【Photos Report】Google Google ハードウェアのデザイン哲学を知る!

 

 

【Photos Report】
Google ハードウェアのデザイン哲学を
インスタレーション「COMMA」

 

 

 

10月20日(日)~ 10月27 日(日)まで 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3 にて、Google ハードウェアのデザイン哲学を表現するインスタレーション「COMMA」(コンマ)が開催中。

 

【関連記事】
・Google は、Google ハードウェアのデザイン哲学を表現するインスタレーション「COMMA」(コンマ)」を、2019年10月20日(日)~ 10月27日(日)まで 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3 にて展示します。

 

 

インスタレーション会場の様子を【Photos Report】でご紹介します。


このインスタレーションは、Google のハードウェアデザインを統括する Ivy Ross (アイビー ロス)が率いる Google Hardware Design Studio がプロデュース。エデルコートがセレクトした日用品や、穏やかなカラーリング、テキスタイルなどを使用したインスタレーションと共に、Google のハードウェアが日用品やデザインの一部となった空間が21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3に溶け込んでいました。
 



穏やかなカラーリングのテキスタイルを使うことで、テクノロジーのとげとげしさや無機質感を全面に出さず、デザインを考えるGoogle製品であることを伝えた展示空間。

 

2019.10.20 インテリア情報サイト 撮影

いかにテクノロジーが進んでも、人々の暮らしに溶け込み、 “間” を味わう日常の調和を忘れず、人々の生活に寄り添った役に立つデザインを目指す Google ハードウェアのデザイン哲学。それがよくわかるインスタレーションです。会場には日本のメーカーの製品が多く展示されています。改めて日本のプロダクト製品は“間” を感じさせるものが多いと気付かせてくれました。

間があること、思考すること、詩的になること、そして繋がること。
誰の日常にもあるこれらの瞬間を、comma (カンマ)と呼ぶことにします。
これは、Google が表現する新しい展示のテーマ。
リドヴィッチ・エデルコートがセレクトした日用品や穏やかなカラーリング、テキスタイルなど黙想的なインスタレーションと共に、いかにテクノロジーが人々の暮らしに溶け込んでゆくのかを探求していきます。

次世代テクノロジーの再先端を走るGoogleが、“間” を味わい、幾重もの人と人の繋がりを感じられる Google ハードウェア デザインの世界観を「表現したインスタレーションを日本で開催した意味を感じさせる展覧会です。

ご興味のある方は、是非足をお運びください。


【開催概要】
日時: 2019年10月20日(日)~ 27日(日)12時~ 19時
※開催時間は予告なく変更する場合がございます。
主催: Google
会場: 21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
入場料: 無料
http://www.2121designsight.jp/gallery3/comma/
 

 

 

※インスタレーション「COMMA」(コンマ)」はデザイン&アートフェスティバル DESIGNART TOKYO 2019 に出展しています。

東京の街全体がミュージアムになる10日間
2019.10.18 Fri ー 10.27 Sun
表参道・外苑前 / 原宿・明治神宮前 / 渋谷・恵比寿 /代官山・中目黒 / 六本木 / 新宿 / 銀座 で開催!

http://designart.jp/designarttokyo2019/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.10.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ