リノベーション・オブ・ザ・イヤーグランプリ2015決定

rinobe_oftheyear_top.jpg

 

リノベーション・オブ・ザ・イヤーグランプリは
「こどもたちの駅前ひろば『ホシノタニ団地』」


2015年を代表する魅力的なリノベーション事例を選ぶコンテスト「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015」の総合グランプリに、株式会社ブルースタジオによる『こどもたちの駅前ひろば「ホシノタニ団地」』が選ばれました。

このコンテストでは、消費者にとって関心の高い施工費別に、「500万円未満部門」、「800万円未満部門」、「800万円以上部門」、「無差別級部門」の4部門を設けています。各部門ごとに全国からエントリーされた計154作品を、リノベーションの楽しさ・魅力・可能性という点にフォーカスして、SNSを活用した一般ユーザーの声を取り入れ一次審査し、48作品をノミネート選出しました。

その後、最終審査においては、新聞や雑誌などの住宅系媒体編集者ら8名で構成された選考委員が審査を行い、総合グランプリ、部門別最優秀作品賞4点、特別賞7点を決定。11月8日(日)「リノベーションEXPO JAPAN 2015」イベント内で発表・表彰いたしました。
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/

 

 

【受賞作品一覧】

 

rinobe_oftheyear_sub0.jpg
総合グランプリ
『こどもたちの駅前ひろば「ホシノタニ団地」』
株式会社ブルースタジオ

 


rinobe_oftheyear_sub2.jpg

部門別最優秀作品賞<500万円未満部門>
『ノスタルジック秘密基地』
株式会社シンプルハウス

 

 

rinobe_oftheyear_sub1.jpg
部門別最優秀作品賞<800万円未満部門>
『守口の長屋~まるで露天風呂~』
株式会社アートアンドクラフト


 

rinobe_oftheyear_sub3.jpg

部門別最優秀作品賞<800万円以上部門>
『「特別などこか」へ行かなくても、日常こそが特別な暮らし「井の頭の家」』
株式会社リビタ

 

 

rinobe_oftheyear_sub5.jpg
部門別最優秀作品賞<無差別級部門>
『リノベーションの全ステップを実際に体験できるワークショップ「DIY(R) SCHOOL」』
9株式会社

 


<審査員特別賞>
賃貸リノベーション賞
『団地リノベ / コンクリートと無垢の家』 株式会社タムタムデザイン
カジュアルリノベーション賞
『素材感を整える』株式会社空間社
再販リノベーション賞
『リノベーション済み物件の“新常識”でつくられた住まい』 株式会社ブルースタジオ
省エネリノベーション賞
『暖房なしでも暖かいマンション』 棟晶株式会社
官能的R1賞
『あなたらしく。ファッションのように』 9株式会社
リユース賞
『両家の思い出を引き継ぐ「家族のつながり」を感じられるリノベーション』 株式会社空間社
プランニング賞
『BOTAO-賃貸収入を得て、老後を楽しく過ごしたい-』 株式会社ブルースタジオ

※各選考委員の講評については、PDF資料または特設サイトをご覧下さい。
http://prtimes.jp/a/?f=d8586-20151111-9098.pdf
 

 

 

一般社団法人リノベーション住宅推進協議会とは
消費者が安心して既存住宅を選べる市場をつくり、既存住宅の流通を活性化させることを目的に、2009 年7月に発足したリノベーション業界団体です。業界・業種の枠を超えた585社(2015年11 月10 日現在)が参画し、優良なリノベーションの統一規格「適合リノベーション住宅」を定め、建物タイプ別に品質基準を設定、普及浸透を推進しています。
区分所有マンション専有部に関する品質基準を満たす「R1住宅(アールワンジュウタク)」、区分所有マンション共用部も含む品質基準「R3住宅(アールスリージュウタク)」、戸建住宅の品質基準「R5住宅(アールファイブジュウタク)」が運用されており、適合リノベーション住宅発行件数は、累計22,214件(2015年11月10日現在)にのぼります。
http://www.renovation.or.jp/

 

 

rinobe_oftheyear_sub4.jpg「リノベーションEXPO JAPAN2015」について
 2010年より「見て、聞いて、学ぶリノベーション」と題して全国で開催している、リノベーション住宅推進協議会主催のイベントです。第6回目だった今年は「リノベーションな人、増えてます ?住まいの新スタンダード、リノベーション徹底研究?」をテーマに、セミナーや見学会、ワークショップ、トークショー、パネル展示等、楽しみながら学べる様々なコンテンツを用意しておりました。
http://www.renovation.or.jp/expo/
 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-6  /  更新日:2015.11.22)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ