東京ミッドタウン・デザインハブ5周年記念/第33回企画展「信じられるデザイン」展

「信じられるデザイン」展

東京ミッドタウン・デザインハブ5周年記念/第33回企画展
「信じられるデザイン」展
 

東京ミッドタウン・デザインハブ(構成機関:公益財団法人日本デザイン振興会、社団法人日本グラフィックデザイナー協会、武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)では、設立5周年を記念する合同企画として、「信用とデザイン」をテーマに、クリエイターがデザインにおける信用をどのように考えているかを発信する企画展「信じられるデザイン」展を開催いたします。

東京ミッドタウン・デザインハブは、2007年の開設以来、デザインを軸に社会の中でさまざまな人や活動や可能性どうしを結びつけ、広げ、育てるというポリシーを掲げて、事業を展開してきました。そして2012年に開設5年目を迎えるにあたり、いまデザインに対して何よりも求められているのは「信用」であり、「そのデザインが信じられる」ということではないかと考えました。
人びとは、かたち、色彩、音、サイン、ブランド、空間、コミュニケーションの仕組みなど、人が何らかの意志をもって考え、生み出したものごと(=デザイン)に囲まれて生活しています。そして、それらさまざまなデザインを信じること、それらのデザインが信じられるものであることで、日々の安心や将来への希望を見出しています。

「信じられるデザインとはどのようなものでしょうか?
  そのデザインはなぜ信用できるのでしょうか?」

どのようなデザインの根底にも、必ずそのデザインが生まれた大本にあたる「意識」や「想い」や「考え方」があります。「信じられるデザイン」展は、それらが人びとにとって信用できるものであるように、「デザインにおける信用」というテーマに目を向け、それぞれの視点を通じて考えを深めるための企画展です。
会場では、デザインに関わりがある51名のクリエイターひとりひとりから示される、それぞれが「信じられると思うデザイン」を、本人のメッセージテキストとともに、印象的なイラストで紹介します。「信じられるデザインとは」という問いから導かれるさまざまな視点を浮き彫りにして、"この先のデザイン"の可能性と向き合う機会となることをめざします。


●企画概要
名 称:東京ミッドタウン・デザインハブ5周年記念/第33回企画展
   「信じられるデザイン」展
会 期:3月30日(金)~6月17日(日)11:00~19:00 会期中無休
    ※ 好評につき、会期延長いたしました!
会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
   (東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5階)
入場料:無料
主催・企画・運営:
東京ミッドタウン・デザインハブ
(公益財団法人 日本デザイン振興会/社団法人 日本グラフィックデザイナー協会/
 武蔵野美術大学 デザイン・ラウンジ)
編集・コピーライティング:野田幾子
アートディレクション:ALL RIGHT GRAPHICS
会場構成:Landscape Products
イラストレーション:森本将平
写 真:広川智基
http://www.designhub.jp/

 

(文:PR-N_PR制作部-3  /  更新日:2012.05.10)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ