Ginza Sony Park|銀座ソニーパーク 年末年始開催のイベント 紹介

 

 

【旬なモノコト編集部お薦め情報】
Ginza Sony Park|銀座ソニーパーク
年末年始開催のイベント 紹介


 

 

Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)では「変わり続ける公園」をコンセプトとして、年間を通して驚きや遊び心が感じられる様々な体験型イベントやライブなどのプログラムを実施しています。
 

年末年始にかけて2つのイベントの案内が届いていますのでご紹介します。
 

2018年12月16日(日)~2019年1月6日(日)までの3週間毎晩、Ginza Sony Park 地下4階で映画やライブが楽しめる『Park Cinema by ShortShorts』と、2018年12月22日(土)~2019年1月27日(日)まで、スクリーンに映し出される過去の記録と走れる「スポーツタイムマシン」が登場する、Ginza Sony ParkとYCAMでテクノロジーを活用した“冬の運動会”『#004 未来の銀座の運動会』を開催します。

 

【関連記事】
"Ginza Sony Park(銀座ソニーパーク)は、2018年12月7日(金)~25日(火)の期間、お隣のビルエルメスと「遊び心」をテーマに、クリスマスに彩られた銀座の街に大人も子どもも楽しめるプレイグラウンドをオープン

 

 

|『Park Cinema by ShortShorts』 始まる
    毎晩Ginza Sony Park 地下4階で映画やライブが楽しめる3週間

        2018年12月16日(日)~2019年1月6日(日)

今回新たに開催する 『Park Cinema by ShortShorts』 では、Ginza Sony ParkShortShorts(※1)がコラボレーションし、コメディやドラマ、アニメなどさまざまなジャンルのショートフィルムを、世界各国から厳選して上映します。食事や待ち合わせ、あるいはちょっとした空き時間などに、気軽に映画を鑑賞いただけるプログラムです。

また、開園以来ご好評いただいている 『Park Live』 は、当日まで誰が登場するか発表しないシークレット形式のライブで、偶発的な音楽との出会いを演出します。音楽との巡り合いを体感する、場所も演奏も通常のライブハウスとは一味違う体験です。

期間中の3週間、PARK B4では毎晩(※2)、『Park Cinema』か『Park Live』を開催。訪れるたびに、映画や音楽との“新しい出会い”が待っています。

※1: 「ShortShorts」は、米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)」の企画運営等を手掛けるショートフィルムの総合ブランドです。
 http://www.shortshorts.org/
※2: 12月31日(月)大晦日と1月1日(火・祝)元日はお休みです。


【 開催概要】
Park Cinema by ShortShorts
開催日:12月16日(日)・17日(月)・19日(水)・20日(木)・23日(日・祝)・24日(月・祝)・25日(火)・26日(水)・27日(木)・29日(土)・30日(日)、1月2日(水)・3日(木)・4日(金)・5日(土)・6日(日)
開催時間:17:00〜21:00毎時00分スタート ※1月2日(水)・3日(木)は17:00、18:00スタートのみ
会場:PARK B4/ 地下4階
料金 :無料 
  「“BEER TO GO” by SPRING VALLEY BREWERY」でワンオーダーをお願いします。
Web: https://www.ginzasonypark.jp/release/20181214/


※上映時間はプログラムにより異なります。
※録音、録画はご遠慮いただいています。
※混雑時は立ち見になる場合があります。
※事前予約は受け付けていません。
※上記は予告なく変更となる場合があります。
※映画鑑賞には整理券を配布する場合があります。

 

 

 

 

|  『#004 未来の銀座の運動会』
Ginza Sony ParkとYCAMでテクノロジーを活用した“冬の運動会”を開催
スクリーンに映し出される過去の記録と走れる「スポーツタイムマシン」登場

 2018年12月22日(土)~2019年1月27日(日)
 


12月22日(土)より、PARK B2(地下2階)で開催する実験的プログラムは、メディア・テクノロジーを軸に新しいスポーツの楽しみ方を切り拓く、YCAMのこれまでの取り組みの成果を活かした、どなたにも参加いただける新しい“冬の運動会”です。


スクリーンに映し出される過去の記録と徒競走ができる「スポーツタイムマシン」や、人の動きをリアルタイムにセンシングして軌跡を映し出す「モーキャプグラウンド」など、新しいスポーツを楽しみながら得点を競います。会場には、参加者の出身エリア別に、約1か月にわたる期間中の累計得点が見られる掲示板も設置します。


体を動かす機会の少ない寒い季節に銀座の地下で開催される新しい運動会。メディア・テクノロジーをスポーツに応用して新たなコミュニティの創出を目指すプロジェクト「YCAMスポーツ・リサーチ」とともに展開する、“未来の銀座の運動会” に是非ご参加ください。

https://www.ginzasonypark.jp/release/20181210/

 

YCAM(ワイカム)とは
山口情報芸術センター(Yamaguchi Center for Arts and Media) 通称「YCAM(ワイカム)」は、山口県山口市にあるアートセンターです。展示空間のほか、映画館、図書館、ワークショップ・スペース、レストランなどを併設しています。2003年11月1日の開館以来、メディア・テクノロジーを用いた新しい表現の探求を軸に活動しており、展覧会や公演、映画上映、子ども向けのワークショップなど、多彩なイベントを開催しています。またYCAMでは、「R&D(研究開発:Research & Development)プロジェクト」と呼ばれる形態を中心に、多数の事業を実施しています。プロジェクトのテーマは、身体や都市、自然など多種多様ですが、いずれもYCAMの内部に設置された研究開発チーム「YCAMインターラボ(InterLab)」が市民や各分野の専門家たちと積極的にコラボレーションをおこないながら、調査や実験からアウトプットまで ―作品制作、ワークショップ開発、ソフトウェア/ハードウェア開発、論文発表など―、総合的かつ長期的な活動を展開しています。
Webサイト: https://www.ycam.jp/

 


【開催概要】
# 004 未来の銀座の運動会
開催期間:2018年12月22日(土)~2019年 1月27日(日)
              ※2019年1月1日(日・祝)は休園
開催時間:10:00〜20:00  
       ※2018年12月31日(月)・2019年1月2日(水)・3日(木)は短縮開催(10:00〜19:00)
会場:Ginza Sony Park B2/地下2階、B3/地下3階
料金:無料
※混雑時は整理券でご案内させていただきます。場合によっては体験いただけないこともありますのでご了承ください。
※参加規定に同意いただけない場合は体験をお断りさせていただきます。
※上記は予告なく変更となる場合があります。

主催 : Ginza Sony Park
協力 : 一般社団法人運動会協会
研究開発 : YCAM InterLab
開発協力 : anno lab
空間デザイン : デザインムジカ
グラフィックデザイン : 畑ユリエ
企画制作 : 山口情報芸術センター[YCAM]

Webサイト: https://www.ginzasonypark.jp/release/20181210/

 

 

 

(文:インテリア情報サイト編集部-2  /  更新日:2018.12.15)

この記事へのメンバーの評価

  
  • まだコメントがありません。

バックナンバー

Knowledge and Skill

Group Site

ページトップへ