国立新美術館 「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」特別公開

 

 

2020年に向け日本の歴史と未来を世界の方々に
国立新美術館 「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」特別公開

 

 

 

「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」が国立新美術館 正面入口前にて、2019年4月17日(水)から2021年5月10日(月)まで特別公開されます。

 


「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」は、2011年の第54回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて発表し、2015年には京都の将軍塚青龍殿の大舞台で披露され大きな話題となりました。国立新美術館では「ガラスの茶室 - 光庵」を屋外に設置し、自然光のもとで変化する表情をご覧いただくとともに、パリのオルセー美術館にコレクションされているガラスのベンチ「Water Block」を併せて展示いたします。

 

 

 

 

|吉岡徳仁プロフィール

吉岡徳仁 デザイナー / アーティスト
1967年生まれ。2000年吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザインや建築、現代美術の領域において活動している。自然をテーマに表現された作品は、国際的に高く評価されており、東京2020オリンピック 聖火リレートーチもデザインしている。作品はニューヨーク近代美術館(アメリカ)、ポンピドゥー・センター (フランス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(イギリス)など、世界の主要美術館に永久所蔵されている。国際的なアワードを多数受賞、アメリカNewsweek誌による「世界が尊敬する日本人100人」にも選ばれている。
https://www.tokujin.com/

 

 

【関連記事】

公立館初の大規模個展 「吉岡徳仁-クリスタライズ」

 

 

【開催概要】
吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵
会期:2019年4月17日[水] - 2021年5月10日[月]
開館時間:10:00-18:00
               ※会期中の毎週金・土曜日は20:00まで(ただし7月-9月は21:00まで)
               ※入場は閉館の30分前まで。
               ※展覧会によって、観覧時間が異なる場合があります。
休館日:毎週火曜日(祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌平日休館)、年末年始
観覧料:無料
企画:株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
協賛:NTT都市開発株式会社
会場:国立新美術館 正面入口前(東京・六本木)
住所:東京都港区六本木7-22-2 → map
アクセス:東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札 6出口(美術館直結)・5出口から徒歩 約1分
              東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩 約5分
              都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩 約4分
              ※美術館に駐車場はございません。

 

国立新美術館ホームページ
http://www.nact.jp/

 

 

 

<展示会場風景>

会場にて デザイナー吉岡徳仁氏

 

見る角度ごとに自然光のもとで変化する表情を楽しむことができるガラスの茶室です。また建築物として日本の精密な技術力を垣間見ることができ、国立新美術館の建物やまわりの風景に溶け込む「ガラスの茶室 - 光庵」です。誰でもご覧になれる屋外設置です。2021年5月10日(月)まで特別公開されますのでお近くにお越しの際は是非足をお運びください。

 

 

 

 

(文:PR-M_PR制作部-1  /  更新日:2019.04.06)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ