「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」東京都庭園美術館にて開催

 


「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」
東京都庭園美術館にて開催

 

 

 

東京都庭園美術館では、「1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと」を2019年7月20日(土)– 9月23日(月・祝)まで開催します。
 

素材から読み解く、朝香宮邸の建築の魅力

本展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の建築としての魅力を紹介する、年に1度の建物公開展です。今回は、室内を構成する要素―木材や石材、タイル、壁紙、家具など―に焦点を当て、その素材や技法、携わった職人や企業について、当時の工事仕様書やカタログ等の資料から解き明かすことを試みます。本展を通して、日本のものづくりを支えた人々の仕事に改めて光を当てる機会とするとともに、文化財としての建築の一つの見方や楽しみ方を提示することを狙いとしています。

 


| 朝香宮邸について

東京都庭園美術館  本館  大食堂

 朝香宮家は、久邇宮朝彦親王の第8王子鳩彦王が1906年に創立した宮家です。鳩彦王は、フランスに留学中に交通事故に遭い、看護のため渡欧した允子妃とともに、1925年まで長期滞在することとなりました。図らずもアール・デコの全盛期に滞欧することになったご夫妻は、その様式美に魅せられ、帰国後自邸の建設に当たりアール・デコの精華を積極的に取り入れました。主要な部屋の設計をフランス人装飾美術家アンリ・ラパンに依頼し、日本側では宮内省内匠寮の技師、権藤要吉がその設計に取り組みました。朝香宮邸は、朝香宮ご夫妻の熱意と、日仏のデザイナー、技師、職人が総力を挙げて作り上げた芸術作品と言っても過言ではありません。現在は美術館として使われていますが、フランス直輸入のアール・デコ様式を今日まで正確に留め、昭和初期の東京における文化受容の様相をうかがうことができる貴重な歴史的建造物として、国の重要文化財に指定されています。

 

 

| 展覧会の見どころ

■ 全てが"最先端"かつ"一級品"
旧朝香宮邸には、約90年前の"最先端"かつ"一級品"の技術・素材がふんだんに用いられています。例えば、特許を取得したコンクリートに漆塗りを施す技法や、ドイツ・サルブラ社の洗浄のできる壁紙など、積極的に新しい技術や素材が取り入れられました。また、当時美術工芸タイルの製造で名を馳せた、泰山(たいざん)製陶所と山茶窯(つばきがま)製陶所の手がけた一級品のタイルが随所に用いられました。今では再現不可能な技術や素材についてより深く知ることを通して、昭和初期建築の粋をご堪能ください。


■ 妃殿下居間・寝室家具が初お目見え
朝香宮邸当時邸内で使用されていた家具の修復が完了し、このたび初公開いたします。2階妃殿下の居間及び寝室で使用されていた家具一式です。改変が加えられていたものを調査に基づいて丁寧に修復を行い、当時の姿を取り戻しました。


■ ウインターガーデン特別公開
本展会期中は、通常非公開の本館3階のウインターガーデンを特別公開いたします。温室として設計された室内には、花台や水道の蛇口、排水溝が設けられています。白と黒の石を敷き詰めた市松模様の床など、モダンな設えにご注目ください。


東京都庭園美術館 本館 ウインターガーデン

 


 

|館内の素材を一部紹介


東京都庭園美術館  本館 正面玄関

 


東京都庭園美術館  本館 ベランダ

 


東京都庭園美術館  本館 小客室

 


東京都庭園美術館  本館 大客室 シャンデリア《ブカレスト》 ルネ・ラリック作
 


東京都庭園美術館  本館 妃殿下寝室 扉
 


東京都庭園美術館  本館 大食堂 エッチング・ガラス扉 マックス・アングラン作

 


東京都庭園美術館  本館 小食堂

 


東京都庭園美術館 本館 南面廊下(夜間)

 


 

| 関連企画&プログラム

■ サマーナイトミュージアム2019(夜間開館)開催

7月26日から8月30日までの毎週金曜日は、夜21:00まで開館。レストランやショップでの特典もご用意しています。学生は17:00以降の入場が無料、一般・65歳以上の方は団体料金でご覧いただけます。


■ ギャラリートーク

朝香宮邸の建築について各回テーマに合わせたお話をします。

◎7月26日(金)「家具について」
◎8月 9日(金)「壁紙について」

各日とも18:30から30分程度
会場:東京都庭園美術館本館・新館
参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要


東京都庭園美術館 本館 南面外観(夜間)

 


■ ミニコンサート

東京芸術劇場が次世代のプロフェッショナル演奏家を育成するプロジェクトとして実施している「芸劇ウインド・オーケストラ・アカデミー」メンバーによるサックス四重奏のミニコンサート。旧朝香宮邸が竣工された1930年代の薫りに包まれるひと時をお楽しみいただけます。

◎8月23日(金)19:00から45分程度
会場:東京都庭園美術館新館 ギャラリー2
企画制作:東京芸術劇場
参加費無料・ただし当日有効の本展チケットが必要

https://www.teien-art-museum.ne.jp/programs/interior_concert.html

 

【開催概要】
展覧会名:1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと
会期:2019年7月20日(土)– 9月23日(月・祝)
開館時間:10:00–18:00 (7月26日 – 8月30日の毎週金曜日は21:00まで)
             *入館は閉館の30分前まで
休館日:第2・第4水曜日(7/24、8/14、8/28、9/11)
会場:東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)
        東京都港区白金台5-21-9 → map
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://www.teien-art-museum.ne.jp

観覧料:一般 900円
          大学生(専修・各種専門学校含む)720円 
         中学生・高校生450円
         65歳以上450円

*団体は20名以上。
*小学生以下および都内在住在学の中学生は無料。
*身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料。
*教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)。
*第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料。

 

 

 


東京都庭園美術館 南面

庭園のご紹介

東京都庭園美術館には、都心と思えないほどの春夏秋冬それぞれ異なった表情をみせる趣のある庭園が3つのエリアにあります。ご観覧のあとはゆっくりとお過ごしください。庭園のみの入園(200円)も可能です。

https://www.teien-art-museum.ne.jp/garden/

 

東京都庭園美術館
https://www.teien-art-museum.ne.jp

 


 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2019.07.20)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ