21_21 DESIGN SIGHT 企画展「TRAVELS TRAVEL(LER)」開催

 

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3
パトリック・ロジェ(Patrick Roger) 彫刻展
「TRAVELS TRAVEL(LER)」開催

 

 

21_21 DESIGN SIGHTでは2018年6月2日(土)~7月2日(月)まで、パトリック・ロジェ(Patrick Roger)の日本で初めてとなる彫刻展「TRAVELS TRAVEL(LER)」を開催します。


フランスのショコラティエ パトリック・ロジェは芸術家としての顔も持ちます。本展は彼の日本での初めての展覧会です。TRAVELS TRAVEL(LER) には「空想しながら鑑賞する」という意味が込められています。研ぎ澄まされた感性と創造性への情熱を投影した彫刻作品です。ロジェの作品の世界と鑑賞者をつなぎ、対話を促すリナ・ゴットメによる展示デザインも本展のみどころのひとつです。ゴットメは東京国立博物館で開催された『フランス人間国宝展』での空間演出やエストニア国立博物館の設計で注目されている建築家です。


 

 

 

|   彫刻展「TRAVELS TRAVEL(LER)」 と 
    Patrick Roger(パトリック・ロジェ) メッセージ

ショコラティエにとって最高の栄誉にあたる M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)を30歳という若さで授与されたパトリック・ ロジェ。彼はまたアーティストとしての顔も持ちます。フランス国内に9店舗、ベルギーに1店舗を展開している彼のブティック『パトリック・ロジェ』は、彼の研ぎ澄まされた感性と創造性への情熱を投影したチョコレートと彫刻作品による独創的な世界を発信し続けていて、前衛芸術のギャラリーのようと評されています。一方、彫刻作品のみの展覧会もパリ市内のクリスティーズ等のギャラリーで精力的に開催してきました。

 


本展タイトルの “ TRAVELS TRAVEL(LER) ” には「空想しながら鑑賞する」という意味が込められています。彫刻芸術のあらゆる可能性を追求しフォルムと素材にこだわりチョコレートを直に削った作品「北の国」から始まり、ブロンズやアルミニウムの他に大理石やコンクリート、さらに瑪瑙やダイヤモンドの原石までをも素材にしています。作品のリズムや大きさは多種多様、空中に浮遊するものもあります。大きさの均衡を考え、巨大な「三人の法王」「旅する男」「マンタ」と小さな作品「ロブスター」を対面させています。深遠な30点余の彫刻作品の世界を巡る旅により、鑑賞者は空想を膨らませ、作品の真の姿をとらえることができるでしょう。
 

■パトリック・ロジェからのメッセージ
どこまでがチョコレートでどこからが彫刻なのか。この疑問の答えは作品の中に見つかるでしょうか。フォルムやひらめきに こだわらず粘土や石膏と格闘するロダンやブールデルやジャコメッティならこの単純なテーマにどのような答えを用意したでしょう。私はチョコレートで実体を作り、それに命を吹き込む本物の彫刻家です。アトリエで、きわめて短時間で仕上げた、 味覚を備えた造形芸術家です。空想しながら鑑賞する作品を通して、私は目撃者となる皆さんの人間性に問いかけます。おそらく私にとって彫刻は、挑発し、告発し、ときには糾弾するための手段なのです。展示する作品は、私たちの行動や矛盾に疑問を投げかけます。決して最後の審判でも作用反作用の問題提起でもありません。私の考えでは美しさはときに地球を破壊し、共に生きる人類を滅亡させる野蛮さや残忍性や単なる弱さのすぐ隣りにあると思うのです。

21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3は私の東京展の会場として最適の場所です。コンクリートとガラスによる建物は都心にありながら、緑に囲まれ、素晴らしい立地に恵まれています。 私のアトリエと同じように、ここに作品を展示し、活き活きと輝かせ、美しく花開く日をいつも夢見ていました。 ここは私の思考や作品を発表する理想的な場所。あらゆる芸術的創意が見事に調和する環境です。 精神と意思に捧げられた神聖な祝祭の場。東京は、旅人が彫刻作品と共に続ける永遠の旅の中で避けては通れない地です。

 

 


| 本展 キュレーター/ 展示デザイナー


リナ・ゴットメ  Lina Ghotmeh
©Hannah Assouline


パリに拠点を置き、グローバルに活動するクリエイティブ事務所 Lina Ghotmeh - Architecture の創設者。数々の受賞歴をもつ空間デザイナー。ヨーロッパ最大の現代アートの美術館 パレ・ド・トーキョー(パリ市立近代美術館)が建物と館内レストラン「レ・グラン・ヴェール」を改装したとき、リナはすべての家具を新たに設計し、 完璧なアーティスティック空間を創りあげ、「ベストレストランデザイン2017」を受賞しました。東京国立博物館 表慶館で開催された『フランス人間国宝展』(2017年)は「東京のベスト展覧会」に選出され、「これからの10年間で先見性あふれる仕事をする建築家10人」のひとりとして、国際的に広く報道され高い評価も受けました。人間中心主義にあふれた、場所の記憶を受け継ぎつつ、新しい意味や価値を付与する建築空間の演出によって「未来志向の考古学者」と評されています。最近の活動には、パリのリノベーションコンペで優勝した木造14階建てビル「レアリマンテ・マセナ」の他、ベイルートの居住用ビル「ストーン・ガーデン」があります。フランス文化省のNAJAP 2007-8’建築賞や、フランス建築アカデミーの「ドゥジャン賞2016」も受賞しています。またパリの設計事務所 DGTの仲間と共同で設計し、2016年に竣工したエストニア文化の中心地エストニア国立博物館は AFEX 2016 のグランプリに輝き、ミース・ファン・デル・ローエ賞(EU 現代最優秀建築賞)にもノミネートされました。

 

■リナ・ゴットメからのメッセージ
21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3で開催するパトリック・ロジェの展覧会のキュレーションおよび&展示デザインを担当することは大きな喜びです。本展は素晴らしいショコラティエによる彫刻作品の世界を訪ねるという旅に見立てた貴重な作品群の展示です。 エネルギッシュな作品群の裏側にある時間と出会い、それを理解し、体感する旅への招待です。 チョコレートからブロンズまで、手彫りから鋳造まで、味覚から視覚まで、このユニークな制作過程の面白さが心と感覚に訴えかけるでしょう。食べられる象嵌から素材のフォルムまで、パトリック・ロジェは境界を越え、領域を横断し、人間を取り巻く世界の見方に新しい視点を発信します。21_21 DESIGN SIGHT のコンセプトへの深い洞察に基づいて、領域を横断するこれらアートのフォルムに光を当てます。 個人的に大好きな都市東京の個性的なギャラリー空間と、フランスの職人・アーティスト パトリック・ロジェの不思議なフォルムとのユニークな対話です。

 

 


 |作品紹介(一部)

 

 


パトリック・ロジェ「Mini raie」

 

 


パトリック・ロジェ「Les seins du Nord-chocolat」

 

 


パトリック・ロジェ「Pâpes」

 

 


パトリック・ロジェ「L'Homme qui voyage」

 

 


【開催概要】
21_21 DESIGN SIGHT企画展「TRAVELS TRAVEL(LER)」
会期:2018年6月2日(土)~7月2日(月) 
休館日:火曜日
開館時間:10:00〜19:00
入場無料
会場:21_21 DESIGNSIGHT ギャラリー3
    〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 
    東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内 
TEL:03-3475-2121
http://www.2121designsight.jp/gallery3/travels_traveller/index.html
アクセス 都営地下鉄大江戸線「六本木」駅 東京メトロ日比谷線「六本木」駅
東京メトロ千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分


主催:パトリック・ロジェ・スカルプチュア
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
キュレーター/展示デザイン:リナ・ゴットメ(リナ・ゴットメ ‒ アーキテクチュア) 
展示デザイン サポート:ヤツシャハルアーキテクツ
グラフィック・デザイン:セミトランスペアレント・デザイン
プロジェクト・マネジメント/広報:夏目康子(レプレ)

 

 

 


21_21 DESIGN SIGHT
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内
TEL: 03-3475-2121
http://www.2121designsight.jp/

(文:インテリア情報サイト編集部-5  /  更新日:2018.05.26)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ