スタジオジブリ「鈴木敏夫とジブリ展」 神田明神ホールにて開催

 

 

スタジオジブリ約3年ぶりの東京展覧会
「鈴木敏夫とジブリ展」開催!
~宮さんは絵を描き、僕は字を書く。~


 


スタジオジブリは、2019年4月20日(土)~ 5月12日(日)の23日間(※会期中無休)、神田明神に新設された文化交流館「EDOCCO」内の神田明神ホールおよびその周辺エリアにて、『鈴木敏夫とジブリ展』を開催します。

 


|  「鈴木敏夫とジブリ展」について

「鈴木敏夫とジブリ展」は、国内外問わず多くのファンを持ち愛され続けるジブリ作品を手掛けてきた、スタジオジブリの敏腕プロデューサー鈴木敏夫氏の“言葉”に注目した展覧会です。一昨年の広島(筆の里工房)を皮切りに、昨年、名古屋(松坂屋美術館)と、金沢(金沢21世紀美術館)で開催され、好評を博した「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」を元に、さらにジブリの魅力を詰め込みバージョンアップ。会場には、鈴木敏夫氏が書き下ろした書やイラストをはじめ、新たな時代へのメッセージを来場者に投げかける特別企画や、本企画展の会場となる神田明神とジブリのコラボレーショングッズの販売も予定しています。
 


<過去開催「言葉の魔法展」の様子> ©TS ©Studio Ghibli
 


<過去開催「言葉の魔法展」の様子> ©TS ©Studio Ghibli
 


<過去開催「言葉の魔法展」の様子> ©TS
 


<鈴木敏夫氏による揮毫の様子> 撮影:山本 彩乃

作品の世界観をより多くの人に伝えるため、監督の意図を汲み作品と真摯に向き合うことで、その本質を「言葉」にして伝えてきた鈴木敏夫氏。その力強い“言葉”を見ただけで、きっと誰しも心に残る名場面を鮮明に思い出すとともに、ジブリの世界観に強く引き込まれるでしょう。高畑勲、宮崎駿両氏と出会って40年、「風の谷のナウシカ」や「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」、「かぐや姫の物語」まで、ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。展示では、鈴木氏による書やジブリ作品の資料を用いて、鈴木敏夫氏の「原点」から「今」を紹介することで、スタジオジブリの秘密に迫ります。

「宮さんは絵を描き、僕は字を書く。」――本展覧会は、スタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーの“言葉”に注目した展覧会です。高畑勲、宮崎駿両監督と出会って40年、「風の谷のナウシカ」「千と千尋の神隠し」、そして「風立ちぬ」「かぐや姫の物語」まで、ジブリはどこから始まりどこへ向かうのか。鈴木敏夫氏の「原点」から「今」を、自身の書画やジブリ作品の資料を用いて紹介することで、スタジオジブリの秘密に迫ります。神田明神ならではの新展示や授与品、メニューもご用意しております。この機会にぜひご高覧ください。

 

 

 

|  開催前夜に、夏木マリ×鈴木敏夫トークショー開催が決定!

展覧会開催前夜となる、4月19日(金)に、映画『千と千尋の神隠し』で人気キャラクター“湯婆婆”の声優を務めた、夏木マリ氏をお招きした、鈴木敏夫氏との対談、「開幕前夜の特別集会!夏木マリ×鈴木敏夫、二人の湯婆婆!?開運トークショー」を開催する事が決定しました。当日の様子は、展覧会公式インスタグラムよりライブ配信します。詳細は、近日公式SNSで発表予定です。
 

■夏木マリ氏プロフィール


撮影:HIRO KIMURA

73年デビュー。80年代から演劇にも活動の場を広げ、芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞。多数の映画・舞台・ドラマに参加し、数々の賞を受賞。宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」では湯婆婆役で声優として参加し、世界中のジブリ映画ファンの注目を集めた。その他、途上国への支援活動「One of Loveプロジェクト」の代表をつとめるなど、多岐にわたる活動を精力的に続けている。

 

 

■ 鈴木敏夫氏プロフィール


撮影:荒木経惟

1948年、名古屋市生まれ。慶応義塾大学文学部卒業後、徳間書店入社。『週刊アサヒ芸能』を経て、『アニメージュ』の創刊に参加。副編集長、編集長を務めるかたわら、「風の谷のナウシカ」「火垂るの墓」「となりのトトロ」などの高畑勲・宮崎駿作品の製作に関わる。1985年にスタジオジブリの設立に参加、1989年からスタジオジブリ専従。以後ほぼすべての劇場作品のプロデュース。現在、株式会社スタジオジブリ代表取締役プロデューサー。著書に『仕事道楽 新版 スタジオジブリの現場』(岩波新書)、『ジブリの哲学―変わるものと変わらないもの―』(岩波書店)、『風に吹かれて』(中央公論新社)、『ジブリの仲間たち』(新潮新書)、『ジブリの文学』(岩波書店)、『人生は単なる空騒ぎ―言葉の魔法―』(KADOKAWA)、『禅とジブリ』(淡交社)、『南の国のカンヤダ』(小学館)などがある。

 

 

| 神田明神とのコラボが実現 ~特別カフェメニューや御守、絵馬などが登場~

期間中、本展覧会の開催を記念して作られた特別カフェメニューを提供するとともに、神田明神とコラボレーションした授与品※が登場いたします。
※授与品とは、お札や御守、絵馬など、神前で祈念してあるもので、神社境内の社務所で受けられる参拝記念品のことです。



特別カフェメニューは、会場となる神田明神 文化交流館「EDOCCO」内1FにあるカフェEDOCCO CAFE 「MASU MASU (江戸っ子 カフェ「マスマス」)」にて、ジブリ作品をイメージし考案された全4品を提供。「まっくろなくろ胡麻おはぎのお茶セット」や「白(ハク)米のおにぎり」、「となりのカキ氷」など、想像力を掻き立てるメニューが登場します。ジブリ作品の名シーンを思い出しながら召し上がっていただくことで、より一層ジブリの世界観をお楽しみいただけます。

 


<提供メニュー紹介>

■まっくろなくろ胡麻おはぎのお茶セット

『まっくろなくろ胡麻おはぎのお茶セット』 ¥864 (店内提供専用)

黒ごまのおはぎとお抹茶がセットになったメニュー。カラフルな金平糖とあわせてお召し上がりください。





■ 白(ハク)米のおにぎり

『白(ハク)米のおにぎり』 ¥864 ※お茶付き

神田明神の境内で、元気が出る様に願いを込めて握ったおにぎりを竹皮に包みました。白米の塩握りと、何の具が入っているかは食べてからのお楽しみの2つのおにぎりが入った3個セット。

 


■ となりのカキ氷

『となりのカキ氷』 ¥648

こだわりの天然水の氷を使用したまろやかな口溶けが特徴の宇治金時かき氷。オカリナを吹くあのへんないきものが住まう、太古より存在する深い森をイメージしました。



■ だいこく様の縁結びプリン ¥380 (お持ち帰り専用)
また、お土産にも最適なお持ち帰り専用の「だいこく様の縁結びプリン」は、プリンの空き瓶を店舗へ返却すると、ご祈祷をいただいた御縁玉(五円玉)を縁結び小袋に入れてお渡しいたします。縁結びのご利益があると言われる「だいこく様」ならではの一品です。

EDOCCO CAFE 「MASU MASU」の大人気商品『明神プリン』が、鈴木氏が描いた「だいこく様」の仕様に変身します。

提供概要
- 提供場所: EDOCCO CAFE 「MASU MASU」(江戸っ子 カフェ 「マスマス」) <文化交流館 1階>
- 提供時間: 10:00 ~ 19:00 (会期中無休)※日により営業終了時間が変更になります。
- 提供期間: 2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日)
- 公式サイト: https://masumasu-cafe.com/

 

 

<授与品>

神札授与所(文化交流館 1階)では、“湯婆婆”が描かれた迫力満点の絵馬や御守、その他、映画『千と千尋の神隠し』のキャラクターをモチーフにしたものなど、会場となる神田明神とコラボレーションした、貴重な授与品が“東京会場限定”で登場。4月20日(土)の開幕以降、展覧会にご来場されたお客様に先着・数量限定で、インパクト抜群の「特製湯婆婆お面」をプレゼントします。

[会場限定]神田明神コラボ御守・絵馬
“湯婆婆”が描かれた迫力満点の絵馬や御守、その他、映画『千と千尋の神隠し』のキャラクターをモチーフにしたものなど、会場となる神田明神とコラボレーションした見逃せない授与品が登場。東京会場でしかお求めになれない貴重なラインナップです。
※下記イメージであり、デザインは変更になる場合が御座います。



■ 絵馬(湯婆婆版)

「絵馬(湯婆婆版)」

 



■ 湯婆婆の御守


「湯婆婆の御守」




■ 絵馬(神様版)

「絵馬(神様版)」

その他 絵馬(式神版) 絵馬(セリフ版) 薬札型 首下木札 など


概要
- 授与場所:神札授与所 <文化交流館 1階>
- 授与時間:9:00 ~ 19:00 (会期中無休) ※都合により時間変更の場合がございます。
- 授与期間:2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日)
特設サイト: http://ghibli-suzuki.com/


■先着順配布!「特製湯婆婆お面」プレゼント
「鈴木敏夫とジブリ展」の開催を記念して、展覧会にご来場されたお客様へ「特製湯婆婆お面」を先着順にプレゼントいたします。


<特製湯婆婆お面>©TS ©Studio Ghibli


配布期間:4月20日(土) ~ 4月26日(金)
<特製湯婆婆お面>(C)TS (C)Studio Ghibli
※1,000個/日限定 各日、在庫がなくなり次第終了となります。
※上記期間・個数配布後も主催者の都合で配布する場合がございます。
 


【開催概要】
名称:鈴木敏夫とジブリ展
会場:神田明神 文化交流館「EDOCCO」内 神田明神ホール
        <御茶ノ水駅 徒歩5分/秋葉原駅 徒歩7分>
会期:2019年4月20日(土) ~ 5月12日(日) ※計23日間、会期中無休
時間:10:00~18:00 (最終入場 17:30)
        ※営業時間は今後変更になる可能性がございます
入場料:特典付前売券 大人1,300円
           前売券(特典なし) 大人1,200円、中高生800円、小学生600円
           当日券 大人1,300円、中高生800円、小学生600円
主催:株式会社乃村工藝社
特別協力:株式会社スタジオジブリ
問い合わせ:ghibli-suzuki@nomura-g.jp (一般問い合わせ用窓口)

<前売券について>
ローソンチケット、イープラス、アニメイト(一部店舗のみ)にて前売券の販売を開始しました。またローソンチケットとイープラスでは、映画「千と千尋の神隠し」でおなじみのキャラクター、湯婆婆のイラストが描かれたオリジナルメモ帳の引換券がついた「特典付前売券」を数量限定で販売しています。
特設サイト:http://ghibli-suzuki.com/

 

 



主催者・株式会社乃村工藝社について
乃村工藝社は、国内外の大型商業施設や、国内各地の博物館、美術館、科学館で企画・設計・施工はもとより、運営管理を担うなど、空間創造とその活性化のプロフェッショナルパートナーとして多岐にわたる事業領域を確立してきました。創業以来126年間、変わらない使命「歓びと感動を提供する 空間づくり」を通じて、顧客と社会に貢献しています。
URL:https://www.nomurakougei.co.jp/

 

 


 

(文:PR-T_PR制作部-2  /  更新日:2019.02.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ