ノルディックフォルム「麗しき北欧デザインへの誘い」

ノルディックフォルム 麗しき北欧デザインへの誘い
 

エレガントで優美なフォルム
北欧デザインのもう一つの魅力を紹介


北欧デザインはシンプルでモダンだけでなく、優美で有機的なフォルム、洗練されたエレガンスも大きな魅力です。

今回のコレクションは、モダンでエレガント、そしてタイムレスな北欧デザインの世界観を新旧のアイテムから選りすぐり、紹介します。世界的な注目を浴びるスペインのデザイナー:ハイメ・アジョンのソファをはじめ、サークル(円)をデザインの出発点とするナナ・ディッツェルのプロダクトや「実用性のある芸術品」と言われるジョージ・ジェンセンのステンレススチールのベースやピッチャー、さらにロイヤルコペンハーゲンの1950年代焼成の繊細な花柄が特徴の食器フリセンボーなど、流麗でロマンティックな北欧デザインを展開します。

 

 

展示アイテム

□ RO(ロオ)
ハイメ・アジョンによるエレガントなハイバックチェア。ほっそりとしたラインが特徴で脚はハイヒールを思わせるシャープで美しいデザイン。

□ FAVN(ファウン)
ハイメ・アジョンによるデザインのソファ。どこから見ても有機的で柔らかいフォルムを備え、フェミニンな雰囲気が漂う。

□ Council Chair
2011年、ニューヨーク国連本部の会議室のための家具デザインコンペで優勝した、キャスパー・サルトとトーマス・シースゴールによる椅子。

□ Ring Chair
ナンナ・ディッツェル、ヨルゲン・ディッツェルのデザインによる、座り心地がよく、リラックス性の高い椅子。その名の通り、背からアームにかけてリング状のフォルム、アームの断面も筒状の円形になっている。

□ Joy Bench
ナンナ・ディッツェルによる、シート部はゆるやかなカーブを描き、女性らしい柔らかな曲線が美しいベンチ。

□ Mondial Sofa
デザイナー:ナンナ・ディッツェル自身もお気に入りのソファ。背もサイドのアーム部の湾曲も同じ角度で、サイドのアーム部を背にして座ると足を伸ばせて楽な姿勢で座ることができる。

□ ND Stool
ナンナ・ディッツェルのデザインした、通称『ボビンスツール』。糸巻き状のフォルムがかわいい子ども家具。横にして転がせば、玩具としても遊べる。

□ Georg Jensen Living
1904年デンマーク・コペンハーゲンに銀細工師として創業。ジュエリーを中心にウォッチ、ホロウェア、カトラリー、リビングアイテムなど、幅広い分野でコレクションを展開する北欧を代表するラグジュアリー・ライフスタイルブランド。

 

開催概要

会 期:2014年8月21日(木) ~ 10月7日(火) ※水曜日(祝日を除く)休館
時 間:10:30 ~ 19:00
会 場:ノルディックフォルム
    〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
    リビングデザインセンターOZONE 5F
協 力:デニッシュインテリアス(株)、フリッツ・ハンセン 日本支社

ノルディックフォルム詳細はこちら
http://www.ozone.co.jp/showroom_shop/showroom/nordic/

 


リビングデザインセンターOZONE


〒163-1062 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー
http://www.ozone.co.jp/

 

(文:リビングデザインセンターOZONE  /  更新日:2014.08.21)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ