これからの人生を上手に暮らすヒントが掲載!2つのライフスタイル本を紹介

 

 


これからの人生を上手に暮らすヒントが掲載
『あなたを苦しめるものは、手放していい』
『日々のものさし100』
この秋に発売された2つのライフスタイル本を紹介!

 

 

 

昨今は片づけや整理収納が大ブーム。ものが少ないミニマリスト的な生活はストレスフリーであこがれの暮らしです。ですが、なぜかなかなかモノをうまく捨てられず、自分で自分を苦しめている人も多いのでは?めざしたいのは、自分が過ごしていて心地いいと思える、適度にものに囲まれた暮らしだったはず・・。「まあ、いいか」とゆるく構えながら片づけを成功させるコツと、食・雑貨・ファッション・からだ・・・自分らしく生きるために大切にしている「コト」で、これからの人生を上手に暮らすヒントが掲載されたこの秋に発売の2つのライフスタイル本を紹介します。

 

 

|片づけ 成功のコツは「まあ、いいか」とゆるく構えること 
 『あなたを苦しめるものは、手放していい』発売 

 

主婦の友社は、2019年9月13日に整理収納コンサルタント&暮らしコーディネーターの瀧本真奈美さんの新刊『あなたを苦しめるものは、手放していい』を発売いたしました。
 

これまで3冊の書籍を出版している瀧本さん。そのどれも、雑貨のリメイクや収納、飾り方が中心です。

ところが、今回のテーマは「手放すこと」。


「私はずっと『飾る』ことが好きでした。でも最近は、もう少しシンプルな暮らしもいいのかなと。もちろん、過去の『飾る』ことをめいっぱい楽しんでいた自分も大好きです。でも体力的にも精神的にも、より今の自分にフィットした、よりラクな暮らし方をしたいと思うようになりました」と瀧本さん。
 

【ポイント】
・持っていて苦しいと思うものは、手放していい
・自分で自分を苦しめるルールをつくらない
・ズボラでOK。「まあ、いいか」とゆとりを持って、片づけを楽しもう

 

 

2015年ごろのキッチン


たとえば、食器や調理器具が多すぎて使いづらいし、収納や片づけができなくて苦しい、たくさんある洋服をきれいに維持しようとすると手間もかかるしクリーニング代がかさんで苦しい……。そんなふうに、多すぎることで自分が苦しい思いをしているのなら、手放していい。

本書では、キッチンやクローゼット、リビングなど、瀧本さんが実際にものを手放したあとのすっきりした家の様子を紹介しています。めざしたいのは、ものが究極に少ないミニマリスト的な暮らしではなく、自分が過ごしていて心地いいと思える、適度にものに囲まれた暮らしです。

 

最近のキッチン



お気に入りものをたっぷり飾る暮らしから、ものを手放してすっきりとした暮らしへ


また整理収納コンサルタントして、多くの人たちの悩みを聞くうちに、片づけや整理収納、インテリアを頑張りすぎて、自分で自分を苦しめている人が多いことに気づいたといいます。

「“こうすべき”“~しなければならない”と思うと、どんどん自分を追いつめてしまいます。たとえばSNSのおかげで今は、いろいろな人の素敵な暮らし方が手にとるように見える。それで“いつもきれいに片づけなくちゃ”、 “ごはんはきちんと手作りしなきゃダメ”と、自分で自分を苦しめるルールを作って、苦しんでいる人が多い気がするんです。でも、そのルールを手放してしまえば、もっとラクに暮らせるのに、と思うことも。自分が快適で、笑顔でいることを大切にしたいですよね」。
 

瀧本さんは、お子さんふたりが独立して、ご主人とふたり暮らし。掃除や炊事を完璧にしなければと懸命になっていた時期もあったそうですが、最近は肩の力が抜けて、「まあいいか」とゆったりとした気持ちに。ファッションやメイクなどのオシャレも、「自分の心地よさ」を一番に考えるとどんどんシンプルになってきたそう。

 


 料理は、品数や手作りへのこだわりを手放して、「ラクに、楽しく」を大切にしたいと思うように

 

洋服も一時期に比べるとだいぶ減らしたそう。今はデザインや色みだけでなく、自宅で洗えるかも大きなポイント

「暮らし方や生き方に正解はないから、理想にこだわりすぎないで。自分が笑顔になれる暮らしがいちばん!」と瀧本さん。瀧本さんの今の暮らしに触れてみたいと思ったら、ぜひ新刊『あなたを苦しめるものは、手放していい』をチェックしてみよう。美しい写真にひかれてページを繰るごとに、自然に「片づけたい」という気持ちが湧いてくるはずです。



瀧本真奈美さん
「クラシング」代表。整理収納コンサルタント、暮らしコーディネーターとして、収納提案、ワークショップ、セミナー講師、雑貨販売など幅広く活動中。書籍を3冊出版、インテリア誌他の雑誌掲載は100冊の実績、 SNS総フォロワー数は17万人を超える。 NHK「あさイチ」などTV、プロモーション動画など出演多数。夫と2人暮らし(2人の子供はすでに独立。孫あり)。《保有資格》→整理収納コンサルタント、整理収納アドバイザー2級認定講師、整理収納教育士、片付け遊び指導士認定講師、ルームスタイリスト1級、時短家事コーディネーターexpert 、時短家事コーディネーター(R)basic認定講師、正看護師 クラシング

 

 

【書籍概要】
 『あなたを苦しめるものは手放していい』
タイトル:あなたを苦しめるものは、手放していい
著者:瀧本真奈美
価格:本体1300円+税
仕様:A5判、 128ページ

 

 

 

 

後藤由紀子さんの暮らしをつくる、100のことを集めた
『日々のものさし100』発売!


株式会社パイ インターナショナルは2019年9月11日(水)に、雑貨店「hal」店主・後藤由紀子さんの暮らしをつくる100のテーマを紹介する書籍『日々のものさし100』を刊行しました。


自分らしく生きるために大切にしている「こと」、食・雑貨・ファッション・からだ……暮らしを支える「もの」、素敵に歳を重ねている、大好きな「ひと」のお話など、参考にしたくなる暮らしのヒントが満載です。

 

 

後藤由紀子(ごとう・ゆきこ)さん
1968年静岡県生まれ。静岡県沼津市の雑貨店「hal」(ハル)店主。庭師の夫、長男と長女、猫のたまの4人と1匹の家族。センスのよい暮らしぶりが雑誌などで人気。『50歳からのおしゃれを探して』(KADOKAWA)、『おとな時間を重ねる 毎日が楽しくなる50のヒント』(扶桑社)、『毎日続くお母さん仕事』(大和書房)など、暮らしまわりにまつわる著書多数。



 



【書籍概要】
書名:『日々のものさし100』
仕様:A5判(210mm×148mm)/ソフトカバー/128Pages (Full Color
定価:1,500円+税
発売元:パイ インターナショナル
https://pie.co.jp/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2019.09.13)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ