランドを独自にまとめるixc.(イクスシー)のスペース。


オルガテック東京で国内初お披露目となるCassina Proコレクションで構成するスペースは、ロビー、ラウンジ、ワークプレイスまで、公共スペース用に開発されたCassinaのアイコンによるさまざまな提案がなされていました。

会場では、この空間のために作られた@アロマによる香りとオリジナルサウンドの提案もありました。

Cassina Proコレクション
Professional=建築やデザインのプロ向けで、Project orientated=プロジェクト向きで、Product certified=製品認証を取得したCassina Proは、ホスピタリティ分野やワークプレイス向けに特別に開発された新しいコレクションで、リラックスした居心地の良いアプローチと、すべてのカッシーナ製品に共通する高い品質が特徴です。英国規格とカリフォルニアの耐火認証、耐性と安全性の基準に関するBIFMA認証、Greenguard認証などを取得しているほか、張地には高耐性のレザーを導入し、厳しい耐火性試験をクリアしたファブリックをKvadratとのコラボレーションで開発しました。

Cassina ixc.オフィシャルウェブサイト:https://www.cassina-ixc.jp

 

 

 

創業以来、「気持ちのOFF(オフ)」として利⽤される空間に合わせた商品、サービスを提供している「QUON」ブランドの株式会社オーツーは白、黒、グレーの商品群と空間からなる3つのWORKシーンを回遊するという展示で準グランプリを受賞。

これから働く環境だけでなく、飲食店や商業施設など人々が暮らす空間は益々多様性が増すことだと考え、クリエーターが創造する多様な空間のための「only one の⼀脚」を届けるサービスを紹介。そこには変わらない価値を生み出すために、時代に応じて常に進化し続けていくという、モノづくりに対する哲学が込められています。
 

 次のページ ⇒ 「スマートオフィス」と「ワークプレイスに温もりのある木製家具」を掲げる企業を紹介

 

 

 

インテリア情報サイトが運営する求人情報サイトインテリアのお仕事求人サイトをご紹介します。


全国の家具/日用品/住宅設備メーカーの営業・ショップスタッフ・バイヤー・インテリアコーディネーター・ショップデザイナー・プロダクトデザイナーなどインテリア業界の求人を紹介しています。 
→ 
インテリアのお仕事求人サイト

求人担当者様はこちらをご覧ください。 → 採用担当者様へ

 

その他、インテリア情報サイトに、PR・広告掲載を希望されます企業様はこちらからお問合せください。
 →  お問合せ

 

1  2  3  4  次へ >>

(文:制作_インテリア情報サイト編集部_3  /  更新日:2022.05.09)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ